運河が交差する絶景都市、イタリア・ベネチアで見るべき観光スポット5選

イタリア共和国の北東部に位置する都市、ベネチア。中世にはベネチア共和国の首都として栄え、「アドリア海の女王」「水の都」「アドリア海の真珠」などと呼ばれた、中世の面影を残す美しい都市です。大小の運河が張り巡らされた都市は、細い路地が多いため車両の乗り入れが一切禁止。市民は、水上交通を使いこなして生活しています。その雰囲気は日本での生活とは全く違う、まさに異世界に訪れたような感動があることでしょう。年間1200万人もの観光客が世界中から訪れる、大人気の観光地であるベネチアから、絶景を楽しめるスポット5選をご紹介!

イタリア・ベネチアってこんなところ

イタリア・ベネチアってこんなところ

Veneziaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Venezia
住所 Venice, Italy
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Venice
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベネチアを代表する大運河!カナル・グランデ

ベネチアを代表する大運河!カナル・グランデ
カナル・グランデは、ベネチアを2つに分けるようにしてS字に流れる運河。
川沿いには12~17世紀にかけてのゴシック様式の建物がズラリ。
当時の歴史、中世の雰囲気を感じることができます。

バスの航路があるため、ゴンドラなどに乗って、運河に架かる4つの橋や、立ち並ぶ歴史的建造物を水上から眺めると、まさに絶景です。

カナル・グランデの住所・アクセスや営業時間など

名称 カナル・グランデ
住所 Venice, Italy
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.turismovenezia.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

土産物屋や大道芸でにぎわう…ベネチアで最も歴史ある橋、リアルト橋

土産物屋や大道芸でにぎわう…ベネチアで最も歴史ある橋、リアルト橋
カナル・グランデに架かる4つの橋のうちの一つで、V字が印象的なデザインと、高い石造りのアーチや欄干が特徴的なリアルト橋。
別名を「白い巨象」とされています。

海抜が高めなこの地域は洪水の被害が少なく、集落が最も早くでき始めた地域なんだとか。
このリアルト橋は、1500年代後半、あのミケランジェロを抑えて設計者に抜擢されたアントニオ・ダ・ポンテによって設計されました。
実用性と芸術性を兼ね備えた橋として、人々に愛されています。

頂上部へ続く3本の歩道がありますが、その中でも中央の歩道の両側には橋の内側を向いた様々なショップが立ち並び、とても賑やか。
ムラーノ製のガラス製品、アクセサリーなど、見ているだけで楽しい工芸品が売られているほか、露店や大道芸人などが、さらに賑やかさに花を添えています。

「水の都」ベネチアを代表するリアルト橋の絶景は、運河から見上げでも、橋の上を歩いてみても楽しめるオススメスポットです。

Ponte Di Rialtoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Ponte Di Rialto
住所 Ponte Di Rialto
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.comune.venezia.it/content/rialto
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

人々の健康を感謝するために建てられた…サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会

人々の健康を感謝するために建てられた…サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会
1630年にベネチアで猛威を振るった黒死病の終焉を聖母マリアに感謝する目的で建てられた、比較的新しい教会、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会。
白く美しい外観で、周りには約100体の彫刻が配置されるなど、豪華な装飾が目を引きます。
内部にも、有名な画家による絵画など芸術作品の展示があり、外から見ても中から見ても絶景を堪能することができる人気スポット。

南西部に位置しているため、日暮れ時に訪れると、白い教会のバックに見える夕焼けがとても美しいと評判です。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂
住所 Campo della Salute snc, Venezia, Italy
営業時間・開場時間 現地時間9:00-12:00、15:00~17:30
利用料金や入場料 聖具室1.50ユーロ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベネチアの玄関口、サン・マルコ広場

ベネチアの玄関口、サン・マルコ広場
ベネチアの玄関口と呼ばれ、回廊のある建物に囲まれた、「世界で最も美しい広場」ともいわれる観光名所。
かつてはナポレオンも「屋根のない宮殿」と称賛した美しさを持った広場です。

周囲には、ベネチア・ゴシック様式を代表する建造物であるドゥカーレ宮殿や、ベネチアで最も有名な寺院とされるサン・マルコ寺院など、ベネチアを代表する美しい建物が並び、見所十分な絶景ポイントです。

 

Piazza San Marcoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Piazza San Marco
住所 Piazza San Marco, 31024 Venice, Italy
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E5%BA%83%E5%A0%B4
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベネチアン・グラスの島、ムラーノ

ベネチアン・グラスの島、ムラーノ
日本ではガラスデザイナー大平洋一氏ゆかりの地としても知られる、ムラーノ島。

ベネチアのお土産の定番であるベネチアン・グラスの工場、すべてこのムラーノ島に集中しています。
工場の見学をしたり、併設されたショップでガラス製品を購入することも可能。
ショップに並ぶガラス製品はもちろんのこと、静かな街並みはカラフルで美しく、ベネチア中心地とは違った絶景を楽しむことができます。

Muranoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Murano
住所 Murano, Venezia, Italy
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Murano
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

水路がめぐる水の都…ベネチアならではの絶景を堪能しよう!

世界中から観光客が訪れるベネチアの絶景、いかがでしょうか。
運河が交差し、独特の街並みを形成しているベネチアには、街中に絶景があふれています。
水上交通を使いこなし、日本とは全く違った歴史や文化を持つベネチアの旅行を楽しみましょう!日本とベネチアの時差は約8時間。
ベネチアの方が遅れています。

年間通して様々なイベントも行われているため、いつ行っても楽しむことができますよ。

photo by iStock