女王殿下の宮殿。バッキンガム宮殿の楽しみ方

ロンドンでも人気の観光名所の一つ、バッキンガム宮殿。現在も英国王室の住居であり、かつ公務もとり行われています。そんなバッキンガム宮殿の見どころポイントについてまとめました。

そもそもバッキンガム宮殿ってどんなところ?

そもそもバッキンガム宮殿ってどんなところ?

image by iStockphoto

1703年にバッキンガム公ジョン・シェフィールドが自らの邸宅として桑畑を購入して建てたバッキンガムハウスが始まりであるとされています。
当初は煉瓦のみで建てられた素朴な邸宅でしたが、1761年にジョージ3世が家族のために譲り受けて私邸として使うようになり、王室の所有となりました。
その後王位を継いだジョージ4世はレンガ造りだったバッキンガムハウスを1825年から12年にかけて全面改築しました。
それまでルネッサンス様式だった建物がネオクラシック様式になったのがこのころです。
1837年ヴィクトリア女王の即位の際に女王はセントジェームズ宮殿から移り住んだため、以後バッキンガム宮殿は英国王室の公式の宮殿になりました。

バッキンガム宮殿の見どころをおさえるためには?

バッキンガム宮殿の見どころをおさえるためには?

image by iStockphoto

バッキンガム宮殿にはさまざまな見どころがありますが、近衛兵の交代式など外から見られるもの以外は基本的に有料であったり公開期間が限られていることもあるので、事前にチケットを予約しておきましょう。
予約はホームページや旅行会社から申し込むことができます。

バッキンガム宮殿の見どころスポット①近衛兵の交代式

バッキンガム宮殿の見どころスポット①近衛兵の交代式

image by iStockphoto

宮殿の正面広場、午前11時半から正午頃までに宮殿に行くと、衛兵交代式が行われます。
多くの人が詰めかけるので、10時半ごろに場所を抑えておくのがおすすめです!

バッキンガム宮殿おすすめスポット②バッキンガム宮殿内部

バッキンガム宮殿おすすめスポット②バッキンガム宮殿内部

image by iStockphoto

気になるバッキンガム宮殿内部ですが、公開期間と入場料は毎年異なるので、事前にチェックしておくことが大切です。
毎年イーストギャラリーでは特別展が行われており、2011年のロイヤルウェディング年にはキャサリン妃のウェディングドレスが飾られました。
他にも英国王室に関係する品々を目にすることができます。

バッキンガム宮殿おすすめスポット③ロイヤルミュウ

バッキンガム宮殿おすすめスポット③ロイヤルミュウ

image by iStockphoto

ロイヤルミュウは王族が使用する馬車や車の所蔵庫です。
ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚パレードで使用された馬車も展示されています。
こちらもチケットが必要なので、事前にチェックを!

バッキンガム宮殿で英国王室の歴史を感じよう。

いかがでしたでしょうか。
レンガ造りの建物から始まったバッキンガム宮殿。
今は毎日のように人々が訪れる英国王室の人気を示す場所になっています。
見どころを制覇するためにも、ぜひチケットの購入は忘れずに!
photo by iStock