こんなに美しい街なのに、民族を引き裂いた戦争が起きたとは…「モスタル旧市街の古橋地区」の歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボから南西70kmにある「モスタル旧市街」をご紹介します。

モスタル旧市街ってこんなところ

モスタル旧市街の住所・アクセスや営業時間など

名称 モスタル旧市街
住所 Mostar, Bosna i Hercegovina
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://worldheritagesite.xyz/contents/stari-most/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エキゾチックという言葉がぴったりの5番目の都市、モスタルってこんな町

モスタルは、クロアチアとセルビアに挟まれたボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボから南西70kmにある、中世にはオスマン帝国の国境として栄えた町です。
ここって本当にヨーロッパなの?と思わせるような、エキゾチックで美しい景色が広がっています。
ヘルツェゴビナ・ネレトヴァ県の県都で最大の都市。
また、ボスニア・ヘルツェゴビナでは5番目に大きな都市です。
モルタルの名前の由来は街の象徴とされる古い橋スタリ・モストと古いトルコ風の家屋群から来ています。
この橋はモスタル旧市街のネレトヴァ川に架かる橋で、悲しい歴史を持つ橋です。
ノスタルジックな雰囲気の石畳の道を歩くと、カトリックの教会とイスラム教のモスクが建っています。

バルカン最強の国家となった中世ボスニア王国

10~12世紀にかけてボスニアの一部が、ブルガリア、セルビア、クロアチア、ハンガリー、ビザンツ帝国から交互に支配されました。
12世紀の後半にクリンという支配者がボスニア中部を統一し中世ボスニア王国を建国しました。
これまでここに住む人たちはセルビア人ともクロアチア人ともわからず暮らしていましたが、これにより自らをボスニア人という立場に置き両民族との違いを意識して生活をはじめました。
中世ボスニア王国は14世紀のコトロマニッチ(在位1322-1353年)の治世にフム地方(後のヘルツェヴィナ)をも支配下に置き、後のボスニアとヘルツェゴビナ統一の基礎を築きました。
この頃隣接するセルビア王国の衰退が始まり、事実上バルカン最強の国家となったのです。

オスマン支配下で都市化してゆくモスタルと有名な橋

その後はっきりした年代などは分かっていませんが、オスマン帝国の支配下にくだります。
このオスマン時代にモスタルは、居住地の都市化が始まり町の象徴とされる美しい石橋が造られました。

これが「スタリ・モスト」です。
この橋が造られたのは1557年。
スレイマン1世が当時あった木製の吊り橋を造り変えるよう命令したのが始まりです。
この橋の建設には約10年もの月日が費やされました。

当時オスマン帝国最高の建築家として知られるミマール・スィナンの門下生だったミマール・ハイルッディンが建築に携わりました。
橋の特徴は中心部が湾曲し、長さ30m、幅8m、川面からの高さ24m。
橋の両端には防衛のための要塞化された塔が備わっています。

この2つの塔は橋の護衛者たちという名がつけられています。
建設当時この橋は世界で唯一のシングル・スパン・アーチだったと考えられています。
これを思うとこんな小さな橋が優れており、大切な役割を担う橋だったなんてと感慨深い気持ちにさせられます。

モスタル最大の繁栄期

また交易ルートの中継地としても発展しネレトヴァ川右岸の居住地が広がり、町には市場や手工業と商業中心地、2つの住居地区が造られました。
これが非公認のヘルツェゴビナの首都モスタルの町の基礎となったのです。
16~17世紀にかけてますます発展したモスタルの人口は1万人に達しました。
18世紀には24のモスクと22のマハラ(近隣住区)があったようです。
19世紀にはオスマンの力が衰え始め、これに代わりキリスト教が主要な役割を担うようになりました。
16世紀に造られたスタリ・モストの西側にはクロアチア系(カトリック教徒)、東側にはイスラム系住民が住んでいました。
モスタルを悲しみの極致へと向かわせる内戦が起こってしまいます。

悲しい歴史を今に伝える町と橋

これが、1992~1995年に起きたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争です。
長い間この二つの町に平和をもたらしてきた橋、1993年11月9日にスタリ・モストも紛争の犠牲になってしまいました。
この橋を破壊したのはクロアチア系の民兵たち。
彼らは、ボシュニャク人の勢力下のネレトヴァ左岸と右岸の小さな勢力を繋ぎ止める橋を意図的に破壊したのです。
2004年に再建され美しい姿を取り戻し、2005年には旧市街地と共に「モスタル旧市街の古い橋の地区」として世界遺産に登録されました。
驚くことにこの橋が当時の技法で再建されるのに1088個の石を使い、1200万ユーロもの費用が費やされています。
こんなに美しい街なのに民族を引き裂いた悲しい戦争が起こった都市とはとても思えません。
よく見ると一部の住宅の壁には銃弾が残り戦争の傷跡も色濃く見えます。
今は活気を取り戻したこの橋では、若者たちによる選ばれたものだけが挑める夏の風物詩「飛び込み大会」も開催されています。
美しい川の景色とトルコ風の家屋、中東の異国情緒を感じられる世界遺産へ訪れてみませんか?

壮大な歴史を感じて旅をしよう

いかがでしたか。
ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。
「モスタル旧市街」への渡航をぜひご検討ください。
photo by iStock