シェイクスピアの生まれた町。ストラトフォード・アポン・エイヴォン

イギリスを代表する文豪、ウィリアム・シェイクスピア。ストラトフォード・アポン・エイヴォンはそんなシェイクスピアの故郷でもあります。それだけに子供時代を偲ばせる生家など、シェイクスピアゆかりのスポットももりだくさん。そんなストラトフォード・アポン・エイヴォンをご紹介します。

ロンドンからストラトフォード・アポン・エイヴォンへ!

ロンドンからストラトフォード・アポン・エイヴォンへ!

image by iStockphoto

ロンドンからストラトフォード・アポン・エイヴォンへは、ロンドンメリルボーン駅から乗り換えなしで2時間ほどで到着します。
長距離バス(コーチ)でも行くことができ、ロンドンビクトリアコーチステーションより3時間ほどです。

そもそもストラトフォード・アポン・エイヴォンってどんなところ?

そもそもストラトフォード・アポン・エイヴォンってどんなところ?

image by iStockphoto

ストラトフォード・アポン・エイヴォンは、中世から商業都市として栄え、街が設立したのは1196年と非常に歴史ある街です。
ストラトフォードの名前は古英語で、「通り」を意味するストラトと「川」を意味するフォードが組み合わさったものです。
アポンエーボンは「川のほとり」という意味で、エイヴォン川を中心として栄えた場所であることを示しています。

ストラトフォード・アポン・エイヴォンおすすめスポット①バンクロフト・ガーデン

ストラトフォード・アポン・エイヴォンおすすめスポット①バンクロフト・ガーデン

image by iStockphoto

エイボン川の周りは講演のように整備されており、観光客で賑わいを見せています。
そんなエリアの近くにバンクロフトガーデンがあります。
この公園に設置されたシェイクスピアの像は、作品に登場する人物に囲まれるように佇んでいます。

ストラトフォード・アポン・エイヴォンおすすめスポット②シープストリート

ストラトフォード・アポン・エイヴォンおすすめスポット②シープストリート

image by iStockphoto

バンクロフトガーデンから足を進めるとシープストリートにさしかかります。
このシープストリートには様々な時代の建物が残っており、趣深い風情を残しています。
特に注目をあつめるのが、年季の入ったチューダー様式の建物。
実は英国一の心霊スポットなんです。
現在はお化け屋敷として様々な賞を受賞している有名なアトラクション、ぜひ記念にいかがですか。

ストラトフォード・アポン・エイヴォンおすすめスポット③シェイクスピアの生家

ストラトフォード・アポン・エイヴォンおすすめスポット③シェイクスピアの生家

image by iStockphoto

1564年にウィリアム・シェイクスピアが誕生したのがこの家。
父親は革手袋職人を本業としながらも、羊毛や金貸しで事業に成功し、裕福に暮らしていたようです。
現在では当時の様子を再現した展示を見ることができます。

シェイクスピアの地で英国文学に思いを馳せる。

いかがでしたでしょうか。
ウィリアム・シェイクスピアの生誕の地である、ストラトフォード・アポン・エイヴォン。
シェイクスピアゆかりのスポットはもちろん、お化け屋敷などユニークなスポットもぜひ楽しんでみたいですね。
photo by iStock