ヨーロッパ随一の美しさを誇るオーストリア「ウイーン歴史地区」の歴史もおさらいしておこう

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ウイーン歴史地区の歴史」をご紹介します。

ウイーン歴史地区の歴史ってこんなところ

ウイーンとオーストリアの歴史

ウイーンは紀元1~2世紀にローマ帝国の宿営地ウインドボナがあったのが始まりで、今でも紀元180年にここでなくなったマルクス・アウレリウスの名がついた通りが残っています。
1155年ハーベンベルグ家がここに都を移し、1282年にハプスブルク家の支配下に入りその領土の拡大に伴いウイーンの街に貴族文化が栄えることになりました。
しかし地理的に中央ヨーロッパにあったため、プロテスタントとカトリックの戦争に巻き込まれたり、オスマン帝国の包囲を二度も受けたり、常に厳しい戦乱の影響を受けてきました。

そして大国として複雑な民族紛争をかかえたまま、第一次世界大戦,第二次世界大戦の敗戦国になったため、民族自決の原則によりチェッコスロヴァキア、ポーランド、セルビア、クロアチア、ルーマニア、ハンガリーなど多くの国々が独立したため、今では人口850万人で面積は北海道とほぼ同じ約8万平方キロメートルの永世中立の共和国になりました。

ウイーンの発展を支えたハプスブルク家の王宮(ホーフブルク)

13世紀後半に作られ以後増改築を繰り返して600年以上王宮として使われてきたため、18の棟が複雑に入り組み2500以上の部屋があります。
この中にはハプスブルク家の集めた豪華な食器類のコレクション、皇帝や妃たちの居室や衣類、また貴重な財宝を集めた宝物館などがあります。

スイス宮と王宮礼拝堂~鮮やかな赤と黒のスイス門を入ると、13世紀末に建てられ王宮の警護に当たるスイス衛兵の宿舎であったため、スイス宮と呼ばれる建物があります。
中庭をはさんで王宮礼拝堂があり、1498年に創設されたウイーン少年合唱団と伝統あるウイーン・フィルのメンバーによるミサの演奏が行われています。

スペイン乗馬学校~1572年創設の世界で最も古い乗馬学校で、最初はスペイン種の馬を入れたことからこの名がつきました。
優雅にワルツのステップを踏む朝の調教見学が見ものです。

国立図書館プルンクザール~18世紀後半に王宮図書館として建設されたためひときわ豪華なホールがあります。

ウイーンの中心にそびえるシュテファン大寺院

この大寺院は1150年頃ロマネスク様式の寺院として建設され始め、14~16世紀にゴシック様式に改築されました。
有名な音楽家モーツァルトとウエーバーの結婚式と葬儀がとり行われたのもこの寺院です。

1359年に完成した南塔は高さ137mあり、343段の階段を通って見張り台まで登ることができます。
また、エレベーターで上がることのできる北塔には、1683年オスマン帝国軍が残していった大砲などの武器類を溶かして造った「プムメリン」という大きな鐘があります。

カタコンペ(地下墓所)~ここにはハプスブルク家の人々と歴代の司教の遺体と1679年にヨーロッパ中にペストが蔓延した時にウイーンで15万人もの人がなくなり、その時の2000人の遺体が埋葬されています。

人々に愛されているウイーン国立歌劇場(オペラ座)

1859年皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が、市内区と市外区をはっきりと分けていた城壁をとりこわして、中心部をリング通りという大きな道路で囲む大規模な都市再開発を行いました。
この時にウイーン国立歌劇場のほかにウイーン市庁舎、ブルク劇場など多くの建物が建設され、ウイーンの大都市化が進むことになりました。

この劇場は1869年に開場され、最初の公演はモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」でした。
その後多くのオペラや喜歌劇といわれるオペレッタまで上演されてきましたが、第二次世界大戦で爆撃されたため多くの舞台装置、大道具、小道具、衣装などが焼失してしまいました。

1955年客席数2200で再建されたこの歌劇場は、ベートーヴェンの「フィデリオ」で幕を開けました。
今でも大人気で、定期公演の会員権が親から子へと引き継がれ、なんと会員の平均年齢110才というジョークがあるそうです。

皇帝家族の離宮シェーンブルン宮殿

17世紀初頭に狩猟用の館として建設され、その後歴代皇帝が離宮として増改築を繰り返し行いました。
1743年に女帝マリア・テレジアが大改築を行い、5男11女の子供たちと一緒に幸せな家庭生活を送りました。
その後子供たちは結婚政策により各地のブルボン王家の一族と結婚させられましたが、フランス国王と結婚したマリー・アントワネットにとってはフランス革命による死刑という不幸な結果になりました。

この宮殿は「テレジアン・イエロー」と呼ばれる黄色い壁になっています。
マリア・テレジアが黄色が好きだったわけではなく、宮殿の塗装を決めるとき夫フランツが「金色」にしようといったけど予算がなく、彼女が黄色に決めたからだそうです。
いまになってみればなかなか味がある色だと思えますね!

この宮殿は世界遺産ですが、1441室の内約160室が市民の住宅として貸し出されています。
また2014年から宮殿の一部がホテルに改造されているそうです。
これも規模が大きいからできることで、日本ではとうてい考えられないことですね!

壮大な歴史を感じて旅をしよう

いかがでしたか。
ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。
「ウイーン歴史地区の歴史」への渡航をぜひご検討ください。
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