カラフルすぎる絶景!幻想的なベトナム・ホイアンのランタン祭り

ベトナムの世界遺産として多くの観光客が訪れる古都ホイアン。ただ街中を歩くだけではなく、ビーチで楽しむというプランもありますが、毎月この街では幻想的なランタン祭りが開催されています。今回はそのお祭りの魅力について紹介します。

そもそもホイアンとはどんな街なのか

そもそもホイアンとはどんな街なのか
ランタン祭りを紹介する前に、ホイアンについて紹介します。
この街は、ベトナム中部にある小さな海辺の町であり、ベトナムの古きよき街並みが今なお残されています。
そのおかげで世界遺産にも登録されました。

ホイアンへのアクセス

ホイアンへのアクセス
ベトナムの主な都市であるホーチミンやハノイからでも飛行機やバスで向かうことが出来ますが、初めて訪れる方はホイアンからほど近いダナン行きの直行便が日本から運行しているので、まずダナンに訪れてからバスで向かうことをおすすめします。

来遠橋(Japanese Covered Bridge)の住所・アクセスや営業時間など

名称 来遠橋(Japanese Covered Bridge)
住所 D Nguyen Thi Minh Khai Town Centre, Hoi An  
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料 
参考サイト http://huglog.jp/2015/03/11/12889/ 
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

昼間から着々と準備

昼間から着々と準備
ランタン祭りが開催される昼間は、着々と準備が進めらています。
いつものんびりとした時間が流れる古都の雰囲気や住民達ははこの日だけは忙しい雰囲気となります。

一ヶ月に一度の幻想的な夜

一ヶ月に一度の幻想的な夜
一ヶ月に一度、満月の夜に開催されるランタン祭りは、夜になるにつれて街中がランタンの素朴な明かりによってとても幻想的な夜に変わります。
昼とは全く異なる不思議な世界は訪れた観光客の目を楽しませてくれます。

このお祭りが、毎月行われているんだとか!

2016年「ランタン祭り」の日程:

1月23日(土)

2月21日(日)

3月22日(火)

4月20日(水)

5月20日(金)

6月18日(土)

7月17日(日)

8月16日(火)

9月14日(水)

10月14日(金)

11月13日(日)

12月12日(月)

*現地事情等により日程は変更になることもありますので、必ず事前にご確認ください。
ベトナム観光情報局

大きさもデザインも個性豊か

大きさもデザインも個性豊か
どのランタンもしっかりと見ると、大きさや形、装飾がどれも個性的なものばかりです。
幻想的な夜の街を楽しむだけではなく、1つずつランタンを見てみるのもおすすめです。

お気に入りのランタンを買おう

お気に入りのランタンを買おう
ホイアンにはランタン専門店もあるため、気軽に観光客でもランタンを購入することが出来ます。
個性的なおみやげになると思うので、是非お気に入りの大きさやデザインのものを買って帰りましょう。

ホイアン名物スポットもライトアップ

ホイアン名物スポットもライトアップ
ホイアンの中でも一番有名な観光スポットは、写真にある日本橋です。
戦国時代のころにやってきた日本人によって建設されたこの橋は、ベトナムの紙幣にも描かれるほどの人気と歴史を兼ね備えています。

川沿いの夜景は写真を撮らずにいられない

川沿いの夜景は写真を撮らずにいられない
ランタン祭りにおける絶景ポイントは、やはり川沿いの街並みが1番おすすめです。
常に多くの観光客で賑わう場所でもありますが、ランタンの光が川に反射して非常に美しさを感じられます。

自分の灯籠をホイアンの川へ

自分の灯籠をホイアンの川へ
ランタン祭りにおいて、是非やってほしいのが灯籠の川流しです。
多くの方が川へ灯籠を流しているため、見るだけでも幻想的ですが、やはり訪れたからには思い出として灯籠を購入して川へ流してみましょう。

ランタン見ながら名物グルメ

ランタン見ながら名物グルメ
ホイアンは古都という魅力以外にも、多くの名物グルメが揃う街でもあります。
ベトナム自体物価は安いため、格安でランタンを見ながら名物グルメをいただきましょう。
しかし、グルメの方に注目しすぎて「花より団子」のようなことにならないように気をつけましょう。

日程を合わせてベトナムに行こう!

いかがでしたでしょうか。
多くのサイトでランタン祭りの開催日を紹介しているので、もし行きたくなったら早速調べておきましょう。
もし運が良ければ、週末を使って訪れることもできるかもしれません。
また、祭りが開催されていない日でも日本橋といった一部ではライトアップされています。
photo by iStock