見るだけでおしゃれな気分になれる!イタリア・ミラノの美しい絶景スポット

おしゃれの国イタリアにおいて、特にファッションの魅力にあふれている街と言えばミラノです。伝統的な建物が残っていたり、博物館や美術館、教会などもあり見所の多い街でもあります。そんなミラノでぜひ見ておきたい観光スポット6選を紹介します。

ミラノのシンボル・ミラノ大聖堂

ミラノのシンボル・ミラノ大聖堂
ミラノのランドマーク的存在と言えば、「ドゥオーモ」とも呼ばれているミラノ大聖堂です。
ミラノの街の中心ドゥオーモ広場に面して建っています。
世界最大級のゴシック建築としても有名で、高い天井とステンドグラスが美しく輝きます。

135本の尖塔の先にはそれぞれ聖人が立っており、一番高い尖塔には金のマリア像が。
かつてはこのマリア像よりも高い建物を建ててはいけないと言われていたのだとか。

Duomo di Milanoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Duomo di Milano
住所 Piazza del Duomo, Milano,
営業時間・開場時間 8:00-19:00
利用料金や入場料 入場料:2ユーロ、ドゥオモパス:15ユーロ(エレベータ)、11ユーロ(階段使用)
参考サイト http://www.duomomilano.it/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

圧巻のフレスコ画に感動・サン マウリッツィオ教会

圧巻のフレスコ画に感動・サン マウリッツィオ教会
ミラノに於いてミラノ大聖堂と並ぶほどの人気を誇るのが、サン マウリッツィオ教会です。
1504年から現在までそのままの姿で残っており、「ミラノの秘められた宝物」との異名も持ちます。

外観は比較的シンプルですが、一歩中へ足を踏み入れると、壁中に埋め尽くされたフレスコ画に圧倒されるはずです。
聖書をモチーフに描かれているため、事前にストーリーを知っておくと、より理解と感動が増すでしょう。

Chiesa di San Maurizio al Monastero Maggioreの住所・アクセスや営業時間など

名称 Chiesa di San Maurizio al Monastero Maggiore
住所 Corso Magenta 15,Milano
営業時間・開場時間 火曜-土曜 現地時間9:00-17:30  日曜 現地時間14:00-17:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://it.wikipedia.org/wiki/Chiesa_di_San_Maurizio_al_Monastero_Maggiore
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

かの有名絵画が見られる・サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

かの有名絵画が見られる・サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の目玉と言えば、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の「最後の晩餐」が見られることです。
一度に入場できる人数が決まっており、鑑賞時間も15分と短いですが、かの有名絵画の実物が見られるとあって人気の高いスポットです。
完全予約制なので、見逃さないように事前にしっかりチェックしておきましょう。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
住所 Piazza Santa Maria Delle Grazie 2, Carso Magenta Milan, 20123. Italy
営業時間・開場時間 現地時間8:15-19:30(1/2-12/31)
利用料金や入場料 大人:6.50ユーロ
参考サイト http://www.grazieop.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

願いが叶うモザイク画・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

願いが叶うモザイク画・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア
ドゥオーモ広場の南にあるガッレリアで、大きなガラス天井と床のモザイク画が特徴です。
アーケード中央にあるガラスドームも美しいですが、一番のポイントはその真下。
牛のモザイク画の局部に自分の踵をつけ、3回周りながら願い事をすると、子宝に恵まれるという言い伝えがあります。

アーケード内にはブランド店をはじめレストランやカフェなども多数入っているので、ぶらっとショッピングや食事にもぴったりです。

Galleria Vittorio Emanuele IIの住所・アクセスや営業時間など

名称 Galleria Vittorio Emanuele II
住所 Piazza del Duomo, 20123 Milan, Italy
営業時間・開場時間 9:00-22:00 いくつかのショップは昼休み14:00-16:00、閉店21:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AC2%E4%B8%96%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%82%A2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オペラの由緒正しき聖地・スカラ座

オペラの由緒正しき聖地・スカラ座
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの先にあるのがスカラ座で、世界的にも良く知られている由緒ある劇場です。
周りの建物に比べてそれほど高くないため、外観は地味な印象もありますが、中は絢爛豪華そのもの。
昼間にはオペラ歌手の写真や衣装が数々展示されている博物館が一般公開されていますし、夜には華やかな公演を楽しむことができます。

Teatro alla Scalaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Teatro alla Scala
住所 Via Filodrammatici, 2, 20121 Milano, イタリア
営業時間・開場時間 9:00-12:30 13:30-17:30
利用料金や入場料 7ユーロ
参考サイト http://www.teatroallascala.org/en/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

芸術の要塞・スフォルツェスコ城

芸術の要塞・スフォルツェスコ城
ノルド駅の隣に位置しているセンピオーネ公園の中にあります。
1466年に建築された城の要塞で、かつてはヴィスコンティ家が所有していました。
中は現在さまざまな美術館と博物館として利用されており、ミケランジェロの未完の作「ロンダニーニのピエタ」が見られます。
見ごたえのある美術館や博物館ばかりなので、何館か巡ってみるのも楽しいですね。

スフォルツェスコ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 スフォルツェスコ城
住所 Piazza Castello, Milano Italy
営業時間・開場時間 スフォルツェスコ城博物館:9:00-17:30
利用料金や入場料 スフォルツェスコ城:入場無料   スフォルツェスコ城博物館:5.5ユーロ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%B3%E5%9F%8E
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

隅々までミラノの風が吹く街並み

今回はさまざまな教会や美術館といった、伝統的な建物を中心に紹介しました。
ミラノには他にも下町情緒の残る街並みが美しいナヴィリオ地区や有名サッカースタジアムなど、新旧さまざまな見どころが詰まっていますので、滞在できる期間に合わせてあちこち散策してみましょう。
photo by iStock