絶景はここにもあった!オーストラリア「メルボルン」で見るべき観光スポット7選

日本からは赤道を挟んだ反対側、南半球に位置するオーストラリア・メルボルン。発達した交通網や緑あふれる街並みから住みやすい都市としても評価が高くまた旅行地としても高い人気を誇るこの都市。どのような観光スポットがあるかご存知でしょうか。今回は数ある観光スポットから7つ紹介します。

世界で一番美しい道路、グレートオーシャン・ロード

世界で一番美しい道路、グレートオーシャン・ロード
オーストラリア南東部を走る約240㎞の道路で、メルボルン観光の定番スポットに挙げられる場所。
道路の途中には「12人の使途」「ロンドン・ブリッジ」などの名物岩や透き通った海が並び、その美しい光景から「世界で一番美しい道路」とも呼ばれています。
Mr.Childrenの大ヒット曲「Tommorow Never Knows」のビデオ撮影が行われた場所でもあり、ファンの中にはこの場所を「聖地」と呼ぶ人も。

ビクトリア州のグレート・オーシャン・ロードをドライブ。
ワールドクラスのサーフィン・スポットのベルズ・ビーチや花崗岩の奇岩「12使徒」があります。
漁村、沈没船、黄金色に輝くビーチ、熱帯雨林、国立公園など多様性に富んだこの地区では、回遊するクジラを観察できます。
オーストラリア政府観光局公式サイトより

Great Ocean Roadの住所・アクセスや営業時間など

名称 Great Ocean Road
住所 Victoria, Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitgreatoceanroad.org.au
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国内最大級の教会・セントパトリック大聖堂

国内最大級の教会・セントパトリック大聖堂
メルボルン市街地に立つセント・パトリック大聖堂は、オーストラリア最大のカトリック教会。
1858年の着工から82年かけて作られたことで知られ、美しいステンドグラスと暖かみのある黄色の光が訪れるものを出迎えてくれます。
こちらもメルボルンの定番観光スポットであり、賛美歌ミサなどが行われるクリスマスシーズンは特に混雑します。

シティ東のフィッツロイガーデンの近くにある、ひときわ目立つ伝統を感じる外観の教会です。
オーストラリア最大のゴシック建築で、80年以上の歳月をかけて建設されたそうです。
街中でもひときわ目立つ建物で、私が訪れた時も、次々とバスが横付けしアジアからの観光客が立ち寄っていました。
4travel.jpより

St Patrick’s Cathedralの住所・アクセスや営業時間など

名称 St Patrick’s Cathedral
住所 Cathedral Pl, East Melbourne VIC 3002, Australia
営業時間・開場時間 月-金 8am – 6pm 土 9am – 4pm 日 7:30am – 7:30pm 祝日11am – 3pm
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cam.org.au/cathedral
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

都会を離れてゆったりと・ダンデノン丘陵

都会を離れてゆったりと・ダンデノン丘陵
ダンデノン丘陵はメルボルン市街地から1時間ほど、標高約600mの場所にあります。
この丘陵の名物は足を放り出して乗る蒸気機関車「パッフィンビリー」号で、開放感とスリルを味わいながら市街地を眺める珍しい体験ができます。
「パッフィンビリー」号以外ではオーストラリア名産ミ-トパイの店や雑貨店もあるので、散策しながらお買い物しても楽しいでしょう。

メルボルン郊外にあるダンデノン丘陵は、ちょっとレトロな蒸気機関車に乗って森林浴が楽しめる、標高約600mの緑豊かなエリアです。
機関車の始発駅ベルグレーブは、メルボルンの東40km、市内から車で1時間ほど。
ふだんは忙しく都会で生活する人々が、週末に日帰りで訪れて、緑豊かな自然の中でリラックス。
JTBより

Dandenong Rangesの住所・アクセスや営業時間など

名称 Dandenong Ranges
住所 Sassafras VIC 3787
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://visitdandenongranges.com.au
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

デザインが個性的な橋・ウェブ橋

デザインが個性的な橋・ウェブ橋
新たな観光地として開発が進むメルボルン西部・ドックランズにあるウェブ橋。
蜘蛛の巣のような個性的デザインは、「アボリジニ族(オーストラリアの先住民族)が使ったウナギ取りの仕掛け」をイメージして作られたと言われています。
橋の隙間からは周りの風景が見え、歩きながら近未来的街並みを眺めることができます。

