絶景はここにもあった!中国・成都で見るべき観光スポット5選

広い中国の中でも、成都は特に人気のスポットです。その歴史は長く、日本でも有名な三国志の時代には蜀の都として繁栄していました。現在でも政治、経済、文化の要地です。豊かな自然や古い歴史を感じられるスポットや、近代発展した都会的なエリアなど、みどころ満載の成都。特にオススメの絶景スポット5選をご紹介します。

中国・成都ってこんなところ

中国・成都ってこんなところ

成都の住所・アクセスや営業時間など

名称 成都
住所 Chengdu
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E9%83%BD%E5%B8%82
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#1 古代からのライフライン、都江堰(とこうえん)

古代からのライフライン、都江堰(とこうえん)
都江堰(とこうえん)は、2000年にユネスコ世界遺産にも登録された人気観光スポットです。
2300年も昔に行われた水利工事によって作られたという長い歴史を持っています。
かなり古い施設に思われますが、今でも成都平原一帯の灌漑に利用されている現役の施設。
観光客にとっては絶景を見ることができる注目スポットであり、地元の人にとっては大切なライフラインでもあります。

都江堰の住所・アクセスや営業時間など

名称 都江堰
住所 Dujiangyan, Chengdu, Sichuan, China
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.djy517.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 道教発祥の地、青城山(せいじょうさん)

青城山は、成都から70㎞ほどの場所にある山で、その名の由来は「四季常青=1年通して美しい緑に覆われていること」からだとか。
青城前山・青城後山に分かれた周囲120キロという広大な山域は、都江堰(とこうえん)と同年にユネスコ世界遺産に選ばれています。
中国の道教発祥地のひとつとされ、道教関連の施設も点在。
その歴史からも神秘的な雰囲気をあじわうことができる絶景観光スポットです。

Qingchengshanの住所・アクセスや営業時間など

名称 Qingchengshan
住所 四川省都江堰市青城山
営業時間・開場時間 08:00-18:30
利用料金や入場料 90元
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%9F%8E%E5%B1%B1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 都会の中の静寂…青羊宮(セイヨウキュウ)

都会の中の静寂…青羊宮(セイヨウキュウ)
成都最大の道教の寺院(道観)、青羊宮。
こちらもとても長い歴史があり、その起源は周の時代(BC1046~245年)と言われています。
戦争で一時消失したものの、清の時代に再建されたのが、現在の姿です。

道教の始祖である老子が、青い羊を連れて通ったという伝説が伝えられています。
主な建物は、霊祖楼、八卦亭と三清殿などで、青羊像なども人気です。
歩いてみるとなかなか広いので、中の飲食店で休憩を取りながらゆっくりと巡るのがオススメです。
大都会成都の中にありながら、古い寺院ならではの静けさを感じられるオススメスポットです。

Qingyang Palaceの住所・アクセスや営業時間など

名称 Qingyang Palace
住所 成都市一環路西二段9号
営業時間・開場時間 8~18時
利用料金や入場料 大人:10元、 子供は120センチ以下無料
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/asia/china-sichuan_province/chengdu/kankospot/10161621/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 かわいい絶景、ここにあり?成都パンダ繁殖基地

かわいい絶景、ここにあり?成都パンダ繁殖基地
成都パンダ繁殖基地は、造園方法を工夫し、野生のパンダの繁殖環境を再現した施設です。
一流のパンダ研究者が集まり、パンダの人工繁殖を促進した結果、6頭しかいなかったパンダが42頭まで増えたとか。
その功績から、UNEP(国連環境保護プログラム機関)からも高く評価されています。
時期によっては、日本では見る機会のない可愛い赤ちゃんパンダにお目にかかれます。
ジャイアントパンダや、レッサーパンダを抱っこしての記念撮影サービスもあり(撮影料金はパンダの研究費に寄付されます!)。
成都が誇る「かわいい絶景」、オススメです。

成都パンダ繁育研究基地の住所・アクセスや営業時間など

名称 成都パンダ繁育研究基地
住所 610081 中国成都成都外北熊猫大道26号
営業時間・開場時間 8:00-17:30
利用料金や入場料 58元
参考サイト http://www.panda.org.cn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 文殊院…古い町並みの一角に鎮座する美しいお寺

文殊院…古い町並みの一角に鎮座する美しいお寺
文殊院は、南北朝時代(420~589年)に創建された仏教寺院。
四川省の仏教の中心とされています。
こちらも明時代に戦火によって焼失し、清の時代に再建されました。
精巧な透かし彫りの飾り窓が特徴的です。
成都の人は宗教心が深いそうで、線香を供えに来る人々は後を絶ちません。
また、お昼時には、肉料理や魚料理を「野菜」で再現した中国ならではの精進料理を味わうことができます。
文殊院の周辺は古い町並みが囲んでおり、町の雰囲気と併せて、景観を楽しむことができるスポットです。

Wenshu Yuan Monasteryの住所・アクセスや営業時間など

名称 Wenshu Yuan Monastery
住所 610017 中国成都青羊区文殊院街66号
営業時間・開場時間 午前 8:00 – 午後 5:00
利用料金や入場料 10元/人
参考サイト http://www.konglin.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

成都の絶景スポットで中国を感じましょう!

いかがでしたか。
中国成都はその長い歴史の中で育まれた自然や文化が魅力を演出する絶景スポットが豊富です。
実際に訪れて、歴史や文化、人々の生活に思いを馳せてみるのも素敵ですよね。

成都へは、成田・関西・中部・広島より直行便が就航しています。
中国の国内都市で乗り継ぐ場合は、北京・上海から2時間20分で到着します。
日本との時差は1時間ほどです(成都の方が遅い)。

バスやタクシーなど、交通の便も良い地域です。
治安も比較的良いとされていますが、日本とは違います。
注意は怠らず、安全に旅を楽しみましょう。

photo by iStock