絶景はここにもあった!モナコ公国・モンテカルロで見るべき観光スポット6選

地中海に面した世界2番目の小国・モナコ公国モンテカルロ。世界中のセレブが集う高級リゾート地であり、この地に住むことを夢見る人が多いとのこと。今回はそんな夢の国・モナコ公国モンテカルロでぜひ見ておきたい観光スポット6選を紹介します。

大公と王妃が眠る場所・モナコ大聖堂

大公と王妃が眠る場所・モナコ大聖堂
1875年建設の歴史ある大聖堂で、フランス・ラテュルビ村の自然石を使った白い外観が特徴的。
イタリア・トスカーナ産の大理石が使われたフロアを歩いていくと、ニース出身の画家ルイ・ブレア作の美術品を見ることができます。

1956年に当時のレーニエ大公三世とグレース・ケリー王妃が結婚式を挙げた場所としても有名で、大聖堂の最奥部には2人が眠る墓もあります。

1875年に建てられたロマネスク・ビザンチン様式のカトリック教会です。
モナコ旧市街の海側に位置し、グレースケリーが挙式をした場所としても知られています。
外観は大きく立派な白い建物で、中は厳粛な雰囲気です。
奥の方にはモナコ大公レーニエ三世とグレース妃のお墓もあり、花で飾られています。
祭壇の逆サイドには豪華なパイプオルガンもあります。
KAUMOより

Cathedrale De Monacoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cathedrale De Monaco
住所 AVE. SAINT-MARTIN, 98000 MONACO
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cathedrale.mc/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

街並みが美しい・モナコヴィル散歩道

街並みが美しい・モナコヴィル散歩道
モナコヴィル散歩道はかつてのモナコ市街地であり、複雑に入り組んだ道が特徴。
散歩道には中世(5~15世紀頃)に建てられた建築物が並んでおり、昔ながらの街並みを楽しめます。
平日には観光案内所で記念スタンプを押してもらえるので、思い出を残したい方はぜひ訪れてみては。

散歩道にはお土産を取り扱う店もあるので、旅行の記念品が欲しい方は立ち寄ってみると良いでしょう。

ニースから電車で訪れました。
駅から坂を登ったところにあるコンパクトな旧市街です。
坂を上る途中に港側を見下ろすとマンションが所せましと建っていて驚きました。
途中、とても可愛い観光列車を見かけました。
旧市街の至る所から海と街並みを眺めることができます。
街自体もきれいに整えられていて安心して気持ちよく散策できました。
tripadvisorより

モナコヴィル散歩道の住所・アクセスや営業時間など

名称 モナコヴィル散歩道
住所 Monaco-Ville, Monaco
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://monacoinfo.free.fr/tourisme/point.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

来ただけでセレブ気分・モンテカルロハーバー

来ただけでセレブ気分・モンテカルロハーバー
モナコ湾に設けられたモンテカルロハーバーは、来ただけでセレブ気分を味わえるスポット。
ここには何十台もの高級クルーザーやヨットが並んでおり、クルーザーの中でゆったり過ごす人々の様子を見ることができます。

普段は静かな場所ですが、F1(自動車レース)モナコグランプリ開催時は熱狂的ファンが集まる賑やかな場所に変わります。

豪華クルーザーが並び、毎朝デッキでオーナーらしき人々が朝食を楽しんでいる様子が散策中の目に飛び込んで来ました。
映画で見るセレブリティそのままの風景が現実に見られます。
散策も良し、港に面したレストランでの食事も良し、ゆったりと過ごせば、プチセレブ感が味わえます。
tripadvisorより

Monte Carloの住所・アクセスや営業時間など

名称 Monte Carlo
住所 Monte Carlo,Principauté de Monaco
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitmonaco.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国内最大級カジノ・カジノ・ド・モンテカルロ

国内最大級カジノ・カジノ・ド・モンテカルロ
パリのオペラ座を設計した建築家シャルル・ガルニエが作り上げた歴史的建造物。
カジノとしては国内最大級であり、大理石フロアと天井のシャンデリアは来るものを圧倒する輝きを放っています。

