住宅街にある城!?目を疑うトロントの城「カーサ・ロマ」とは?

海外にはドイツのノイシュヴァンシュタイン城や中国の紫禁城といった、日本の城とは特徴が全く異なる城がたくさんあります。しかし、アメリカ大陸においては、城があるというイメージは全く無いのではないでしょうか。今回は、そのようなイメージを覆す隠れた観光スポット「カーサ・ロマ」について紹介します。

観光スポット盛り沢山の街

観光スポット盛り沢山の街
今回紹介するカーサ・ロマがある場所は、カナダの一大発展都市トロントです。
この街は壮大なスケールのナイアガラの滝や街中を見渡せるSNタワーなど観光スポットが多く存在します。

二度見してしまう衝撃

二度見してしまう衝撃
トロント市内の落ち着いた住宅街の中に目立つような場所にあるカーサ・ロマ。
おそらくこの城のことを知らない人は、アメリカ大陸が城があるという衝撃で二度見してしまうことでしょう。

自然に囲まれた丘

自然に囲まれた丘
小高い丘の上に城があり、その周辺は綺麗な緑の木々や、管理されている花が咲いています。
城に入る前に、周辺を散歩し、トロントの自然を観察してみるのも良いかもしれません。

英語分からなくても楽しめる案内

英語分からなくても楽しめる案内
中へ入る入場料は有料ですが、日本語によるオーディオガイドをレンタルすることができます。
ガイドのおかげで、じっくりと城の歴史といったことを学びながら見ることが出来ます。

豪華でロマンチックな部屋

カーサ・ロマの部屋はヨーロッパにある城とは引けをとらない豪華さとロマンチックさを兼ね備えています。
そのため、映画の舞台としても使われており、女性にはたまらないスポットでしょう。

お洒落すぎる図書室

内部の中で、1番の見どころはお洒落な図書室です。
部屋の壁一面に本棚が並んでおり、シャンデリアの照明によって、何時間でもくつろげそうな空間となっています。

大富豪による夢の城

大富豪による夢の城
そもそもこの城は、1900年代にナイアガラの滝を活かした水力発電で財を成したヘンリー・ペラット卿によって建てられた家であり、城の歴史としてはまだ浅いといえます。
しかし、一体どれほどの建設費用がかかったのか気になりますね。

セレブの証でお馴染みのアレ

内部の装飾からでも、いかにペラット卿がセレブだったのか理解することは出来ますが、ある部屋にはセレブの証ともいえる虎の絨毯があります。
映画やアニメではよく見かけますが、実際なかなか見たことある人は少ないのでは無いでしょうか。

誰もが憧れる城での結婚式

カーサ・ロマはコンサートや結婚式の会場として貸し切ることもできます。
特に結婚式としては世界中のカップルが利用しており、参加者にとっても一生忘れられない思い出となります。

建国150周年に向けて

建国150周年に向けて
カナダは来年2017年に建国150周年を迎え、国立公園の無料化といった様々な観光イベントを実施する計画を建てています。
もちろん今年訪れるのもいいですが、来年訪れるとさらにカーサ・ロマだけではなく、カナダ全体を楽しめることでしょう。

カーサ・ロマでどんな思い出を作りますか?

いかがでしたでしょうか。
トロントの観光スポットとしてはまだまだ知名度は高くないですが、豪華な内装やイベンドなど様々な思い出を作ることが出来ます。
最寄り駅から徒歩10分とそこまでアクセス面も悪くないため、是非トロント観光の際には訪れてみましょう。
また、カーサ・ロマでイベンドを計画してみるのも素敵な思い出となることでしょう。
photo by iStock