京都はやっぱりここが最強か…「高山寺」の魅力をご紹介!

静かなる山中、日本ならではの四季を最も楽しめるのは、京都「高山寺」で間違いない!ということで、今回は、京都にある「高山寺」という寺院をご紹介します。歴史ある高山寺には、多くの重要文化財、国宝もあります。学生の頃見た、あの絵巻も!高山寺を知ったら、行きたくなること間違いなしです!
【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

高山寺とは?

高山寺(こうさんじ)は、京都市右京区梅ヶ畑栂尾(とがのお)町にある寺院です。
境内は史跡に指定、古都京都の文化財として、ユネスコの世界文化遺産にも登録されています。
高山寺が建てられたのは鎌倉時代、主な建造物は、金堂、石水院、開山堂、遺香庵です。

高山寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 高山寺
住所 京都府京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
営業時間・開場時間 8:30-17:00
利用料金や入場料 800円 ※紅葉時期のみ入山料500円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

明恵上人縁の地として有名

ここ高山寺は、明恵上人(みょうえしょうにん)のゆかりの地として知られています。
月を題材にした詩を多く詩っている明恵上人は「月の歌人」とも呼ばれています。
木々に囲まれた静かな高山寺でも、月を愛でながら詠ったのでしょうね。


ここ開山堂は、江戸時代に建てられた建造物であり、重要文化財である「明恵の肖像彫刻」が安置されています。

静かなる 国宝 石水院

鎌倉時代に建てられたという石水院は、国宝に指定されています。
先に紹介した、明恵の住房跡であるとも伝えられており、また、元々は、金堂の後方に今も残る、石段を上がった所に建っていたのですが、明治22年(1889年)に現在の場所に移築したそうです

日本最古の茶園を持つ

高山寺の境内には、茶園があります。
日本最古と言われる茶園を持つ高山寺では、茶室で美味しいお茶がいただけるそうで、栂尾産のお茶は、その味わい深さが評判とか・・・


山中の美しい景色が望める

静かな山中に位置する高山寺では、四季折々の美しい景色が望めます。

日本史でも有名な国宝 鳥獣戯画

日本最古の漫画とも言われる、鳥獣戯画。
日本史などで見たことがありませんか?甲・乙・丙・丁と呼ばれる全4巻のなかでも、最も有名なのは、兎、蛙、猿などの動物達を擬人化し描いた、こちらの甲巻です。


高山寺はココ!

さあ、旅に出かけよう!

今回は、京都にある「高山寺」をご紹介してまいりました。
静かな山中に佇む、日本のわびさびを感じるにはもってこいの高山寺。
栂尾(とがのお)は、紅葉の紅葉の名所でもあり、その絶景は、直接見るに限ります。
京都旅行を計画する際には、ぜひ高山寺を思い出してください。