最近まで地図に載っていなかった絶景スポットも!フィリピン・セブ島で行くべき観光スポット5選

今回ご紹介するのは、フィリピンのセブ島です。毎年、多くの観光客が、青く澄んだ海を目指しセブ島に訪れます。最近まで観光ガイドにも、地図にも載っていなかった超絶景スポットもあるんです!これは知らなきゃ損ですよ!

セブ島と絶景

セブ島と絶景
セブ本島は、両脇を海峡に囲まれているとても長細い島です。
島の中部、東海岸に接する小さな島は、リゾート地・マクタン島。
国際空港やホテル、ショッピングセンターがある一方で、美しい浜辺やダイビングスポットもあります。
島の北側には、バンタヤン島、ダアンバンタヤン島があります。
特に、オランゴ環礁などの無人島は、観光客に人気です。

Cebu Island セブ島の住所・アクセスや営業時間など

名称 Cebu Island セブ島
住所 フィリピン セブ州 セブ島 北緯10度20分 東経123度45分
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.cebupia.com/  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%96%E5%B3%B6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

おすすめ観光スポットご紹介

おすすめ観光スポットご紹介
ここからは、海、南国、そんなイメージの強いセブ島でおすすめの海以外の観光スポットをご紹介します。

Kalanggaman Isletの住所・アクセスや営業時間など

名称 Kalanggaman Islet
住所 Palompon, Leyte, Philippines
営業時間・開場時間 利用するツアーによります。
利用料金や入場料 利用するツアーによります。
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g659555-d3546287-Reviews-Kalanggaman_Islet-Malapascua_Island_Cebu_Island_Visayas.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フィリピン最古の教会 サント·ニーニョ教会

1565年、スペイン統治下で建造されたフィリピン最古の教会「サント・ニーニョ教会」は、マゼラン(フィリピンを発見した大航海士)がファナ女王に贈ったサント・ニーニョ像(幼きイエス像)が納められています。
この像は、第二次世界大戦の戦火の中でも無傷だったことから「セブの守護神」として今でも崇拝されています。
なお、サント・ニーニョ教会は2度焼失し、現存する建物は1740年に再建されたものです。

毎年、1月の第3日曜には、サント・ニーニョの祭り「シヌログ」が行われ、多くの人が訪れます。

Basilica del Santo Ninoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Basilica del Santo Nino
住所 Osmena Boulevard, Cebu City 6000, Philippines
営業時間・開場時間 5:00-19:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://basilicasantonino.org.ph/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

要塞の上から望む夜景がおすすめ サンペドロ要塞

1565年に木造で建築された、フィリピン最古、最小の三角形の稜堡式要塞「サンペドロ要塞」は、1738年に、珊瑚石で改修されて現在の形になったそうです。
要塞内には、旧日本軍が使用したと思われる、大砲や銃などが今も残ります。
要塞の上からは、街並みが見えて綺麗だと評判です。
なかでも、夕刻、夜がおすすめとの口コミが多いです。

サン・ペドロ要塞の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・ペドロ要塞
住所 A. Pigafetta Street, Cebu City, 6000
営業時間・開場時間 現地時間7:00-19:00
利用料金や入場料 30ペソ
参考サイト http://www.tourism.gov.ph/Pages/HOWTOGETTHERELAKBAYRIZAL@150_7.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セブの遺産記念碑 Cebu Heritage Monument

セブ出身の芸術家が作り上げた、セブで過去に起こった歴史的出来事を表現したモニュメントです。
三角形の敷地一杯にフィリピンを発見した大航海士マゼランやラプラプ軍とマゼランが率いるスペイン兵士との戦いの様子や、サントニーニョ教会の御神体「サントニーニョ(幼きイエス)」が、担ぎ出され街を練り歩く様子など、ぐるりとモニュメントを観ると、セブの歴史が一目でわかります。
ガイドさんに話を聞きながら観るのがおすすめ。

