まさにハイジの世界!スイスでハイキングのススメ

日本人の海外旅行先で常に人気の高いスイス。特にリピーターが多いことでも知られています。そんなスイスを旅する際ぜひとも体験してみたいのが大自然の中でのハイキング。今回は元海外添乗員が、スイスでのハイキングの魅力・ポイントをお伝えします。

どうしてスイスでのハイキングがお勧めなの?

どうしてスイスでのハイキングがお勧めなの?
スイス観光と言えば、山岳鉄道に乗って標高の高い展望台へ登り、山や氷河などの絶景を楽しむことがメインです。
この王道の楽しみ方以外に元海外添乗員である私がお勧めしたいのが大自然の中でのハイキングです。
理由は主に2つ。

 

理由1:とにかく絶景が味わえる

理由1:とにかく絶景が味わえる
山岳鉄道の中や展望台でももちろん絶景は味わえますが、ハイキングをすればより大自然を体感できます。
まさにアニメ・アルプスの少女ハイジに出てくるような美しい広大な自然を間近に見ることができます。
特に7月は高山植物が多いので、お花畑の中を歩いているようです。

 

理由2:初心者でも歩きやすいルート

理由2:初心者でも歩きやすいルート
スイスにはハイキングコースが多数あり、レベルに合わせてコースを選ぶことができます。
歩きやすい舗装された道が多く、30分~1時間程度で歩ける短いコースもあります。
また、スイスのハイキングコースは山岳鉄道の線路に合わせて作られていることが多く、スタート地点・ゴール地点が鉄道の駅となっていることがほとんどです。

そのため、その日の体調や天候に合わせて途中から(あるいは途中まで)は鉄道を利用したり、スタート・ゴール地点をその場で変更したりすることも可能なので、気負うことなく気軽に歩くことができます。

絶対歩いてほしい!お勧めハイキングコース

絶対歩いてほしい!お勧めハイキングコース

image by iStockphoto

数あるスイスのハイキングコースの中でも特にお勧めしたいのが下記の2コース。

おすすめコース1.「ゴルナーグラート~リッフェルベルク」

おすすめコース1.「ゴルナーグラート~リッフェルベルク」
ハイキングコースの王道とも言えるこのルート。
麓町ツェルマットから山頂であるゴルナーグラートまで鉄道で上がり、山頂駅から途中駅のリッフェルベルクまでハイキングするコースです。
スイスで最も有名な山マッターホルンを常に正面に見ながら歩けます。
ポイントはコースの途中にあるリッフェル湖。
天気が良ければ湖に写る逆さマッターホルンを見られることで有名です。
なだらかな下り坂で所要時間も1時間半~2時間程度なのでもともと初心者向けですが、不安な方は山頂からリッフェル湖(所要約20~30分)まで歩き、逆さマッターホルンを見てまた山頂へ引き返す短いルートにもできます。

おすすめコース2.「リッフェルアルプ~スネガ」

おすすめコース2.「リッフェルアルプ~スネガ」
同じくマッターホルンを見られるスネガ展望台までのコース。
約2時間半~3時間程度かかりますが、舗装された道が多く歩きやすいです。
最初は森林の中を歩きますが、徐々に視界が開け後半はまるでお花畑の中を歩いているような気分になります。

迫力ある山々や氷河を見られるゴルナーグラートとは一味異なるのどかな雰囲気のスネガ展望台もぜひとも上ってみたいところです。
帰りはスネガからツェルマットまでケーブルカーで下りられます。

これを準備しよう!ハイキングの服装と持ち物

これを準備しよう!ハイキングの服装と持ち物
スイスでのハイキングの魅力・お勧めコースは押さえましたね。
では、実際にハイキングを楽しむための服装・持ち物をご紹介しましょう。

<服装>

上:吸水性のある肌着・Tシャツ+パーカーや暖かいフリース+防水性のウインドブレーカー

下:スパッツ+半ズボン+防水性のウインドブレーカー

ポイントは気候や標高に合わせて脱ぎ着しやすいこと。
標高300~400mある山頂は非常に寒いですが、麓町やハイキング中は暑くTシャツ1枚で十分に感じられることもあります。

<持ち物>

■リュックサック:両手が自由になるリュックサックは必須です!軽く大きめのものを用意しましょう。

■トレッキングシューズ:舗装された道が多いのでハイキングシューズのような本格的なものは必要ありませんが、足首までの高さがあるトレッキングシューズは疲れにくく怪我もしにくいのでお勧めです。

■ストック:なくても歩けますが、あった方が断然歩きやすいです。

■サングラス・帽子・日焼け止め:ハイキングコースが開かれる夏場は日よけ対策を万全にしていきましょう。

■水分:必ず現地で調達して持参しましょう。
日本から水筒を持参し、現地で購入したペットボトルの水を入れ替えるのも手です。

準備万端でスイスでのハイキングを楽しもう

いかがでしたか?スイスでハイキングを楽しんでみたくなりましたか?お勧めはやはり高山植物が見ごろを迎える7月!各ハイキングコースのオープン日を確認し必要なものを揃えたうえで、今年の夏はスイスでのハイキングを満喫しましょう。
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