【京都】神々しさあり、涼あり!思わず写真に納めたくなるフォトジェニック神社6選

京都には多くの有名な神社があるので、どこを紹介するか、というのも悩みどころではありますが、今回はなかでも「思わず写真に納めたくなる」ような、そんな素晴らしい風景がある神社6選をご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

京都で絶景の神社と言えば?

京都で絶景の神社と言えば?
京都の神社と言われて思い浮かぶのは、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つ「清水寺」?祇園祭でも知られる、通称祇園さんの「八坂神社」?それとも金閣、銀閣?あなたならどの寺院を思い浮かべますか?

京都の神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 京都の神社
住所 京都府
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.pref.kyoto.jp/search/result.html?q=%E7%A5%9E%E7%A4%BE&sa=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&cx=000235241665755300880%3Ammwef0a-rv4&ie=UTF-8&cof=FORID%3A9
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

見るからに神々しい佇まいの金閣寺(鹿苑寺)

見るからに神々しい佇まいの金閣寺(鹿苑寺)
「金閣寺(鹿苑寺・ろくおんじ)」は、京都市北区にある「臨済宗相国寺派」のお寺です。
金閣寺」というのは、舎利殿(仏舎利を安置した建物)を含む「寺全体の事」で、多くの人が一般的に「金閣寺」と指し示す「金色で3層の桜閣(重層の建築物)」は、舎利殿と呼ばれる建物で、この舎利殿のことを「金閣」と呼びます。
金閣寺=寺全体、金閣=舎利殿(金色の3層楼閣)、これは覚えておきましょう。
鏡湖池に写る金閣、雪化粧した金閣、紅葉に包まれた金閣、その姿は、多くの観光客に人気です。

鹿苑寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 鹿苑寺
住所 京都府京都市北区金閣寺町1
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 大人(高校生以上)400円 小・中学生300円
参考サイト http://www.shokoku-ji.jp/k_about.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北政所(ねね)が秀吉の冥福を祈るため建立した 高台寺

北政所(ねね)が秀吉の冥福を祈るため建立した 高台寺
ここ高台寺は、豊臣秀吉の正室である「北政所(ねね/高台院)」が、病死した秀吉の冥福を祈るために建てたと言われています。
「高台寺」という名は、北政所が出家した後の院号である「高台院」にちなんでいます。
春は桜、秋は紅葉、その美しい景色を観るために多くの観光客が訪れます。
桜や紅葉も素敵ですが、なんといっても高台寺の見どころは、竹林。
昼間、揺れる竹林から零れ落ちる木漏れ日も素敵ですが、夜間はライトアップされ一層神秘的な雰囲気になります。
これを観ずに高台寺は語れませんよ!
こちらは、高台寺の圓徳院(室内)からの眺め。
紅葉の秋ともなれば、より一層美しい景色が広がります。

高台寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 高台寺
住所 京都市東山区高台寺下河原町526番地
営業時間・開場時間 9:00-17:30
利用料金や入場料 大人-600円、中高生-250円
参考サイト http://www.kodaiji.com/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夏の風物詩、祇園祭で有名な八坂神社

夏の風物詩、祇園祭で有名な八坂神社
全国にある「八坂神社」や「素戔嗚尊(スサノオノミコト)」を祀る、約2,300社ある神社の総本社である「八坂神社」は、通称「祇園さん」とも呼ばれており、また、7月に行われる祇園祭が有名です。
八坂神社の境内の東側には、しだれ桜で有名な「円山公園」が隣接しており、毎年春には、多くの人が訪れています。
また、伏見稲荷大社と同様に、夜間でも自由に出はいりが出来るため、24時間いつでも参拝することが出来ます。

八坂神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 八坂神社
住所 京都府京都市東山区祇園町北側625
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.yasaka-jinja.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

法観寺 重要文化財 八坂の塔

法観寺 重要文化財 八坂の塔
清水寺の近くにある「法観寺」にそびえる八坂の塔は、日本で唯一、重要文化財指定に指定されている五重塔で、法観寺を目指す際のランドマークとなっています。

伝承によれば五重塔は592年に聖徳太子が如意輪観音の夢告により建てたとされ、その際仏舎利を三粒を収めて法観寺と号したという。
Wikipediaより

八坂の塔は内部に入ることができるうえに、塔の2層目まで一般人が、一般拝観で登ることができるとのことなので、ぜひ登ってみましょう。
※公開は不定期なため、確認が必要

八坂の塔と夕焼け、いかにも京都、といった代表的な風景です。

法観寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 法観寺
住所 京都府京都市東山区清水八坂上町388
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 中学生以上400円 *小学生以下拝観不可
参考サイト https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000273
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

千手観音で有名 三十三間堂(蓮華王院本堂)

千手観音で有名 三十三間堂(蓮華王院本堂)
「三十三間堂(蓮華王院本堂)」は、1001体の木造千手観音立像で有名な寺院です。
元は、後白河上皇が、自身の離宮内に創建した仏堂であり、本尊は千手観音。
蓮華王院は千手観音の別称・蓮華王に由来するそうです。
重要文化財にも登録されている「木造千手観音立像」は、1001体あるうち、1体は自分に似ている仏像があると言われています。
しかし、修復や博物館などへの貸し出しなどもあるため、全ての仏像が常にあるわけではないようです。
イベントなどを除き、通常時は、1001体すべてが揃うのは稀とのことですが、自分に似ている仏像が本当にあるのか、ぜひ、確認したいですね。

蓮華王院本堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 蓮華王院本堂
住所 京都市東山区三十三間堂廻り町657
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 一般600円、高校中学400円、子供300円
参考サイト http://sanjusangendo.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ちょっぴりゾクゾク・・・血天井がある 源光庵(鷹峰山 寶樹林 源光庵)

ちょっぴりゾクゾク・・・血天井がある 源光庵(鷹峰山 寶樹林 源光庵)
天井板は、伏見桃山城から移築したものだそうで「1600年(慶長5年)に、徳川家家臣鳥居元忠らが石田三成に破れ自刃したときの跡が残り、血天井となっている」ことと、その脇に「丸窓と角窓がありそれぞれ悟りの窓、迷いの窓と呼ばれている」ことが有名です。
こちらが本堂にある、円い「悟りの窓」と、四角い「迷いの窓」。
それぞれ禅の精神を表しているとか・・・新緑の季節も、紅葉の季節も、窓から観る景色は美しい・・・

さあ、旅に出かけよう!

今回は、京都の神社、おすすめ6選という事でご紹介してまいりました。
美しい景色が望めるのは、清水寺だけではありません。
京都には多くの有名な神社がありますが、どの神社も、日本の四季をより良いものにしてくれる、そんな情緒ある神社ばかりです。
春の桜、秋の紅葉、冬の雪化粧のみならず、これからの新緑の季節は「涼」を感じる事ができるので、ぜひ京都を訪れた際には、これらの神社へ立ち寄ってみては?
photo by PIXTA