2500年前の段階で人類ここまで進んでいたとは…ギリシャ・アテネにあるアクロポリスの歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はギリシャ・アテネの「アクロポリス」をご紹介します。

アテネのアクロポリスってこんなところ

アテネのアクロポリスってこんなところ

Acropolis Athensの住所・アクセスや営業時間など

名称 Acropolis Athens
住所 Theorias 20, Athina, Greece 10555
営業時間・開場時間 現地時間 夏期 8:00-20:00 冬期 8:00-17:00
利用料金や入場料 12ユーロ
参考サイト http://odysseus.culture.gr/h/3/eh351.jsp?obj_id=2384
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アクロポリス遺跡の中心パルテノン神殿

アクロポリス遺跡の中心パルテノン神殿
アテネのアクロポリスは海抜150mの岩山の上にそびえ、都市の守護神をまつる聖域として、また市民が立てこもる要塞として2000年以上にわたってアテネの街を見守ってきました。
アクロポリスの中心となるのは、アテネの守護神・女神アテーナをまつるパルテノン神殿です。
この神殿は紀元前488年にペルシャとのマラトンの戦いに勝ったのを記念して作り始めましたが、紀元前480年にペルシャにより破壊されてしまいました。
紀元前437年に再建されたパルテノン神殿は、その後ヨーロッパ大陸の続きにある周辺大国の侵略をうけ、そのたびに姿を変えることになりました。
紀元後の6世紀東ローマ帝国の時代にはキリスト教の聖母聖堂になり、オスマン帝国に占領された1460年にはモスクに改築され、中にミナレット(尖塔)が作られました。

1687年にはオスマン帝国とヴェネツィアの戦争で爆発・炎上し、建物と彫刻が大きな被害を受けました。
ギリシャ独立の1832年頃からモスクが取り外され修復の動きが始まりましたが、本格的な再建は1975年からになりました。

パルテノン神殿の規模は長さ約70m、,奥行約31mで、大理石の円柱(直径1.9m、高さ10.4m)が外周に46本、内部に19本ある構造になっています。
円柱を作るドラム一つの重さが10トンぐらいするのものがあり、滑車と巻き上げ装置がついたクレーンが使われていたと思われます。
すごいですね!

この神殿と同様に二度の戦乱で破壊された世界最大の木造建築といわれる東大寺の大仏殿(長さ57m、奥行50m、高さ47m(屋根までの高さ))とあえて比較すると、その存在感の大きさが実感できます。
まして最初に建設された時代は1000年以上も古いのです。

アクロポリスの他の主な遺跡

アクロポリスの他の主な遺跡
アクロポリスは広さ3ヘクタール(約30000平方メートル)もある丘であり、これら以外に未整備の遺跡がまだまだあります。
プロピレア(前門)~アクロポリスへの門として紀元前432年頃まで作り始められましたが、現在では大理石と石灰石で作った柱が6本残るだけで中断したままになっています。
アテネ・ニケ神殿~紀元前480年から対ペルシャへの勝利を願って、戦費で予算の少ない中少しずつ建設され3度の修復をへて保存されています。
エレクティオン~複数の建物と隣接した複雑な構造の神殿で、紀元前408年に完成し、6体の少女の像に支えられた玄関が見ものです。
ここも教会や宮殿として使われ、一時はオスマン帝国のハーレムとしても利用されました。

新アクロポリス博物館とディオニソス劇場

新アクロポリス博物館とディオニソス劇場
「新アクロポリス博物館」は、旧博物館が展示物でいっぱいになったため、パルテノン神殿から僅か400mの距離の南側斜面にに2009年に建設されました。
ここは遺跡の上に建てられている

ので、1階の床が一部透明になっていて下の発掘を見ることができるようにしてあります。

1階~アクロポリス遺跡の斜面からの出土品

2階~古代ギリシャ・古代ローマの出土品、アクロポリス遺跡建築物の彫像や工芸品

3階~パルテノン神殿の大理石像群

4階~ショップ、カフェ

という構成になっています。

「ディオニソス劇場」は、アクロポリスの丘に隣接するこの石造りの大型野外劇場は、紀元前325年に建設され約15000人が収容できました。
ここで世界で初めてとなる直接民主制の民会が一時開催されていました。
その後はローマ式の劇場に改築されています。

アテネの公共施設、広場、市場などがあった市民生活の中心古代アゴラ

アテネの公共施設、広場、市場などがあった市民生活の中心古代アゴラ
アクロポリスのふもとにありアテネの政治、宗教、経済、文化の中心として栄えたアゴラには、アテネの民主政治と市民生活にかかわる重要な遺跡があります。

ヘファイストス神殿~紀元前415年頃完成した鍛治の神様をまつる神殿で7世紀から1000年以上ギリシャ正教の教会として使われていたため原形に近い形で残っている神殿です。

トロス~紀元前460年に建設された円形の建物ですが、今では直径18mの円形の礎石が残っているだけです。
しかしアテネの政治にとって重要な施設です。

アテネの直接民主制では有権者が全員参加する民会が重要な決定を行っていましたが、それにともなう細かな決定はは各部族の代表500人の評議員が行い、日常の業務の執行は評議員の中から50人ずつが交代でここトロスに泊まりこんで実行しました。
共同で交代するので、今と違って政治資金や政務活動費のごまかしが起こらない素晴らしいシステムですね。

アタロスの柱廊(古代アゴラ博物館)~紀元前2世紀に建てられ、1950年になって完全に修復されました。
長さ約115m、奥行約20mの二階建てで古代アゴラで発掘された彫刻などが展示されています。

壮大な歴史を感じて旅をしよう

いかがでしたか。
ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。
「アテネのアクロポリス」への渡航をぜひご検討ください。
photo by iStock