台湾にある市民憩いの場「蓮池潭」の風景10選

グルメ天国とも言えるほど美味しい料理が揃う台湾。毎年多くの観光客が訪れていますが、その中でも台南で人気のスポットが「蓮池潭」という湖です。今回は自分自身の経験も含め、この観光スポットの魅力や風景を紹介します。

台湾の大人気パワースポット

台湾の大人気パワースポット
台湾には多くのパワースポットがありますが、この蓮池潭もその1つであり、多くのツアー観光客で賑わっています。
湖周辺には様々な寺や屋台があり、日本の湖とはやはり雰囲気が異なります。

都会の中にあるオアシス

都会の中にあるオアシス
蓮池潭周辺は高層ビルやマンションが立ち並ぶ都会ですが、この湖は多くの緑に囲まれた自然豊かな観光スポットとなっています。
時間がある方はサイクリングしてみるのもいいかもしれません。

まずは龍と虎の口の中へ

まずは龍と虎の口の中へ
基本的に蓮池潭のスタート地点とも言える場所であり、まずは龍の口から気軽に入ってみましょう。
入場料は無料ですが、中にいるスタッフにお金を寄付するとポストカードをもらうことが出来ます。

塔に登って湖や街を一望

塔に登って湖や街を一望
上記の写真に写っている塔に登ると、湖全体や周辺の街を見渡すことが出来ます。
しかし、その階段がなかなか急で狭いため気をつけて登りましょう。

湖周辺に広がる個性的な寺院群

湖周辺に広がる個性的な寺院群
湖周辺を歩いてみると、多くの寺院を見かけると思います。
どれも立派な外観であり、建物自体大きいです。
やはり日本の寺とは異なりますが、電光掲示板を屋根に載せた寺には1番驚きました。

周辺市民はのんびりとトランプやランニング

周辺市民はのんびりとトランプやランニング
多くの寺院の他に、多くの市民がトランプやランニングをしている姿を見かけます。
自分が訪れた際にはお年寄りによるカラオケ大会が行われており、それぞれ楽しく歌声を披露していました。

湖に散らばる個性的な像たち

湖に散らばる個性的な像たち
先ほどの龍と虎もそうですが、湖には動物や神様の像が数多く設置されています。
その中には玄天上帝という神様の像があり、その大きさゆえに蓮池潭のシンボルとなっています。

ひっそりと静かな孔子廟

ひっそりと静かな孔子廟
湖のほとりにはひっそりと孔子廟という儒教の創始者である孔子を祀った場所があります。
ここは観光客や周辺市民の賑わいとは正反対で、とても静かで落ち着いた空間となっています。

高雄はもちろん台北からも気軽に

高雄はもちろん台北からも気軽に
蓮池潭の最寄りの駅は左営駅という場所であり、この駅は高雄市の地下鉄と台湾高速鉄道の駅でもあります。
仮に台北から台湾高速鉄道に乗車した場合、二時間で到着することが出来ます。

素直に地図に頼らずタクシーで

素直に地図に頼らずタクシーで
地図を見ると、左営駅から蓮池潭はとても近いように思えます。
そこで私は孔子廟から左営駅へタクシーを使わず歩いて戻ったのですが、予想以上に距離があり、とても大変でした。
時間も大幅に使ってしまったため、初めて訪れる方は素直にタクシーを利用することをおすすめします。

高雄に行く前の素敵な寄り道として

いかがでしたでしょうか。
蓮池潭の最寄りの駅である左営駅は台湾高速鉄道の終点であり、そこから地下鉄に乗り換えて高雄市の中心部へ向かいます。
すぐに乗り換えをするのではなく、蓮池潭へ寄り道してみるとさらに台湾を楽しめるでしょう。
photo by iStock