1日5食!?日本人にはなじみのないポーランドの食事

日本人にはあまりなじみのない国ポーランド。実は大変な親日国であることで知られています。そのポーランドでは1日5食の食事を取る習慣があることをご存じですか?今回はそんなポーランドの食事・食生活についてまとめました。

ポーランドってこんなところ

ポーランドってこんなところ

ポーランドでは1日5食!?最初の食事は「朝食」

ポーランドでは1日5食!?最初の食事は「朝食」
日本では1日3食が普通ですよね。
しかしポーランドでは伝統的に1日5食取る習慣があります。
最初の食事は朝起きて食べる朝食。
時間は各家庭によると思いますが大体7~8時頃。

内容はシンプルで、薄くスライスしたライ麦パンにチーズ、ハム、キュウリなどをのせたオープンサンドが多いです。
これにコーヒーやオレンジジュースなどの飲み物を合わせます。
ヨーグルトやフルーツが加わることもあります。

ポーランドには日本にはない「第2の朝食」がある

ポーランドには日本にはない「第2の朝食」がある
ポーランドでは昼食の時間が14~15時頃と遅めです。
そのため朝食からの時間が空くので、間の10~11時頃に第2の朝食を取る習慣があり、職場や学校でもその時間が設けられています。
内容はチーズやハムなどを挟んだサンドイッチやフルーツなどの手軽に食べられるものが多いです。

ただ最近では、一般的な12時頃にランチタイムを設ける会社も増え、それに伴い第2の朝食を取る人も減ってきています。

1日のメインとなる食事は「昼食」

1日のメインとなる食事は「昼食」
日本では1日のメインの食事は夕食だと考える方が多いのではないでしょうか。
ポーランドではメインとなるのは14~15時頃に取る昼食で、1日のうち最も豪華な食事がこれです。

最初にスープやサラダなどの前菜、次に肉や魚などのメイン料理、最後にデザート、というように時間をかけてゆっくりと楽しみます。
主食となるのはメイン料理に添えられるじゃがいもが多いですが、ごはん(日本とは異なり粒の長いパラパラしたタイ米です)が添えられることもあります。

4度目の食事は日本で言うティータイム

4度目の食事は日本で言うティータイム
5食のうち4度目の食事となるのはいわゆるティータイム、おやつのことです。
コーヒーや紅茶などと一緒にケーキやクッキーを楽しみます。
ポーランドでは朝食・第2の朝食・夕食は火を使わない簡単な料理ばかりですが、メインとなる昼食とこのおやつはポーランド人主婦の腕の見せ所で、チーズケーキやジンジャークッキー、ケシの実ケーキなどのお菓子を焼く家庭も多いです。

「夕食」は簡単で質素なポーランド

「夕食」は簡単で質素なポーランド
最後の食事となる夕食は大体19~20時頃。
メインとなる昼食をたっぷり取っているので、夕食は日本と異なりとても簡単で質素なものです。
内容は朝食とほとんど同じハムやチーズ、キュウリをのせたオープンサンドで、これに昼食の残りのスープや煮込み料理が加わるだけのものです。
基本的に夕食には火を使う料理は作りません。
切るだけ、温め直すだけ、で手軽に済ませてしまうことがほとんどです。

日本と異なるポーランドの食事を現地で味わってみよう

いかがでしたか。
日本とは異なるポーランドの食事・食生活には驚きでした。
日本でも、早弁をしてランチも摂り、おやつを食事にカウントするような、男子高校生のような食生活だとすれば、一日5食といえるかもしれませんが…文化として生活習慣に定着している、というのは驚きです。

これまで日本から経由便でしか行くことのできなかったポーランドですが、今年の1月からLOTポーランド航空が成田~首都ワルシャワ線を就航し、直行便で行けるようになったばかりです。
この機会にぜひポーランドに足を運んでみてはいかがでしょうか?

photo by iStock