インドの新しい世界遺産、ラジャスタンの丘陵砦群の歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ラジャスタンの丘陵砦群」をご紹介します。

ラジャスタンの丘陵砦群ってこんなところ

ラジャスタンの丘陵砦群の住所・アクセスや営業時間など

名称 ラジャスタンの丘陵砦群
住所 Amer 302001, India
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 500ルピー
参考サイト http://hillfortsrajasthan.nic.in
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

インドの新しい世界遺産!ラージャスターンの丘陵城塞群とは?

インドの北西部にある国内最大規模のラージャスターン州。
砂漠の国と呼ばれる厳しい環境にありながらも、独自の文化を創ってきた力強い州です。

この地の名前は強大な力を持って押し寄せてきたイスラーム勢力と勇敢に戦い勝利した誇り高きヒンドゥの戦士「ラージプート族」から名付けられました。
今回は、ラージャスターン州に2013年に新しい世界遺産として登録された『ラージャスターンの丘陵城塞群』の歴史に少しだけ触れてみたいと思います。

この遺産は、アンベール(ジャイプール)・ランタンボール(ランタンボール)・チットールガル(チットールガル)・ジャイサルメール(ジャイサルメール)・ガグロン(ジャラワール)・クンバルガル(メワール)の6つの城砦から構成されています。

メーワール王国の首都として君臨した城と広大な敷地を持つ15世紀の山城

ラージャスターンは8世紀後半から11世紀初頭まで北西インドを支配した、プラティーハーラ朝の時代に大きく繁栄を遂げたといわれています。
この時にラージャスターンの丘に堅固な城塞が築かれました。

ペルシアやイスラム帝国など強国からの侵略の危機にあったラージャスターンは、強靭な武力を身につけて高い地位を持った後、インドの広域を支配する巨大勢力の中心と成長しました。

7世紀に建造されたチットールガル城は、9世紀から長い間メーワール王国の首都として君臨した城です。
ムガル帝国のアクバル(在位1556年-1605年)がラージャスターン侵攻を試みますが、抵抗を貫きメーワール王国を建国したのがパッパ・ラワルです。

長く戦いの末この城は、皇帝アクバルに落され廃墟となりました。
チットールガル城が陥落した後の、1443~1458年にラーナー王よって建てられたメーワール王国の城砦クンバルガル城。
1周が10kmを超える城壁内は広く、宮殿以外にヒンドゥ教やジャイナ教寺院が現在も数多く残っています。
このメーワール王国だけはムガル帝国から独立を維持し、17世紀初めまで続きました。

マハラジャの栄華を偲ぶピンクシティ

サワーイー・マードープル県の都市サワーイー・マードープルに位置する、10世紀に建造のランタンボール城はデリースルターン朝と熾烈な戦いを繰り広げた場所としても知られています。

現在は堅固な城門がずっしりと立ちはだかり、その後にはエレファントゲートやガネーシャゲート、きつい登りの階段の後にまた門というどんな勢力と保った敵が押し寄せても突破することができない、まるでトリックを見ているような砦が続きます。
このような強固な城も1569年にムガル帝国のアクバル帝によって陥落します。
その後、城はアンベール王国に引き渡されてしまいました。

ラージプート族のマハラジャ王が16世紀に築城した6つの城の中で最も有名なアンベール城は、戦いのための城というより、都市機能も備えた王の居宅のための城という役割だったようです。
強固な城砦に比べ内部はイスラム様式の影響を受けたラージャスターン特有の優美なスタイル。
世界で最も美しいといわれる象頭の神ガネーシャが描かれた門やその奥にある貴賓謁見のための勝利の間は必見です。

今も人が住む砂漠の真ん中に建つ城砦都市

小高い丘の上に築かれたジャイサルメール城は、タール砂漠の真ん中に位置するオアシス都市のジャイサルメールにある城です。
この町は夕日が沈むころ全体が黄金色に染まるのでゴールデンシティと称されています。
12世紀にバッティー・ラージプートのラーワル・ジャイサル王が造った城塞都市で、この町のランドマークジャイサルメール城砦は1156年に王によって建設が始められました。
13世紀にイスラーム王朝に滅ぼされました。
アラー・ウッディーン・ハルジー(在位1296-1316年)が城を占領しました。
16世紀後半、ムガル帝国のアクバル皇帝と同盟を結びますが、王の居城として使われ続けています。
その後も城主は変わるものの城が滅びることはなく現在も城内には3000の人々が暮らしています。

ラージャスターンの城砦都市のまとめ

また、ランタンボールから南へ200km、ジャラワールの郊外にあるガグロン城もラージャスターンの城の一つ。
2つの川に挟まれて立ちこの世界遺産の中では、川を防備に使う唯一の水城です。
12世紀に建てられたもので両端には立派な稜堡が張り出しているのが特徴です。
砂漠の多いラージャスターン州には8世紀からラージプート族が住んでいました。
ヒンドゥ教を主とした独自の文化を開いています。
8~13世紀にはプラティーハーラ朝を中心に支配を広げラージプート時代を築きました。

宮殿だけでなく敷地内には寺院や都市機能を備えた城砦は8~18世紀までこの地を治めていたラージプート族の強大な権力を今に伝える大切な遺産となっています。
丘陵地に築かれた堅固な城塞を建て、オアシス都市群を作った彼らの力を見学しに訪れてみませんか?

壮大な歴史を感じて旅をしよう

いかがでしたか。
ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。
「ラジャスタンの丘陵砦群」への渡航をぜひご検討ください。
photo by iStock