アメリカの「フロリダ」がリゾート地になるまでの紆余曲折

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「アメリカ合衆国・フロリダ」をご紹介します。

フロリダってこんなところ

フロリダってこんなところ

陽気な州フロリダは楽しさがギュっと凝縮したリゾート

陽気な州フロリダは楽しさがギュっと凝縮したリゾート
アメリカの南東部に位置する、フロリダ。
アメリカ随一のリゾート地で誰もが行ってみたいという、観光名所がいっぱいあり、アメリカ人が老後に住んでみたい州の一つにも選ばれています。

ジャクソンビルからマイアミの間には、オーランドのユニバーサルやディズニーワールドなど20以上のテーマパークがあり、ケネディ宇宙センターやフロリダ湾など魅力的なスポットが満載です。
カリブ海を満喫できるショートクルーズや世界遺産の大湿原では神秘的な池でダイビングが満喫でき、遊びたいものが全て揃っています。
半島いっぱいに魅力が詰まったリゾート地、フロリダの歴史に少しだけ触れてみたいと思います。

全てがビッグなアメリカのリゾートフロリダの始まり

全てがビッグなアメリカのリゾートフロリダの始まり
アジアから北アメリカに渡ってきた、パレオ・インディアンが14000年前に入ってきたことでフロリダが始まったといわれています。
今より海面が100mも低かったため土地は今の2倍もあったといわれています。
多くの地域では淡水がなく、暮らすことが難しかったようで、川床の水たまりや陥没穴、集水域周辺で当時の遺跡が発見され、遺物が出土しています。

紀元前8000年頃には氷河期が終わり、フロリダは現在のような温暖な気候になり海面も上がりました。
人口も増加し、住める土地も増えたことで全地域に住めるようになります。
ヨーロッパが最初に接したのは古期以降。
メキシコ湾岸の中部はミシシッピ文化の影響を強く受けていることが分かっています。

ヨーロッパ人の到来とスペイン統治時代

ヨーロッパ人の到来とスペイン統治時代
1492年には、コロンブスがバハマのサルバドル島に到着しました。
ここから先住民の悲劇が始まります。
1513年3月にはポンセ・デ・レオンが不老長寿の泉を求めてやってきたのです。
彼らが着いたところが、今でも古い町並みが残るアメリカ初期の町として知られるセントオーガスティンでした。
ヨーロッパの小都市やパリの並木沿いを思われるエレガントな街です。

1回目に訪れた時は金も泉も発見できず失敗に終わり、1521年に植民地化を目指し再度入植しましたが、インディアンの抵抗にあい、またまた失敗に終わっています。
彼は結局この戦いで命を落としました。
この後は何度もスペインが侵略をしますが失敗し、開拓地を作るも放棄するありさま。
フランスもこの地に興味を持ち侵略を企てます。
フランス人が開拓しカロリーヌ砦(現在はサン・マルコス砦)を造りました。

1565年に今度は、スペイン人のペドロ・メネンデス・デ・アヴィレスがやってきました。
この時に開拓地を破壊し、フランス人守備兵を皆殺しにしています。
これより少しずつスペインによる植民地化が進み、先住民たちの苦悩の日々が始まりました。
大量虐殺やはしか、水痘などの病気と奴隷商人たちによる誘拐など悲劇続きで、先住民は激減しました。
18世紀半ばには全滅したといわれています。

イギリスの台頭と独立戦争

イギリスの台頭と独立戦争
17世紀にはフランス、イギリス、オランダが北米の本格的な植民地化を求めて攻め込んできました。
フランスと手を組んで戦ったスペインがイギリスに敗れ、1763年のパリ条約でイギリスに譲渡されました。
しかし、東部の13植民地からイギリス本国に対する不満の声が上がり、独立戦争へと急速に進んでいきます。
1776年にとうとう独立宣言が発表され、戦争が本格化します。
これによりスペインが西フロリダで勢力を持ちます。
1783年に独立が承認され、パリ講和条約でスペインの領土に戻ってしまいます。
スペインのフロリダ統治はうまくいかずじまい。
合衆国から英国人や黒人、先住民がフロリダに逃亡してきたのです。
合衆国もこの状況をうかがいながらフロリダを併合しようと機会を狙っていました。
1817年アンドリュー・ジャクソン将軍がフロリダに兵を進め先住民と激しく対立し、第1次セミノール戦争で先住民を制圧しました。
1819年、モンロー大統領の時代に、スペインからアメリカ合衆国がフロリダを買収しました。
第二次セミノール戦争でセミノール族が大打撃を受け強制追放後、1845年合衆国の27番目の州となりました。

アメリカ合衆国27番目の州フロリダ

アメリカ合衆国27番目の州フロリダ
フロリダは目覚ましい発展を遂げ裕福になりました。
黒人奴隷を軸としたフロリダの繁栄も長くは続きませんでした。
1861年にリンカーンが大統領となり奴隷制廃止。
それに反対する州は合衆国から離脱し、南北戦争へと向かいます。
フロリダ参戦は短かったものの5000人もの犠牲者を出しました。

アメリカ対スペインの戦争の後、1920年に個人によるフロリダの不動産ブームが押し寄せました。
不動産は急騰し、フロリダの人口と観光客が倍増しました。
優雅なバカンスに憧れる人々は別荘を建てマイアミにはホテルが建ち並び高速道路や国内線の飛行機も登場しました。
しかし1926年の大型ハリケーンで見る方もなくなり急激に錆びれ、ブームに終止符が打たれました。

現在は観光業が基盤となり、テーマパークの集中、避寒地、大リーグの春のキャンプなど賑わいを見せています。
人口も2014年には2万人に迫る勢いです。
世界中の観光客を魅了し続けるフロリダ。
14000年も前にインディアンが住み始めてからの歴史を思い浮かべると少しだけ違った見方ができるかもしれません。

壮大な歴史を感じて旅をしよう

いかがでしたか。
ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。
「★」への渡航をぜひご検討ください。
photo by iStock