カルフォルニアで新たな人気の街「カールスバッド」7つの魅力

日本でも都市の再開発などで人気のエリアが移り変わりますが、アメリカ・カルフォルニアでも同様に新しく支持を集める街が出てくるそうです。それが本日ご紹介するカールスバッド(Carlsbad)市。カールスバッド市は、カリフォルニア州サンディエゴの北、車で40分ほどの海岸線に位置する都市で、先日、ハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオがカールスバッドへの転居を発表し、新たな注目を浴び、日本では、石川遼選手が家を購入し、練習の拠点としたことで話題になりました。大都市ではありませんし、知名度もまだ低いのですが、様々な目的で人々が集まってきている、魅力にあふれた市です。今回は、筆者も8年滞在したカールスバッドの魅力をお届します。

カールスバッドってこんなところ

カールスバッドってこんなところ

Carlsbadの住所・アクセスや営業時間など

名称 Carlsbad
住所 Carlsbad, CA, USA
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.carlsbadca.gov/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

良いところ1.大都市へも便利にアクセス

良いところ1.大都市へも便利にアクセス
カールスバッド市は、南のサンディエゴ市まで50キロ、北のロサンゼルス市まで140キロの位置にあり、サンディエゴ市へは通勤圏、ロサンゼルスへも車で一時間半と気軽に出かけられる便利さと共に、都会の喧噪さから離れ、静かで穏やかな時間を過ごすこともできる、最適な場所です。

安全で高級な住宅地だけでなく、レジャーを楽しめる施設、美しい海岸線、充実したショッピングセンター、そして、落ち着いて仕事ができるオフィス群が並ぶ内陸部など、様々な面を持っているカールスバッドです。

良いところ2.快適な気候

良いところ2.快適な気候
一年を通して素晴らしい気候に恵まれていることは、カールスバッドの大きな魅力です。
年間の晴天日は平均で263日。
夏は海風の影響でとても涼しく、平均最高気温は23℃。
気温がかなり上がるサンディエゴやロサンゼルスからカールスバッドへ移動すると、暑さから解放されて、身体も心もホッとします。
クーラーが必要になるのは、サンタアナの風が吹く秋に数日だけ。
冬は少し雨が降りますが、一日中降ることはなく、温暖。
平均最低気温は7℃、日中は気温が上がるのでセーターや厚手のコートは不要です。
夏は全く雨が降らず、天気予報も傘も不要。
逆に毎年、水不足が深刻になるので、冬の間に雨が少しでも多く降ることを望んでいる市民は、ようやく雨が降り始めると、「Beautiful!」「Great!」と、大喜びです。

良いところ3.海岸線の絶景

良いところ3.海岸線の絶景
カールスバッドは、太平洋を一望できる海岸線がとても美しく、よく整備された砂浜のビーチが広がっています。
海岸線に沿う道路には、大きな歩道とサイクリングレーンがあり、美しい景色を見ながらジョギング・サイクリング・ウォーキングを楽しむことができます。

特に、海に陽が沈むサンセットの時間が近づくと、海岸線に人々が繰り出し、海を眺めます。
地元の人々も、バケーションで訪れている人も、海岸線の絶景を見ながら、心身ともにリフレッシュし、新しいエネルギーを蓄えることができる美しい街、カールスバッドには、海が見渡せるロケーションにホテルなどの宿泊施設も充実しています。

良いところ4.ビーチでのアクティビティ

良いところ4.ビーチでのアクティビティ
カールスバッドの海では、一年を通して、サーフィン、ウインドサーフィン、パドルボード、パラセイリングなどマリンスポーツが盛んに行われています。
ビーチ沿いには、サーフショップが多くあり、必要な道具をレンタルしたり、個人レッスンを申し込むこともできます。

また、高校の生徒たちが選択授業の「サーフィン」で、平日の日中にビーチへやってくるのもカールスバッドならではの光景です。
ビーチでは、バーベキューをしたり、泳いだり、のんびりと読書をしていたり、それぞれのアクティビティを楽しむことができます。

良いところ5.観光スポットも充実

良いところ5.観光スポットも充実
レゴランド、アウトレットストア、花畑、いちご狩りなど、観光スポットが多くあるのも、カールスバッドの魅力。
アウトレットストアでは、コーチ、ケートスペード、ラルフローレンなどのブランドが多く入っていて、アウトレットのすぐそばには、春になると鮮やかに咲く大きな花畑もあり、サンディエゴやオレンジカウンティからの来場者も多いようです。

海辺の散歩をしながらアクセスできるカールスバッドのダウンタウンには、可愛らしいブティックやアットホームなレストランが並んでいて、古き良きアメリカの雰囲気も楽しむことができます。

良いところ6.産業の本拠地

良いところ6.産業の本拠地
カールスバッドは、ハイテク産業の成長が著しく、オンラインビジネスではカリフォルニアの拠点であると同時に、「チタンバレー(Titanium Valley)」と呼ばれる地域では、Callaway Golf Company, Taylor Made-Adidas Golf company, Cobra Golf, Titlistなど、世界的なゴルフ用品メーカーの本社が集まっています。

安定した天候が製品の研究や開発に適していて、市内にゴルフ場が4つもあり、石川遼選手が練習の拠点としてカールスバッドを選んだこともうなずけます。

良いところ7.暖かい人々

良いところ7.暖かい人々
カールスバッドの海岸線から少し内陸部へ移動すると、海を見晴らすことができる小高い丘の上に、高級なリゾート施設や高級住宅が建設されています。
ディカプリオも、カールスバッドの人々の朗らかさや誠実さについてインタビューで語っていましたが、お互いを思いやりながら生活しているような大らかさが感じられます。

経済的にも精神的にも余裕のある人々が集まっていることや、人口が密集しすぎていない長閑さと、穏やかな天候も影響しているのかもしれません。

南カリフォルニアのカールスバッド

カールスバッドと言う都市名は、アメリカに他にも2つほどあるようですが、スノーボードの金メダリスト、ショーンホワイトの出身地で、世界的なアスリートが多く住んでいるのは、このカールスバッドです。
近年、開発がさらに進んでいるこの市は、リゾートとして、産業の拠点として、快適な住宅地として、これから更に話題を集めそうです。
南カリフォルニアを訪問の際には、カールスバッドにも立ち寄ってみてください。
photo by iStock