カトリック三大巡礼地として栄えた、フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」をご紹介します。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路ってこんなところ

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
住所 Route of Santiago de Compostela Spain
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/669/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンティアゴ・デ・コンポステーラとは

9世紀に現在のスペインの西の果てにある町サンディアゴ・デ・コンポステーラで、12使徒のひとり聖ヤコブの墓が発見されました。
その墓跡には聖堂が建てられ、その後聖ヤコブの崇拝が広まりスペインのサンディアゴ・デ・コンポステーラは聖地となりました。
礼拝すれば自分自身の負う全ての罪が許されると、11世紀にはエルサレムとローマと共にカトリックの三大巡礼地として栄えました。
この三大聖地の中で、筆頭の聖地はやはりエルサレムです。
なぜならここはイエス・キリストが実際に生活した場所だからです。
しかし、エルサレムという場所は遠すぎるという事で実際に訪れる人はかなり少なかったようです。
ローマはヴァチカンにあった聖人の遺骸を崇めたり、大聖堂を訪れました。
しかし、聖マイユルがイスラム軍に拘束されたりしたことで低迷しました。

フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路のはじまり

フランスでは中世にサン・ジャック(聖ヤコブを意味する)の塔を起点として、「トゥールの道」、「リモージュの道」、「ル・ピュイの道」、「トゥールーズの道」という4つの巡礼路が生まれました。
スペインの聖地を目指す巡礼路には中世さながらの村やロマネスク様式の教会があり、聖遺物を訪ねながら中世の雰囲気を満喫できます。
1998年に世界遺産に登録されています。
スペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」とはベッケンとして扱われています。
巡礼路の宿場、町や村の名前などが書かれた巡礼案内書がありました。
フランス巡礼路は途中が曖昧になっています。
著書はエムリー・ピコーといわれ、中に「我々フランス人」という言葉が何度か出ていることからフランス西部出身者と思われています。
この書が本として完全な形で出版されたのは1882年のこと。
未だに謎多き書ですが、文学的にも美術史や中世の図像学の観点から重要な意味を持つものとして専門家たちも注目しています。

危険を冒しても巡礼する信仰心篤い人々

人々は自らの意思で巡礼の旅に出かけました。
一人で向かうものやグループ、徒歩や馬を使うなど様々な形で、スペインの聖地を目指しました。
自由な形で巡礼を行っていましたが、巡礼者たちはヤコブを表す帆立貝を巡礼のシンボルとして身に着けていました。

道中には盗賊や悪徳商人が出没し危険に満ちた旅でした。
大聖堂の中でさえ、より祭壇に近づこうと信者たちが争い流血沙汰が起きることもよくあったようです。
それでも、人々は何かに導かれるように、聖地を目指して巡礼の旅へと旅経ちました。

多くの巡礼者は名もない一般の人でしたが、中には著名な人々も訪れています。
ル・ピュイの道を951年に巡礼を行ったル・ピュイ司教ゴデスカルクが、最初の巡礼者として知られています。
1125年には神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世の未亡人マティルダが巡礼しました。
1137年に巡礼したアキテーヌ公ギヨーム10世はサンティアゴ・デ・コンポステーラの前で急死しました。

見所がたくさんある巡礼路

4つの巡礼路には、モンサンミッシェルとその湾、ブールジュ大聖堂、ピレネー山脈のモン・ペルデュをはじめ、別件で登録されている世界遺産がたくさんあります。
11~12世紀に建てられた大聖堂などは、当時の姿を残しているものが多く、現在この巡礼地を辿る旅は中世美術の至宝に触れる旅でもありとても魅力的です。
ロマネスク建築の大きな成功の一例とされる巡礼路の教会は、古代後期の建物に起源を持っています。
このロマネスク様式がいつ始まったかはわかっていませんが、11世紀末以前に建てられたコンクのサント・フォア教会が最初の例だといわれています。
巡礼路様式が確立したのは1120年頃。
トゥールーズのサン・セルナン教会とサンティアゴ・デ・コンポステーラどちらが先に建ったかは不明ですが、サン・セルナン教会が有力視されています。

山あり谷あり牧場の景色も楽しめる巡礼の旅

巡礼路沿いの教会には美しいロマネスク様式の彫刻が施されています。
これもまた発祥がフランス南部かスペイン北部か美術史家たちの論争が繰り広げられています。

image by iStockphoto

パリのサン・ジャックから出発するトゥールの道は、ポワティエ周辺に残るロマネスク建築が魅力的。
サント・マドレーヌ・バシリカ聖堂から出発する世界遺産に登録される魅力的な聖堂などが林立するリモージュの道。
4つの道の中でも巡礼路らしい雰囲気を味わえるノートルダム・デュ・ピュイ大聖堂から出発するル・ピュイの道は、オーヴェルニュの山岳地方、ミディ・ピレネーの山あいがある厳しい道のりです。
アルルから出発するトゥールーズの道はピレネー山脈にあるソンボール峠を超える陽光溢れる南仏の道を辿ることができます。

歩き通しでも2か月はかかる巡礼の道。
この道を歩くと聖ヤコブへの思いを胸に秘め巡礼した、旅人たちの思いが伝わってきます。

壮大な歴史を感じて旅をしよう

いかがでしたか。
ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。
「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」への渡航をぜひご検討ください。
photo by iStock