アジアの古都、ベトナム・フエで見るべき観光スポット10選

同じアジアといえども世界は広し。歴史的背景や文化であったり、それぞれの国で特色は違うもの。ベトナムのフエは、阮朝時代に中国とフランスの文化が流れてきていたため、東洋と西洋の建物が今でも混在し独特な雰囲気があります。ベトナムの真ん中に位置する古都であり、ビーチリゾートとしても人気のあるフエの町をご紹介いたします。

人々が行き交うフエの町

ベトナムというとこのようにバイクが行き交う道路をイメージする方も多いかと思います。
1台のバイクに2人3人乗りがあたりまえなところに活気を感じてしまいますが、ハノイやホーチミン等の大都市に比べれば、この混雑具合はまだましな方なんだとか。
フエにはレンタルバイクやツアーのお店も多くあります。
小回りの利くバイクで地元の人たちのように颯爽と移動してみませんか。

フエの住所・アクセスや営業時間など

名称 フエ
住所 Huế
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A8
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フエの人々に密接したフォン川

アジアの川にしては綺麗なフォン川。
遊歩道や公園が整備されており、夕涼みや語らいの場として地元の人々の憩いの場ともなっています。
観光客向けに多くのドラゴンボートが岸辺に停泊しています。
ゆったりとフォン川の流れに身を任せてクルーズを楽しんでみては。
ボートで地元の方がお土産物を勧めてくるのもアジアの風情がありますね。

フォン川の住所・アクセスや営業時間など

名称 フォン川
住所 Sông Hồng
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E6%B2%B3
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランスと中国の影響を受けたフエ王宮

見た感想は「ここまで来て良かった!」です。
ベトナムの複雑な歴史や文化を肌で感じることができました。

中華文明を色濃く受け継いだ王宮、フランスに学んだ西洋風の建築物、今現在も再建中の建物もあります。
どれほど中華文明に憧れのようなもの?を抱いていたのか、昔の中国やフランスの影響力がわかります。
とにかく広い敷地で当時の栄華が偲ばれます。
 TripAdvisorより

 

フエ王宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 フエ王宮
住所 Huế, Thua Thien Hue
営業時間・開場時間 現地時間8:00-18:00
利用料金や入場料 21万ドン
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A8
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界遺産にもなっているティエンムー寺

王宮から西に進むと、中国風の塔が見えてきます。
7重にもなる塔は高さ21.24mと下から見上げるとかなりの迫力を感じます。
世界遺産にもなっていることから多くの観光客がここを訪れますが、敷地内のお寺には地元の多くの仏教徒もお参りに訪れています。
このお寺から眺めるフォン川の眺めも最高!

Chua Thien Muの住所・アクセスや営業時間など

名称 Chua Thien Mu
住所 Kim Long St., Hue City, Thua Thien Hue Province
営業時間・開場時間 5:30~17:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://vi.wikipedia.org/wiki/Ch%C3%B9a_Thi%C3%AAn_M%E1%BB%A5
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

水辺の景色に風情を感じるトゥドック帝廟

トゥドゥック帝廟は中国様式にのっとって造られました。
トゥドゥック帝の在位期間に造られたので、どんな目的でこの廟が建設されたかはいまだ分かっていませんが、王宮とは別に長期間滞在用の別荘地として造られたというのが通説です。
廟の中央には大きな湖があり、小船の乗りつけ場もあることから、当時トゥドゥック帝はここでボートに乗って釣りなどに興じていたのではないかと言われています。
 ベトナム在住者によるフエ観光ガイドより

Tu Duc Tombの住所・アクセスや営業時間など

名称 Tu Duc Tomb
住所 Thua Thien Hue,
営業時間・開場時間 夏期:現地時間6:30-17:30,冬季:現地時間7:00-17:00
利用料金や入場料 15万ベトナムドン
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Tomb_of_T%E1%BB%B1_%C4%90%E1%BB%A9c
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