Cebu Heritage Monumentの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cebu Heritage Monument
住所 Colon Street, Parian Plaza, Cebu City 6000, Philippines
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.cebucitytour.com/cebu-destinations/the-heritage-of-cebu-monument/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セブを一望できる絶景スポット Temple of Leah

Temple(寺院)という名前ではありますが、見た目は寺院というより神殿。
2012年にセブの実業家が建築を始めました。
建築開始当初は、自由に出入り出来たそうですが、現在は入場ゲートが設けられており有料となっています。
ちなみに、まだ完成していないとのことで、所々工事中になっています。

セブが一望できる絶景スポットであるTemple of Leahは、所有者であるセブの実業家のeodorico S. Adarnaさんの亡き妻への愛の証として個人的に建てられました。
そのため、神殿の中央ロビーには、妻「レイア」さんの黄金像が祀られています。
また、神殿内にある、24の部屋は亡き妻が愛情を持って接してきた家族メンバー24人の部屋として、今後、メンバー1人1人の歴史や趣味・好み・功績についての展示物が飾られる予定だそうです。
少し前までは、地図にも載っていなかったスポットですが、その絶景は見る価値あり!

Temple of Leahの住所・アクセスや営業時間など

名称 Temple of Leah
住所 Roosevelt Street | Busay, Cebu City 6000, Philippines
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://www.facebook.com/TempleOfLeah
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美しき佇まい Monastery of the Holy Eucharist

聖母マリアのシマラ聖堂と呼ばれています。
セブといえば幼きイエス「サントニーニョ」信仰発祥の地。
今でも、病気の治癒、就職、試験、恋愛ごとなど、沢山の願い事を秘めた人々が訪れています。
特に毎月13日にお参りすると、ご利益のパワーが強いとされています。
なぜならば、約100年前の5月13日、ポルトガルのファティマの町に聖母マリアが現れて、子どもたちに預言を伝えたとされているからだそうですよ。

別名「お城の教会」とも呼ばれているこちらの建物の美しさは定評があり、外部、内部共に、見る価値あり!

Monastery of the Holy Eucharistの住所・アクセスや営業時間など

名称 Monastery of the Holy Eucharist
住所 Simala | Lindogon, Simila, Sibonga, Philippines
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://www.facebook.com/pages/The-Monastery-of-the-Holy-Eucharist-Simala-Cebu/608601685888967
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旅の思い出、お土産選びも忘れずに!

最後に、セブでおすすめのショッピングスポットをご紹介します。
旅の思い出に素敵な商品に出会いたいですよね!

Gaisano Grand Mall Mactanの住所・アクセスや営業時間など

名称 Gaisano Grand Mall Mactan
住所 Basak, Lapu Lapu, Philippines
営業時間・開場時間 不明
利用料金や入場料 購入品による
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298461-d2002710-Reviews-Gaisano_Grand_Mall_Mactan-Lapu_Lapu_Mactan_Island_Cebu_Island_Visayas.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

何で揃う! アヤラ センター セブ

セブを代表する大型のショッピングモールです。
地元のカジュアルブランドも豊富で、可愛く安い洋服が手に入るほか、海外ならではの可愛い雑貨小物は勿論、大人数への土産、所謂「ばらまき土産」なども簡単に見つけられます!フードコートも含め店舗数が多いので、一ヵ所で済むのもありがたいですね!

さあ、旅に出かけよう!

今回は、フィリピンのセブ島をご紹介してまいりました。
日本人にも人気のセブ島、青い海も最高ですが、ちょっと人とは違うコースで観光するのもいいですよ!フィリピン全体でみると、治安が悪いと心配される方もいらっしゃると思いますが、ここセブ島は観光地として栄えているため、フィリピンの中では安心して観光できる地です。
ただし、我が国日本と比べてしまうと危険なので、最低限の注意は払ってくださいね。
photo by iStock