奈良県で楽しむ四季折々の絶景特集

奈良の大仏をはじめとした有名な寺社仏閣が建ち並び、ユネスコの世界遺産にも数多くのスポットが登録されている人気の観光地、奈良。自然も豊かで四季折々の美しい景色が楽しめる場所もさまざまあります。今回はそんな奈良の絶景を紹介します。

奈良に春の訪れを告げる・氷室神社

 

奈良に春の訪れを告げる・氷室神社
奈良でいち早くお花見を楽しみたいときには、氷室神社がおすすめです。
1600年もの長居歴史を持つ氷室神社では、奈良の東山全体の山を守る神様が祀られています。
二月堂のお水取りが終了した3月中旬ごろから桜が咲き始め、奈良に春の訪れを告げる大きな枝垂れ桜が美しく咲き誇ります。
奈良駅からアクセスも良く、周辺には東大寺や奈良国立博物館などもあるので、人気スポットを巡りながら気軽に散策できますよ。

氷室神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 氷室神社
住所 奈良県奈良市春日野町1-4
営業時間・開場時間 4月-10月 6:00-18:00 / 11月-3月  6:30-17:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.himurojinja.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

奈良の定番お花見スポット・奈良公園

 

奈良の定番お花見スポット・奈良公園
奈良公園はたくさんの鹿がいることでも有名な公園で、歴史的にも貴重な文化遺産や大仏がすぐそばに位置する、奈良駅からもアクセスの良い立地となっています。
広大な敷地に約1100頭の鹿が公園内に暮らしており、鹿と一緒にお花見が楽しめるのは日本の中でもここだけです。
小ぶりで上品なヤエザクラが所狭しと咲き誇る、4月中旬から下旬にかけてがベストシーズン。
愛らしい鹿と美しい桜のコラボレーションを楽しんでみてくださいね。

奈良公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 奈良公園
住所 奈良県奈良市登大路町30
営業時間・開場時間 「24時間」
利用料金や入場料 「施設による
参考サイト http://nara-park.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

花火文化の礎を築いた地・吉野川祭り納涼花火大会

 

花火文化の礎を築いた地・吉野川祭り納涼花火大会
奈良から少し南に位置している吉野川は、奈良を代表する大きな清流です。
夏にはラフティングなどのアクティビティが楽しめるほか、吉野川祭り納涼花火大会も開催されます。
打ち上げ数約4000発、人出は約8万人。
規模はそこそこですが、日本の花火文化を作った花火師、鍵屋弥兵衛が奈良の出身ということで、歴史と伝統を感じさせてくれます。
屋台も数多く立ち並ぶ賑やかな雰囲気とともに、川面を流れる灯籠と音楽に合わせて花開く花火、華やかなレーザー光線のコラボレーションが圧巻です。

美しい錦の里・正暦寺

 

美しい錦の里・正暦寺
約3000本もの楓が、正暦寺を含む山に鮮やかな彩りを見せてくれます。
11月初旬から段々と色づき始め、木々の緑に赤や黄色の紅葉が織り交ざり、その美しさは錦のよう。
この紅葉の評判から、正暦寺は昔から「錦の里」と呼ばれてきました。
また秋の正暦寺は、紅葉だけでなく1000株の南天も見ごろ。
愛らしい実が参道を真っ赤に染める様子も圧巻です。
秋の特別拝観が開催されることもあり、紅葉シーズンは奈良駅から臨時バスでスムーズにアクセスできて便利ですよ。

正暦寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 正暦寺
住所 奈良県奈良市菩提山町157
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 大人500円 小人200円(小学生のみ)
参考サイト http://shoryakuji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

奈良の平和を祈る・若草山焼き

 

奈良の平和を祈る・若草山焼き
毎年1月の第4土曜日に行われています。
標高342mの奈良市内を一望できるスポットである若草山に火を付けることで、奈良の防災や世界平和、先祖の鎮魂と慰霊を祈ります。
若草山焼きは約600発の打ち上げ花火が合図となってスタート。
草に覆われた山全体に一斉に火を付けていきます。
冬の凛とした夜空を燃えさかる炎が真っ赤に染めていく様子は、荘厳でありロマンチック。
山焼き自体はもちろんですが、冬に見られる打ち上げ花火の物珍しさから、開始前の花火も人気が高まっています。

奈良県の住所・アクセスや営業時間など

名称 奈良県
住所 奈良県
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.pref.nara.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史深い文化と四季のコラボレーション

 

奈良は鹿や寺社仏閣のイメージが強いですが、その分魅力的なスポットも奈良駅周辺に集まっており、アクセスしやすくなっています。
歴史を目の当たりにながら季節の移ろいも肌で感じられるので、四季折々の表情が楽しめますね。
photo by iStock