リゾート地ではなく太平洋戦争の激戦地としてのサイパンを知る

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はアメリカのサイパンをご紹介します。

サイパンってこんなところ

日本から一番近い英語圏のサイパン

北マリアナ諸島の政治・経済の中心地で首都のススペや最大の都市ガラパンを有する島です。
マリアナ海溝の近くに位置し、透き通った海水と美しいラグーンに囲まれたリゾート地。
海の美しさはもちろんですが、サイパンの魅力はカラフルに咲き誇る花々や日本では目にしない鳥たち、ジャングル、洞窟、戦争の跡地など、小さな島ではローカル色豊かな観光地がたくさんあることです。
常夏の島サイパンでは、気温や湿度の変化がほとんどなく、一年中海遊びを満喫できます。
ちょっと驚くことに年間の平均気温の差がないことで“ギネスブック”に登録されている島です。
エメラルドグリーンの海、どこまでも続く白い砂浜、灼熱の太陽が素敵なサイパンの歴史について少しだけ触れてみたいと思います。

チャモロ人が住み始めて始まったサイパン

サイパンを有する北マリアナ諸島に古代チャモロ人が住み始めたのは、紀元前1500年ごろです。
インドネシアやフィリピンからカヌーに乗って移住してきたようです。
800年頃にはかつて家の柱だったとの説が残る、ラッテ・ストーンが造られました。

マリアナ諸島の至る所で発見されていますが、その最大規模の遺跡はテイアン島のガタ遺跡です。
1521年3月6日に大航海時代のポルトガの探検家マゼランがマリアナ諸島を発見したことで、ヨーロッパの歴史に初めてこの島々が登場しました。
このマゼランはスペインの援助を受けて世界一周の航海の途中でこの島々を見つけたのです。

これ以降スペインを始め、ボルトガル、イギリス、オランダ島などの探検家たちが訪れるようになりました。
その後、1565年にスペインを征服した、「ミゲル・ロペス・デ・レガスピ」がグアムに到達し、マリアナ諸島をスペインの領有と正式に宣言しました。
ここから約300年にも及ぶスペインによる、マリアナ諸島統治時代が始まります。

スペインによるマリアナ諸島統治時代

1668年にはグアムに宣教師ディエゴ・ルイス・デ・サン・ヴィトレス率いるイエズス会の一行がカトリック布教のために訪れます。
実はマリアナ諸島という名前は、この宣教師がスペイン王フェリペ4世(在位1621-1665年)の王妃マリアナからとって17世紀初頭に名付けたものです。
マリアナ諸島全体のキリスト教化が始まると、初めは順調に進みましたが、神父たちが先住民の生活を干渉するようになり、島民の反感を抱くようになりました。
1670年1月にサイパン島で大事件が起こりました。
先住民による伝道師殺害事件です。
1668年から十数年に及ぶスペイン・チャモロ戦争が始まりました。
スペイン軍は先住民を大量虐殺したのです。
この結果チャモロ人は激減し、先にサイパンへ集められていたマリアナ諸島のチャモロ人と共にグアムへ強制移住を強いました。
これによりサイパンは一時無人島になりました。

サイパン島の復活とドイツや日本の領地となったサイパン

リアナ諸島はドイツへ売却されました。
ここから15年間のドイツ統治時代がはじまります。
ドイツは島を放置し流刑地にしました。
1914年の第一次世界大戦では、ドイツの連合国側に就いた日本がサイパンを実効支配下に置きます。
戦後は国際連盟の委任統治領となり、都市開発や産業振興、教育が急速に行われました。
また、南洋庁サイパン支庁が置かれ内地から南洋への玄関口とし、貿易の中継点として発展させたのです。
現在もサイパンには砂糖王公園やシュガートレインなど当時の遺構が残されています。

第二次世界大戦では日本軍司令部が置かれ、アメリカと日本軍の激闘の舞台となりました。
多くの民間人が犠牲になり、各地に傷跡が残されています。
1947年には国際連盟の委任統治領が太平洋諸島信託統治領となり、1981年には北マリアナ諸島としてアメリカ合衆国の自治領に置かれました。

絶景スポットが多く点在するサイパンの今

日本からやって来る戦没者慰霊団の宿泊施設として、1977年にハファダイビーチホテルが創業しました。
1980年代には日本人のデペロッパーからの投資が活発に行われ、多くのリゾートホテルやゴルフ場が建設されました。
日本人のリゾート渡航先の多様化が進み日本からの観光客が激減しました。
現在、北マリアナ諸島は連邦化され、アメリカ憲法の保護を受けています。
かつて疫病、カトリック宗教への改宗、戦争などにより、サイパンのチャモロ文化も大きく変わってしまいました。
しかし、古代からの伝統や習慣も多く残され、伝統舞踏や工芸、カヌー作りなど生活の一部になり、サイパンにはチャモロ文化が今でも息づいています。

さまざまな歴史を背負ってしまったサイパンですが、美しい海を始めバラエティに富んだ楽しみ方が詰まったリゾートです。
プンタン・サバネタやキャピトル・ヒル、アメリカン・メモリアル・パーク、カラベラ・ケーブ、砂糖王公園など、様々なサイパンの歴史に触れる観光もプランニングしてみてはいかがでしょう。

壮大な歴史を感じて旅をしよう

いかがでしたか。
ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。
サイパンへの旅行をぜひご検討ください。
photo by iStock