フィリピンで「天国へ昇る階段」と呼ばれる畑が美しすぎる!「コルディリェーラの棚田群」の絶景と歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「コルディリェーラの棚田群」をご紹介します。

コルディリェーラの棚田群ってこんなところ

コルディリェーラの棚田群ってこんなところ
フィリピンで最も大きいルソン島北部中央の山岳地帯がコルディリェーラ地域で、これはスペイン語で「山脈」を意味しています。
フィリピンは16世紀にスペインの植民地となっていたため、スペイン語の名前がついていると考えられます。
コルディリェーラは標高1000m超の山々が連なっていますが、その斜面に造られた棚田は世界最大規模の面積を誇っていることで有名です。
総延長が地球半周よりも長いそうですよ。
棚田が天へ伸び上がっていくような景観は、「天国へ昇る階段」と称されています。
とても美しい風景ですが、マニラからバスで8~10時間かかるためなかなか大変です。
しかし訪れる価値は十分にありますよ。

Rice Terraces of the Philippine Cordilleras(英名) コルディリェーラの棚田群の住所・アクセスや営業時間など

名称 Rice Terraces of the Philippine Cordilleras(英名) コルディリェーラの棚田群
住所 Philippines Ifugao Province, Cordillera Region, Luzon Island N16 56 2.004 E121 8 12.012
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/722/  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%A3%9A%E7%94%B0%E7%BE%A4
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

棚田を守る人々・イフガオ族

棚田を守る人々・イフガオ族
イフガオ族は、紀元前1000~前100年頃にかけてこの田畑を造りはじめたそうです。
そして今も受け継がれるこの棚田は、実に2000年の歴史を有しているのですから驚きですね。
なので、彼らは紀元前3世紀よりも前にここにやってきたのではないかと考えられているそうです。
彼らが築いた独自の文化は、稲作と密接な関係にありました。
彼らが口承でのみ伝える歌「ハドハド」は彼らの思想や農業についてのもので、世界無形文化遺産にも登録されています。
また、棚田をどれだけ所有しているかによって貧富の差が生まれたのだそうです。
そして彼らは稲作の民族らしく高床式住居に住んでいます。
どこか日本と通じるものを感じますね。

棚田のしくみ

棚田のしくみ
この棚田はどのように出来上がったのでしょうか。
元々雨が多いフィリピンですので、山々にもたくさん雨が降ります。
雨量は東京の1.5~2倍もあるそうです。
その雨が地中にしみ込み、山の養分を含んで棚田へと流れ込みます。
そして田には雑草が生い茂り、生物が住み、その死骸や糞が天然の肥料となって栄養を与えてくれるというわけです。
そして、棚田の切れ目から水が下へと流れ、水が循環していきます。
また、急斜面に造られた棚田は幅が2,3mほどしかありません。
そのため農業用の機械を持ち込むこともできず、人間の手のみが唯一の手入れの手段となりました。
それが2000年もの間守られているのですから驚きです。

コルディリェーラの棚田の絶景

コルディリェーラの棚田群は各地に点在していますが、それぞれ独特の景観を持っています。

「天国へ昇る階段」とされているのは、山奥のバタッド村の景観です。
天空へと伸びる階段のような棚田群は、水をたたえた時期が最も美しいです。
そのまま天国へ昇っていけそうな錯覚に襲われます。

また、フンドアンの棚田はなだらかな土地にあるため、一見平野にあるような感じがします。
一方、川で二分された渓谷の両岸に作られたキアンガンの棚田の景観も面白いですよ。
遠くから見るのも良いですが、近くに行ってイフガオ族の人たちが農作業をする様子を見てみるのもおすすめです。
日本ではもう見られない懐かしい農作業の風景が見られますよ。

危機遺産リストへの登録と解除

スペインによる植民地化、アメリカの占領下にあっても守られてきた棚田ですが、世界遺産に登録されて以降、環境破壊と後継者不足によって棚田の状態は悪化してしまいました。
そのため、コルディリェーラの棚田群は世界遺産の中でも危機遺産リストに登録されてしまったのです。
そのため、国内外の支援や伝統的な農業技法の伝達に再び力を入れ、2012年に危機遺産リストからみごと解除されました。
他にも有名な世界遺産が危機遺産リストに載せられていますが、ここから外れることは本当に難しいことなのです。
コルディリェーラの人々が伝統を守ろうとする強い姿勢は、2000年の時を超えてこれを受け継いできた力の源なのでしょう。

壮大な歴史を感じて旅をしよう

いかがでしたか。
ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。
「コルディリェーラの棚田群」への渡航をぜひご検討ください。
photo by iStock