入場には10ユーロ(約1240円)かかりますが、賭けずに観光するだけでも行く価値はあるでしょう。
ちなみにモナコ国民はカジノ禁止となっており、外国人客のみ遊ぶことができます。

1878年に開館したカジノ・ド・モンテカルロは、パリのオペラ座を作ったガルニエという建築家が作った建物で、モナコの象徴ともいえるカジノとして有名です。
世界中からセレブリティ達が集まり、毎夜カジノに興じています。

世界的に見てもカジノ・ド・モンテカルロノは世界基準でみてもレベルの高いカジノとなっており、どちらかと言えばカジノでの遊びを知り尽くした人向けの上質なカジノです。
VIP向けのカジノ施設もあるため、セレブリティ達がお忍びで訪れます。
カジノの総合ポータルサイト カジノパレード!より

Casino de Monte-Carloの住所・アクセスや営業時間など

名称 Casino de Monte-Carlo
住所 Casino de Monte-Carlo, Place du Casino, MC 98000 Principality of Monaco
営業時間・開場時間 14:00ー
利用料金や入場料 10ユーロ
参考サイト http://www.casinomontecarlo.com/casinos-2/casino-monte-carlo-2/about-casino/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モナコ唯一のプライベートビーチ・ラルヴォットビーチ

モナコ唯一のプライベートビーチ・ラルヴォットビーチ
モンテカルロを北東に移動したラルヴォット地区にあるビーチです。
ホテル所有のプライベートビーチが多数あるモナコですが、一般の方が利用できるパブリックビーチはここだけ。
こじんまりした雰囲気と透き通った海が特徴で、夏場は海水浴に訪れる地元民や観光客で大混雑します。
ホテル裏にそびえる山々を眺めながら散歩しても気持ちいいでしょう。

モナコの市内にある唯一のパブリックビーチです。
小さなビーチで、穏やかで水もきれいです。
ビーチの目の前にはトイレやシャワー、バーなども備わっています。
レストランやショップも近く、地中海の海を見るには素敵なビーチです。
グランカジノからラルヴォットビーチまではのんびりと歩くことができますが1時間くらいかかるので、バスがおすすめです。
KAUMOより

ラルヴォットビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 ラルヴォットビーチ
住所 98000 Monaco-Ville, Monaco
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitmonaco.com/jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

絶景を眺めながらカフェタイム・カフェ・ド・パリ

絶景を眺めながらカフェタイム・カフェ・ド・パリ
モナコで最も有名なカフェであり、カジノ・ド・モナコの向かえに位置しています。
晴れた日は広大なテラス席に座り、絶景を眺めながらのカフェタイムも良いでしょう。
カフェの隣にはカジノ・カフェ・ド・パリが併設されており、安い金額でカジノを楽しむことができます。
軽い感覚でカジノを体験してみたい方におすすめです。

image by iStockphoto

カジノフロアでは、ルーレットやブラックジャック、スロットマシンなどのゲームを楽しむことができます。
またスロットマシンなら朝の10時からプレイすることができるので、ランチタイムの際などにカフェで軽食を摂ってカジノが楽しめます。
カジノの総合ポータルサイト カジノパレード!より

Cafe de Paris Monte Carloの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cafe de Paris Monte Carlo
住所 Place du Casino MC 98000
営業時間・開場時間 8:00 – 26:00 (2:00am)
利用料金や入場料 12ユーロから
参考サイト http://jp.montecarlosbm.com/bars-lounge-and-night-club/cafe-de-paris/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

非日常の世界を体感してみよう

高級感あふれるカジノに王室ゆかりの建築物。
モンテカルロは足を踏み入れた瞬間、来た者を非日常の世界に誘いこんでくれることでしょう。
これからモナコへ行こうとする方々は、セレブになりきって非日常の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。
photo by iStock