ヤラエッジとドックランズ地区を結ぶのがこのウェブ橋です。
歩行者、自転車専用の橋です。
2005年に完成して利用が始まりました。
ウェブブリッジは、建築家ロバートオーエン(Robert Owen)とメルボルンの建築設計事務所Denton Corker Marshall によって設計されました。
メルボルン案内ガイドより

Webb Bridgeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Webb Bridge
住所 Capital City Trail, Docklands VIC 3008
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://dynamic.architecture.com.au/awards_search?option=showaward&entryno=20053006
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中の作りは美術館のよう・ビクトリア州立図書館

中の作りは美術館のよう・ビクトリア州立図書館
ビクトリア州立図書館は、メルボルンの繁華街スワンストン通りにある1856年設立の図書館。
オーストラリア国内では最古の図書館で、館内には約150万冊の図書が収められています。
この図書館の特徴は吹き抜けになっている4階から6階部分で、そこから1階を見ると美しい放射線状に並べられた机を眺めることができます。
入場は無料なので、この絶景を見るために行く価値はあるでしょう。

館内に入ってまず感じるのは、開放感です。
ドーム型の天井はとにかく高いという印象です。
ちょうどLa Trobe Reading Roomというリーディングスペースの上方にドーム型の天井が広がっています。
天井からたっぷりと太陽の光を集めることができるので、照明は、天井からではなく、各フロアの壁面から吊り下げられています。
シンプルな球形のライトがクリームがかった白色の壁の色にぴったりです。
LIMIAより

State Libraly of Victoriaの住所・アクセスや営業時間など

名称 State Libraly of Victoria
住所 328 Swanston St, Melbourne VIC 3000
営業時間・開場時間 月-木 10am–9pm, 金-日 10am–6pm
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.slv.vic.gov.au/#
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国内初の鉄道駅・フリンダースストリート駅

国内初の鉄道駅・フリンダースストリート駅
1854年に国内初の鉄道駅として開業したこの駅は、メルボルンのシンボルと呼ばれる場所。
現在の駅舎は1909年に完成したもので、当時流行していたエドワード朝様式(イギリス国王・エドワード7世が好んだフレンチテイスト)を採用したレトロ感あふれるものです。
駅周辺にはカフェや雑貨屋が立ち並ぶデグレーブス・ストリートもあるので、お土産選びや休憩に立ち寄ってみては。

オーストラリア国内初の駅として、1854年に完成しました。
エドワード王朝風の威風堂々たる外観の建物は、メルボルンのシンボルとして、国内外から広く愛されています。
また、市民や観光客から、代表的な待ち合わせスポットとしても人気です。
オーストラリア、ビクトリア州メルボルンの公式サイトより

Flinders Street railway stationの住所・アクセスや営業時間など

名称 Flinders Street railway station
住所 corner of Flinders St. and St. Kilda Rd./Swanston St. Melbourne 
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Flinders_Street_railway_station
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワインや温泉が名物、モーニントン半島

ワインや温泉が名物、モーニントン半島
メルボルンから車で1時間、ポートフィリップ湾の近くに位置する半島。
オーストラリア有数のワイン産地として知られており、半島内にはブドウ畑やワイナリーが至る所にあります。
2005年にオープンしたペニンシュラ温泉もこの地の名物で、地下637メートルから湧き出る天然温泉が人気。
涼しく穏やかな気候のため、夏の避暑地としても親しまれています。

モーニントン半島の魅力は、美しい海と美味しいワイン! 海辺には美しいビーチが、内陸の丘陵地には葡萄畑が広がるモーニントン半島では「海水浴を楽しんだ後、お洒落なワイナリーでランチ!」なんていう粋な楽しみ方も可能です。
travel.jpより

Mornington Peninsulaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Mornington Peninsula
住所 Mornington Peninsula, Victoria, Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitmorningtonpeninsula.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さらなる発展が見込める街に

緑あふれる街並みと歴史的建造物が残るメルボルンは、新観光地の開発によりさらに魅力的な都市へ発展しようとしています。
メルボルンに行く際は、定番スポットに加え「都市の成長」という点に注目しながら観光してはいかがでしょうか。
photo by iStock