兵士の像が並ぶカイディン帝廟

新市街から6km程離れた郊外にあるカイディン帝の墓。
素朴な色合いから中国風の建物かと思わせますが、実はフランスの建築様式となっています。
これは、カイディン王朝がフランスの影響を受けていたからだと言われています。
しかし、中国文化も残っていたことから帝廟の広場には、兵馬俑のような兵士の像が鎮座しています。

Lang Khai Dinhの住所・アクセスや営業時間など

名称 Lang Khai Dinh
住所 Lang Khai Dinh.Hue
営業時間・開場時間 夏期:現地時間6:30-17:30  冬季:現地時間7:00-17:00
利用料金や入場料 8万ドン
参考サイト https://vi.wikipedia.org/wiki/L%C4%83ng_Kh%E1%BA%A3i_%C4%90%E1%BB%8Bnh
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グエン朝2代目皇帝の墓 ミンマン帝廟

ミンマン帝廟はグエン朝第2代皇帝であり、初代皇帝の第4子だといわれているミンマン帝の墓所なのです。
ミンマン帝廟の見どころは、広大な敷地の中にと、当時の宗主国であった清国の臭いが充満しているところではないでしょうか。
随所に兵や象の石像がありますが、これは霊魂を守っているといわれています。
最も奥の池のそばにはミンマン帝の墳墓があるといわれていますが、一般向けに公開されたことがありません。
 TripAdvisorより

ミンマン帝廟の住所・アクセスや営業時間など

名称 ミンマン帝廟
住所 Hue
営業時間・開場時間 現地07:00-17:30
利用料金や入場料 10万VND
参考サイト http://blogs.yahoo.co.jp/kaientai1867/43597586.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リゾート化されたトンアンビーチ

海に面したフエの町には綺麗なビーチがいくつかあります。
特に綺麗な北部のトンアンビーチでは、ANAのリゾートホテルを始めレストラン等も多く、欧米系の観光客も多く訪れ賑わいを見せています。
まだ人がまばらな朝の散歩も気持ちがいいですし、サンセットタイムを狙って夕日の沈む様子をのんびり眺めるのも贅沢な時間ですね。

トンアンビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 トンアンビーチ
住所 Thuan An Town, Hue Province, Viet Nam
営業時間・開場時間 24時間」
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.vietnamhuekanko.com/見どころ/ビーチ/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トランティエン橋は夜見るのがいい!

フォン川に架かる旧市街と新市街を結ぶ橋のひとつであるトランティエン橋。
昼間はなんてことない古めいた橋ですが、夜になると色とりどりにライトアップされ煌びやかな姿に変わります。
橋のたもとにはアジアならではの夜市が並び、人々がどっと集まり賑やかになります。
ワイワイした雰囲気が好きな人は、ぜひ夜の街へと踏み出してみてください。

トランティエン橋(Trang Tien Bridge)の住所・アクセスや営業時間など

名称 トランティエン橋(Trang Tien Bridge)
住所 トゥアティエン=フエ省
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.huecity.gov.vn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ベトナムの伝統品を見に行こう

新市街南部の郊外では、ベトナムの伝統品を製作する村があります。
ノンラー村ではベトナムの人々が被っている三角の麦わら帽子を、線香村では色鮮やかな線香が製作されています。
ここで作られているのは仏壇に供えるものではなく、アロマとしての香りを楽しむためのものです。
ここでは出来たてのもが売られているので、お土産用に選んでみてはいかがでしょうか。

Hueの住所・アクセスや営業時間など

名称 Hue
住所 Hue,Vietnam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.huecity.gov.vn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゆったりした時間を過ごせるのは古都ならでは

大都市に比べると比較的治安もよく、人々が穏やかなフエ。
大都市よりもディープな古都の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。

今のところ日本からの直行便はなく、ホーチミンやハノイからの乗り継ぎが必要となります。
ベトナムは南北に長い国なので、どちらかの端からスタートしてバスまたは鉄道で街めぐりをするのも楽しそうですね!

photo by iStock