世界屈指のアラビアにある隠れたダイビングスポット『紅海』

世界屈指のダイビングスポットである紅海は、世界中のダイバーの憧れの場所。
元は小さな漁村でしたが、近年は急速にリゾート開発が進んでいるというシナイ半島のシャルムエルシェイクとあわせて、ダイバーたちのオアシスともいわれています。
今回は、そんな紅海についてご紹介いたしましょう。
紅海は、アラビア半島とアフリカの東北部に挟まれた湾で、その名称から赤い海を想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には一般的な海の色と何も変わりません。
しかし、紅海には流れ込む河川がひとつもなく、インド洋との限られた循環のため塩分濃度は通常よりも高い3.6~3.8%程度となっています。
なんといっても、紅海の見どころは透き通った海水と、固有種も多く生息しているという200種類を超えるサンゴたち。
極彩色の海の世界は、1年を通してダイバーたちを魅了してやみません。
ベストシーズンは5~10月の夏の時期といわれていますが、冬は冬でプランクトンの活動が控えめになるため夏場よりも水の透明度はグンと上がります。
冬であれば20m先の視界までクリアに見えるというのですから驚きです。
ダイバーたちのお楽しみはサンゴだけではありません。
カメやイルカ、そして運が良ければジンベエザメにまでお目にかかれることがあるのだそうです。
固有種であるチョウチョウウオやハナダイも必見です。
シャルムエルシェイクから行くことのできるダイビングスポットは、ざっくりと4つのエリアに分かれています。
近いものではボートで15~30分のところにダイビングできるポイントが点在しているため、とても気軽にダイビングを楽しむことができます。
界隈随一であるリゾート地としても名高いシャルムエルシェイクには、トロピカルな魅力満載のリゾートホテルもたくさん。
プライベートビーチでゆったりとしたリラックスタイムを満喫するのもおすすめです。
陸に上がればそこはエジプト。
エジプトならではの古代文明が生み出した遺跡の数々が、訪れる旅行客を魅了します。
海の中も陸の上も見どころたっぷりの紅海は、何日滞在しても飽きることのない観光名所です。

紅海(the Red Sea)への行き方

さあ、旅へでかけよう

日本からエジプトのカイロまでは飛行機でおよそ13時間30分。

カイロからはさらに飛行機を乗り継ぎ、紅海への足掛かりの街シャルムエルシェイクまで1時間のフライトです。