ドイツ一の日本人街があるデュッセルドルフ。近未来と中世が入り混じるカオスの街

ドイツ西部のデュッセルドルフは、ライン川下流の経済が強みの都市。ドイツで3番目に大きなデュッセルドルフ空港があり、日本から直行便で12時間、ケルンやドルトムントとも近く、オランダやベルキーまでの距離も近く、国際的に優位な場所にあります。日本企業がたくさん進出しているため、ドイツでは最も日本人が多く住む街。芸術の街としても栄え、詩人ハインリヒ・ハイネがこの街出身です。近未来的なビルと中世の建築物が入り混じるカオスな街で、日本人街を散策すれば不思議な感覚を味わうことが出来るでしょう。

ラインタワーで見るデュッセルドルフ全景

デュッセルドルフを一望したい場合は、ラインタワーへ。
デュッセルドルフ中心部を流れるライン川は、川幅が広く多くの船が行き交います。
川岸には飲食店が並び、ライン川を眺めながら食事をする人、ジョギングをする人、散策する人など人々の日常が垣間見られます。
展望台にあるバーでビールを飲みながら、ライン川岸、旧市街、近代的なビルなど不思議な魅力あるデュッセルドルフのパノラマ全景を見渡してみるのもいいでしょう。

デュッセルドルフの旧市街

デュッセルドルフの旧市街と言えば、大きなイベントが開催される城広場ブルクツラップ。
ライン川を臨むデュッセル市民の憩いの場所で、付近にはラインタワーや公園、デュッセルドルフ城、市庁舎など趣ある雰囲気です。
クリスマス時期にはマーケットも。
デュッセルドルフの人々の日常に触れながら、旧市街でのんびりと癒されてみませんか?

Rheinturmの住所・アクセスや営業時間など

名称 Rheinturm
住所 Stromstrasse 20, 40221, Dusseldorf, Germany
営業時間・開場時間 現地時間 月曜日-木曜日10:00-24:00 金曜日-土曜日10:00-1:00
利用料金や入場料 大人9ユーロ 6歳-17歳7ユーロ 6歳未満の子供無料 65歳以上の高齢者7ユーロ
参考サイト https://www.duesseldorf.de/thema/sights/rheinturm/index.shtml
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鬼才フランク・ゲーリーの近未来的すぎる建物があるメディエンハーフェン地区

デュッセルドルフには高い建物が乱立していないため、ライン川岸を散策していくと変わった建造物に目が奪われます。
鬼才フランク・ゲーリーの建築に興味がある人には垂涎ものの、近未来的すぎる斬新なデザインの建物。
他にも曲線やカラフルな色合い、ガラスで反射する建物群が並んでいます。
旧市街の街並みから垣間見えるこの景観は一見の価値ありでしょう。

MedienHafenの住所・アクセスや営業時間など

名称 MedienHafen
住所 Harbour, 40211 Dusseldorf, North Rhine-Westphalia, Germany
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.medienhafen.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドイツ最大の日本人街

デュッセルドルフ中央駅近くのインマーマン通りには、ドイツ最大の日本人コミュニティがあり日本人街と呼ばれています。
これはヨーロッパではロンドンやパリに次いで3番目に大きい日本人コミュニティ。
およそ5000人が住むだけあって、街の店頭などには日本語が溢れ、一瞬ここがドイツなのを忘れてしまいそう。
デュッセルドルフと日本との間を称する「ラインの日本」という名のとおり、強い関係が感じられますね。

日本人街の住所・アクセスや営業時間など

名称 日本人街
住所 Düsseldorf,Germany
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://wondertrip.jp/europe/germany/60998.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

毎年6月ごろ開かれる日本デー

日本企業の進出が多いデュッセルドルフで、2002年から開かれている日本文化を紹介するイベント。
お寿司などの日本食の屋台が立ち並び、紹介される文化は書道や折り紙、柔道などの武道、アニメなど伝統的なものから最新のものまで様々で、街にはコスプレした人々も。
日本デーのフィナーレには日本の打ち上げ花火が夜空を彩り、その美しさは日本人街がデュッセルドルフに根付いていることを印象付かせるものでしょう。

カーニバル、移動遊園地、街の景観が変わるイベント

6月頃の日本デーだけではなく、デュッセルドルフでは毎年いろいろなイベントが開催されています。
最大のイベントはカーニバルで、毎年11月11日午前11時11分に開始される伝統的なもの。
また、夏には移動遊園地「ラインキルメス」がやってきて、街の景観に観覧車やジェットコースターが加わり、ソーセージやビールなどの屋台が軒を連ねます。
イベントの時期、不思議な雰囲気に包まれる様子は混沌としたこの街ならではのものでしょう。

近未来と中世、日本人街、ユダヤ人街。混沌とした街デュッセルドルフで印象的な場所を探そう

6月頃の日本デー、夏の移動遊園地、11月のカーニバル、クリスマスマーケットなど旅する時期を選んでも楽しめる街、デュッセルドルフ。
近未来的な斬新なビルと、中世の趣ある建築物、日本人街、そしてドイツでは3番目に大きいユダヤ人コミュティも形成されており、街はカオス。
でもそれが不思議な魅力。
デュッセルドルフの混沌とした街中で、あなたが一番心に残るのはどの場所なのか、旅して確かめてみませんか?
photo by iStock