ビートルズだけじゃない!イギリス・リヴァプールと周辺の絶景スポット10選

イギリスの北部にあるリヴァプールは、ビートルズを生んだ場所として日本でも人気の観光エリアです。多くの人はリヴァプールの中心を観光して帰ってしまうのですが、それではもったいない!リヴァプールとその周辺の見逃せないおすすめの景観を10スポットをご紹介します。

美しいドーム型の植物園 セフトンパーク パームハウス

美しいドーム型の植物園 セフトンパーク パームハウス
リヴァプールのマージサイド・エリアにあるセフトンパークは、自然保護観察区域に指定された緑が豊かな公園。
その中には、ビクトリア時代の美しいドーム型の植物園パームハウスが立っています。

建物は一般公開されていて、無料で入ることができます。

Palm Houseの住所・アクセスや営業時間など

名称 Palm House
住所 Sefton Park Drive, Liverpool L17 1AP, England (Sefton Park)
営業時間・開場時間 November – March 10.30am – 4.00pm April – October 10.30am – 6.30pm
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://palmhouse.org.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夕暮れのアルバートドックはロマンチック

夕暮れのアルバートドックはロマンチック
ビートルズストーリーや海洋博物館、テート・リヴァプール美術館などがあるアルバートドック周辺。
日暮れになるとライトアップされ、昼間とは違う顔をみせてくれます。
ライトに照らされたランドマークは、とても幻想的。
三女神をつかさどるピアヘッドのあたりをゆっくり散策をするのがおすすめです。

Albert Dockの住所・アクセスや営業時間など

名称 Albert Dock
住所 Albert Dock, Liverpool L2 4AF
営業時間・開場時間 店・施設により異なる
利用料金や入場料 店・施設により異なる
参考サイト http://www.albertdock.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

欧州最大のチャイナタウンとゲート

欧州最大のチャイナタウンとゲート
欧州最大ともいわれるリヴァプールにあるチャイナタウン。
そのシンボルともいえる門は、伝統的な唐門です。
カラフルな色彩の門は上海との姉妹都市であるリヴァプールだけに、豪華絢爛。
200もの龍が門にはほどこされているのだとか。

Chinatown (Liverpool)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Chinatown (Liverpool)
住所 Nelson St., Liverpool, L1 5DN
営業時間・開場時間 日 – 土 午前 8:00 – 午後 8:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.liverpoolchinatown.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1969年にたてられた歴史的なラジオ電波塔 ラジオシティタワー

1969年にたてられた歴史的なラジオ電波塔 ラジオシティタワー
121メートルの高さのラジオ・シティタワーは、セント・ジョーンズビーコンという別名でも有名。
リヴァプールの町を歩くと見えるタワーで、実は中に登ることもできます。
タワーの上から一望できるリヴァープールの町並みはとても素敵で、天気がよいと、北部ウェールズのあたりまで見ることができます。

Radio City Towerの住所・アクセスや営業時間など

名称 Radio City Tower
住所 St John\’s Beacon, 1 Houghton Street, Liverpool, Merseyside, L1 1RL
営業時間・開場時間 現地時間10:30-17:30
利用料金や入場料 5.5ポンド
参考サイト http://www.visitliverpool.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

運河スプリングブランチの景観は抜群!

運河スプリングブランチの景観は抜群!
英国を旅すると何度か目にするナローボート。
一度はそのボートで旅をしたいなんて思っている人もいるのでは?もし、運河を旅したいと思ったら北部イングランドがおすすめです。

リヴァプールからリーズに続くスプリングブランチは、1773年にできた古い運河。
歴史ある運河をナローボートで下りながら見る風景は、地上から見るアングルと違い、味わい深いものになるでしょう。

スプリングス・ブランチ運河 Springs Brunch Canalの住所・アクセスや営業時間など

名称 スプリングス・ブランチ運河 Springs Brunch Canal
住所 Skipton BD23 1AW イギリス
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://canalrivertrust.org.uk/enjoy-the-waterways/canal-and-river-network/leeds-and-liverpool-canal
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バーケンヘッドパークのスイスブリッジ

バーケンヘッドパークのスイスブリッジ
ヴィクトリア朝時代の公園を堪能できるのがこちらのバーケンヘッドパークです。
リバプール郊外のウィーラルにあるこちらの公園は、1847年4月5日に公園として制定されました。
園内には湖があり、その周辺は遊歩道になっています。
湖水にかかる朱色のスイスブリッジが印象的です。

バーケンヘッドパークのスイスブリッジ Swiss Bridge in Birkenhead Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 バーケンヘッドパークのスイスブリッジ Swiss Bridge in Birkenhead Park
住所 Park Dr, Birkenhead CH41 4HY
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.wirral.gov.uk/leisure-parks-and-events/parks/birkenhead-park
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

郊外のフォーンビーで砂丘体験

郊外のフォーンビーで砂丘体験
リヴァプール郊外の海岸沿い。
夏には多くの観光客であふれる場所ですが、普段はとても静かな場所です。
絶滅危惧種となっているアカリスを見かけるできるフォーンビーは、砂丘でも有名。

ナショナル・トラストによって保護されている区域で、この砂丘ができたのは、今から5000年から8000年前の青銅器時代といわれています。

フォーンビー Formbyの住所・アクセスや営業時間など

名称 フォーンビー Formby
住所 Victoria Rd, Formby, Liverpool L37 1LJ
営業時間・開場時間 09:00 – 16:45(駐車場)
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.nationaltrust.org.uk/formby
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リヴァプール西部にあるヒルブル島

リヴァプール西部にあるヒルブル島
リヴァプールの西、リバーディーに浮かぶヒルブル島はアザラシをみることができるだけでなく,海鳥をみることができる島としても有名なところです。
干潮の時には島までウィーラルから歩いていくことができます。

周辺に宿泊し、日の出、日の入りをみるのがおすすめ。

Hilbre Islandsの住所・アクセスや営業時間など

名称 Hilbre Islands
住所 Hilbre Islands, Wirral, England
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Hilbre_Islands
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リバーマージ

リバーマージ
野鳥などを観察することができるマージ川のあたり。
川沿いにぶらりと歩くとロイヤルリバービルディングが向こう岸にみえてきます。

マージー川 River Merseyの住所・アクセスや営業時間など

名称 マージー川 River Mersey
住所 Manchester, Cheshire, Merseyside
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/River_Mersey
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リヴァプール北部の公園 スタンリーパーク

リヴァプール北部の公園 スタンリーパーク
110エーカーもの広大な面積をもつスタンリーパークは、リヴァプールの市街地よりすこし北にいったところにあります。
園内には遊戯施設や、魚釣りができる湖などがあるほか、ビクトリア時代からのアイラ・グラッドストン温室があることで知られます。

Stanley Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 Stanley Park
住所 Stanley Park, Liverpool, L4 2SL
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Stanley_Park,_Liverpool
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロンドンからたったの3時間

ロンドンから電車でたったの3時間で行くことができるリヴァプール。
有名な観光都市ではあるけれど、ビートルズやフットボールファン以外はあまり訪れない町かもしれませんね。
古くから貿易、海洋都市として発展したリヴァプールには、歴史的な建物も多く残されています。
世界遺産に選定されたピアヘッドをはじめとするウォーターフロント、アルバート・ドックなど海風を感じながらの散策は爽快そのものです。

数日リヴァプールに宿泊できる場合は、郊外へでかけてみることをおすすめします。
北部イングランドならではの、雄大な自然を堪能することができます。

photo by iStock