世界各地に数多く広がるチャイナタウン10選

海外旅行をしたことがある方なら、一度はその都市に広がるチャイナタウンを見たことはあるのではないでしょうか。もちろん日本にも三大中華街として長崎・神戸・横浜がありますが、日本とは異なる世界各地のチャイナタウンはどのようなものなのか覗いてみましょう。

#1 国を代表する一大観光地「シンガポール」

国を代表する一大観光地「シンガポール」
まず紹介するチャイナタウンはシンガポールです。
元々、中華系の移民が多く住んでいるため規模や設備は世界屈指ともいえます。
屋根付きのフードコーナーには多くの観光客が足を運びます。

Republic of Singaporeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Republic of Singapore
住所 Singapore
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.gov.sg/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 ネオンに染まる大人の街「バンコク」

ネオンに染まる大人の街「バンコク」
タイのチャイナタウンも、シンガポール同様非常に規模が大きいですが、夜になるとネオン一色に染まる大人の街へと変貌します。
日本語の看板もあり、初めての海外旅行でも安心できますね。

Bangkokの住所・アクセスや営業時間など

名称 Bangkok
住所 Bangkok,Thailand
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Bangkok
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 眠らない大都会に溶け込む「ニューヨーク」

眠らない大都会に溶け込む「ニューヨーク」
ニューヨークにも、チャイナタウンがあります。

多民族国家であるアメリカの主要都市の多くにはチャイナタウンがありますが、ニューヨークにあるチャイナタウンは周辺の大都会に溶け込むためにスタイリッシュな街並みとなっています。

New Yorkの住所・アクセスや営業時間など

名称 New York
住所 New York, NY, USA
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www1.nyc.gov/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 アメリカ最大級ともよばれる大きさ「サンフランシスコ」

アメリカ最大級ともよばれる大きさ「サンフランシスコ」
西海岸にあるサンフランシスコのチャイナタウンは、アメリカ最大級ともいえるほどの大きさを誇ります。
夏はビーチをお目当てに訪れる観光客が多いため、一年の中で特に賑わいます。

San Franciscoの住所・アクセスや営業時間など

名称 San Francisco
住所 San Francisco, CA 94104 U.S.A.
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://sfgov.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 移民の歴史も学べる「シカゴ」

移民の歴史も学べる「シカゴ」
シカゴのチャイナタウンも他と同じく大変賑わいますが、アメリカへ移民として来た中国人の文化や歴史を学べる博物館があります。
美味しいグルメを味わうだけではなく、訪れた際は彼らの文化を学んでみましょう。

Chicagoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Chicago
住所 Chicago, IL 60606 USA
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.cityofchicago.org/city/en.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 すぐ近くに広がるレトロチックさ「バンクーバー」

すぐ近くに広がるレトロチックさ「バンクーバー」
カナダであることを説明しないと、もはや一見ではどの都市のチャイナタウンなのか、もしくは中国本土なのかわからないほど、街に溶け込んでいます。
ここはカナダ・バンクーバーのチャイナタウンです。

バンクーバーのチャイナタウンは、日本と同じく大きな門が迎えてくれます。
また、バンクーバーの歴史的な街並みが並ぶガスタウンから非常に近い場所にあるため、観光客が多く訪れています。

Vancouverの住所・アクセスや営業時間など

名称 Vancouver
住所 Vancouver, British Columbia, Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://vancouver.ca/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 映画にも使われた老舗が集まる大通り「トロント」

映画にも使われた老舗が集まる大通り「トロント」
バンクーバーと並ぶカナダの主要都市トロントにもチャイナタウンがあり、長い通りに老舗の中華料理店が軒を連ねています。
また、多くの映画の撮影場所になっていることでも有名です。

Torontoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Toronto
住所 Toronto, Ontario, Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www1.toronto.ca/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 中国の枠を超えた充実さ「メルボルン」

中国の枠を超えた充実さ「メルボルン」
オーストラリアのメルボルンにあるチャイナタウンは、これまで紹介した中では小さいです。
しかし、チャイナタウンなのにも関わらず東南アジアのグルメやグッズも数多く揃えており、他国とは商品の充実さが異なります。

Melbourneの住所・アクセスや営業時間など

名称 Melbourne
住所 Melbourne, Victoria, Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Melbourne
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 トップクラスのお茶が自慢「ロンドン」

トップクラスのお茶が自慢「ロンドン」
イギリスの首都であるロンドンのチャイナタウンの自慢はやはりお茶です。
イギリスは誰もが知っている通り、紅茶や緑茶などお茶が大好きな国でもあります。
そのため、他国のチャイナタウンと比べても、お茶の味や品質はトップクラスです。

Londonの住所・アクセスや営業時間など

名称 London
住所 London, United Kingdom
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://london.gov.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 南米の歴史地区にもある「リマ」

南米の歴史地区にもある「リマ」
南米の国ペルーの首都リマにも、チャイナタウンはあります。
周辺はスペイン統治時代に建設された教会が街並みが並ぶ歴史地区でもあり、世界遺産としても認定されています。

Limaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Lima
住所 Lima, Peru
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.munlima.gob.pe/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

貧乏旅行にはありがたいチャイナタウン

いかがでしたでしょうか。
世界各地に広がるチャイナタウンは、それぞれ場所や文化に影響されつつも一歩足を踏み入れると、まるで中国にいるような感覚になることでしょう。
また、食事やお土産はとても安いため、出来る限り出費を控えた旅行にしたい方にとっては絶対チェックしておくことをおすすめします。
photo by iStock