夏の京都はここに行くべき!五感で涼を感じられる絶景&観光スポット5選

これぞ日本の夏!今年の夏は「涼」を求めて京都へ出かけませんか?京都には五感をフルに刺激して、夏を涼しく過ごせるスポットが沢山あります。今日は、その中から最もおすすめの5つのスポットをご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

京都と言えば…

京都と言えば…
京都というと、桜の季節、紅葉の季節が特に人気ですが、夏に涼を感じられる人気のスポットも多くあります。
京都の夏は、五山送り火(大文字の送り火)や祇園祭だけではありません。

貴船の川床の住所・アクセスや営業時間など

名称 貴船の川床
住所 京都府京都市左京区鞍馬貴船町
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://kyoto-design.jp/special/kibune
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

京都の夏の風物詩 京の七夕

京都の夏の風物詩 京の七夕
京の七夕というイベントは、堀川、鴨川の2つの会場と、9つの寺院(清水寺、高台寺、圓徳院、六道珍皇寺、晴明神社、貴船神社、石清水八幡宮、八坂神社、北野天満宮)で行われる、京都を代表する夏祭りイベントです。
期間中、ウォーター・アート・プロジェクション(ウォータースクリーンに映像を映し出す演出)や、光のイベントなどが行われます。
※各会場でイベントは異なります。

京の七夕公式サイト

風に揺れる笹の葉は、涼しげです。
写真は、堀川の会場。
七夕の「織姫と彦星」の伝説に沿って4つのエリアが用意されています。
優しい灯りが、夏の夜を演出…しっとりした気分になりそうですね。
「THE 京都」といった感じ。
こんな素敵な夜景を浴衣で歩けば、最高の夏の思い出になりそうですね。

京の七夕の住所・アクセスや営業時間など

名称 京の七夕
住所 京都市内 複数会場あり
営業時間・開場時間 平成28年8月6日(土)~12日(金) 19:00~21:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kyoto-tanabata.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

涼を感じる!貴船の川床

涼を感じる!貴船の川床
京都の夏で人気なのは「納涼床」。
情緒あふれる川床の風景は、夏の暑さを忘れさせてくれます。
写真からは「音」を感じられませんが、この水の音も最高!
なんとも、涼し気な川床ですが、実は、あの大手スターバックスも川床を持つ店舗を展開しているとか…ぜひ、見つけて立ち寄ってみたいですね。
川床では、京料理を中心に、夏の定番「流しそうめん」なども楽しめます。
川の流れる音を聞きながら食べる流しそうめん、思い出に残る事間違いなし!

貴船の川床の住所・アクセスや営業時間など

名称 貴船の川床
住所 京都市左京区鞍馬貴船町 貴船川沿い
営業時間・開場時間 5/1-9/30 / 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://kanko.city.kyoto.lg.jp/eventdetail.php?event_tab=event&eventid=2840&year=2016&month=6&date=
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

京都 下鴨神社 みたらし祭

京都 下鴨神社 みたらし祭
下鴨神社(正式には賀茂御祖神社)内には、御手洗社という社があり、そこで毎年行われる「みたらし祭」では、足を川の水に浸したまま、ろうそくに火を灯し祀ります。
提灯の灯りが綺麗…桜門の朱色が際立ちます。
灯されたろうそく、厳かな雰囲気の中、歩くたびに揺れる水の音が涼しさを演出…。

下鴨神社 御手洗祭(みたらしまつり)の住所・アクセスや営業時間など

名称 下鴨神社 御手洗祭(みたらしまつり)
住所 京都市左京区下鴨泉川町59
営業時間・開場時間 5:30~22時
利用料金や入場料 300円
参考サイト https://www.kyokanko.or.jp/kyogoyomi/07july/gyoji-07july/1298
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夏の庭園が涼し気だと人気 天龍寺

夏の庭園が涼し気だと人気 天龍寺
天龍寺の大方丈の庭園は、縁側から眺めるのが良いでしょう。
緑に囲まれた回廊からの景色も絶景。
畳の部屋は風通しがよく「涼」を感じるには最高のスポット。
あ、ここ天龍寺では、見た目にも涼しい、精進料理をいただくことも出来ますよ。
都会の喧騒から離れ、日本の夏を楽しみに行ってみたくありませんか?

天龍寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 天龍寺
住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
営業時間・開場時間 8:30-17:30
利用料金や入場料 高校生以上 500円 小・中学生 300円 未就学児無料
参考サイト http://www.tenryuji.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

竹揺れる癒しの散歩道!竹林の小径

竹揺れる癒しの散歩道!竹林の小径
日本で竹林と言えばココ!京都にある「竹林の小径」は、揺れる竹の隙間からこぼれる木漏れ日が美しい、緑色の世界です。
嵐山・花灯路というイベントでライトアップされる竹林。
昼間とは違う美しい風景が待っています。
揺れる竹を観ているだけで「涼」を感じる事が出来ます。
人気の観光スポットなので、早朝に行くのがおすすめです。

竹林の小径の住所・アクセスや営業時間など

名称 竹林の小径
住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kyototravel.info/竹林の道
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、旅に出かけよう!

今回は、夏の京都で行くべき観光スポットという事でご紹介してまいりました。
日本の夏は湿気が多く、どうも気持ちよく過ごせない!なんてがっかりすることはありません。
京都で過ごす夏は、そんな日本の夏を最高の物にしてくれます。
昔ながらの五感に働く「涼」を演出してくれるスポットが満載の京都。
今年の夏は、浴衣を持って京都へ行ってみませんか?
photo by PIXTA