アムステルダムやっぱ美しすぎて癒やされるわぁ~な観光スポット5選

アムステルダムはオランダ最大の都市で、商業や観光がとても盛ん。地名は、「アムステル川のダム(堤防)」という意味を持っており、その名の通りの水の都です。13世紀にアムステル川の河口にダムを築いたことで町が構成され始め、16世紀には運河貿易の港町として発展を遂げました。アムステルダム中央駅を中心として市内を網目状に走る運河、その周りに立ち並ぶかつての豪商の邸宅など、数々の観光名所があるアムステルダム。オススメの観光スポット5選を紹介します。

オランダと言えばチューリップ!キューケンホフ公園

オランダと言えばチューリップ!キューケンホフ公園
オランダと言えば、チューリップ畑をイメージする方も多いのではないでしょうか。
そんな期待に応えてくれるのが、キューケンホフ公園です。
32ヘクタールの敷地内に、700万株ものチューリップ、スイセンやヒヤシンスなどの球根花が美しく咲き乱れます。
開園はまさに花の季節である春、3~5月の間ですが、その期間中は常に花が絶えないように、工夫されて栽培しています。
その光景はまさに絶景で、世界中からの観光客の心に感動を与えてくれます。

Keukenhofの住所・アクセスや営業時間など

名称 Keukenhof
住所 Stationsweg 166A 2161AM Lisse
営業時間・開場時間 2017年3月23日-5月21日のみ営業
利用料金や入場料 大人16ユーロ 4歳-11歳8ユーロ (2016年の価格)
参考サイト http://www.keukenhof.nl/nl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

クルーズで絶景を楽しめる、アムステルダムの運河

クルーズで絶景を楽しめる、アムステルダムの運河
アムステルダムにはその歴史上、町中に運河が流れています。
運河の両岸には、オランダならではの石畳と建造物が織りなす景色が、まるで絵画のように美しく広がっています。
昼間はもちろん、夜景もとても美しく、クルーズ観光にうってつけ。
アムステルダムならではの素敵な絶景を堪能することができますよ。

アムステルダムの運河の住所・アクセスや営業時間など

名称 アムステルダムの運河
住所 Stadhouderskade 550 1072 AE Amsterdam Netherlands
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Canals_of_Amsterdam
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

画家の息遣いが聞こえてきそう?レンブラントの家

画家の息遣いが聞こえてきそう?レンブラントの家
レンブラントは、同じくオランダのフェルメールらと並ぶバロック絵画を代表する画家のひとりであり、ヨーロッパ美術史の重要人物。
夜警(1642)やテュルプ博士の解剖学講義(1632)などが代表作です。
そんなレンブラントが全盛期に暮らした家が公開されています。
17世紀の家具や調度品、芸術作品、レンブラントのオリジナルのエッチング作品からその弟子達の作品などが展示され、建物がまるごとで芸術を味わうことができます。
絵画作品はもちろん、その作品が生まれた背景にも心を寄せながら絶景を楽しみましょう。

Museum Het Rembrandthuisの住所・アクセスや営業時間など

名称 Museum Het Rembrandthuis
住所 Jodenbreestraat 4-6, 1011 NK Amsterdam, The Netherlands
営業時間・開場時間 現地時間10:00-18:00
利用料金や入場料 13ユーロ
参考サイト http://www.rembrandthuis.nl/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゴッホ絵画をじっくりと鑑賞できる、国立ゴッホ美術館

ゴッホ絵画をじっくりと鑑賞できる、国立ゴッホ美術館
フィンセント・ファン・ゴッホ、言わずと知れた有名画家ですね。
代表作は星月夜(1889)や夜のカフェテラス(1888)など、数多くの傑作を生み出しながら、なかなか認められず波乱の人生を送ったことでも有名。
そんなゴッホの作品を中心とした美術館が、国立ゴッホ美術館です。
同時代に活躍したゴーギャンらの作品や、ゴッホが愛した日本の浮世絵、熱心に模写していたミレーなどの作品も多く展示されています。
ゴッホの作品のみの展示に限らず、19世紀を中心とした近代美術の展示・研究機関となっており、そういった作品の展示会も開催されます。

1973年に、ゴッホ財団およびアムステルダム市の協力により開館し、訪れる多くの人がゴッホの描く絵画の世界に絶景を観ています。

Rijksmuseum Vincent Van Goghの住所・アクセスや営業時間など

名称 Rijksmuseum Vincent Van Gogh
住所 Museumplein 6, 1071 DJ Amsterdam, The Netherlands (Museum Quarter (Museumkwartier))
営業時間・開場時間 金 午前 10:00 – 午後 10:00  土 – 木 午前 10:00 – 午後 6:00
利用料金や入場料 大人17ユーロ  18歳以下 無料  Museumkaart holders 無料  CJP card holders 14ユーロ
参考サイト https://www.vangoghmuseum.nl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アムステルダムで最も有名な橋、マヘレの跳ね橋

アムステルダムで最も有名な橋、マヘレの跳ね橋
多くの川が交差するアムステルダムには、橋も多く建設されています。
その中でも最も有名なのが、マヘレの跳ね橋。
アムステル川にかかる跳ね橋は、1671年に建造された、街唯一の木造の跳ね橋として、観光地としても有名になりました。
普段は、クルーズ船など、橋の桁より低い船が行きかっていますが、時に高い船が通った時に、橋が跳ね上がります。
船が通っている間は橋の通行人は橋が元に戻るのを待つことになるんですね。
そんな光景も、普段日本で見る機会のない、レアな光景。
そして夜は多くのライトで照らされ、川に反射してキラキラ光る様子がとても美しく、人気の絶景スポットになっています。

Magere Brugの住所・アクセスや営業時間など

名称 Magere Brug
住所 Nieuwe Kerkstraat, Amsterdam, The Netherlands
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.amsterdam.nl/kunst-cultuur/monumenten/beschrijvingen/magere_brug/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

運河の街が生んだ絶景を堪能!アムステルダムの観光の魅力

いかがでしたか。
運河が交差する土地ならではの文化が生んだ美しい街並みや、芸術家が生み出した作品の数々など…何日いても足りないくらい、個性的な絶景が存分に楽しめるアムステルダム。
運河をはしる遊覧船で美術館を巡ることができる、観光客に嬉しいなミュージアムポートなどもありますよ。

日本からアムステルダムまでは成田、関空、福岡から直行便が就航しているほか、ヨーロッパ内都市からも多数の便が出ています。
日本との時差は約8時間で、アムステルダムの方が遅いです。

 

photo by iStock