京都通おすすめのお土産ランキング【スイーツ編】

京都に年100回通いお土産を買い尽くした私が、銘菓の伝統や歴史、日持ちや使い勝手を総合的に判断し、ランキング付けしました。「日持ち」「個包装」「京都駅」など判断に役立つ印も見出しにつけています。おしゃれで気が利いて、買いやすいお土産和菓子・スイーツ編を30位からご紹介します。

この記事を書いた人/廣瀬

短い日程で多くの観光地を巡るエクストリームな旅行を得意とする。またお土産調査が趣味で、旅行に行くたびに編集部はお土産まみれになる。一番得意なエリアは京都。

30位 長久堂の「きぬた」

93560:30位 長久堂の「きぬた」

撮影/編集部

「きぬた」は、京都市北区にある長久堂の和菓子。
創業者である長兵衛が、1853年(嘉永6年)、丹波に帰郷した際、織り上げた絹を柔らかく艶やかにするための道具である砧(きぬた)を打つ音を聞き考案された和菓子なんだとか。
93561:

撮影/編集部

薄く延ばした求肥は白い絹を表しており、それを備中の白小豆で作られた緋色の羊羹にくるりと層をなし巻きつけ、和三盆糖をまぶした棹菓子です。明治の初め、パリ万博に出品され高い評価を受け、その後皇室御用達となり京都で愛され続けています。

北山店のある京都・北山は、京都駅周辺とはまた雰囲気の異なる一際おしゃれなエリア。
ウエディング開場も多く連ねますので、デートで散策するのもいかがでしょうか。

賞味期限(日持ち):7日間

長久堂 北山店の住所・アクセスや営業時間など

名称 長久堂 北山店
住所 京都府京都市北区上賀茂畔勝町97−3
営業時間・開場時間 9:00 – 17:30
利用料金や入場料 砧(きぬた) 1本800円〜
参考サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26003716/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

29位 【抹茶】中村藤吉本店の「生ちゃこれーと」

93558:29位 【抹茶】中村藤吉本店の「生ちゃこれーと」

撮影/編集部

京都・宇治にある創業安政6年(1859年)の老舗のお茶さん中村藤吉本店の作る抹茶の生チョコレート。
京都駅の伊勢丹にもカフェと店舗があり、新幹線出発時刻ギリギリの御土産選びでも、候補になります。箱を開けると美しい緑とチョコレートの香りが広がります。
93559:

撮影/編集部

独自の製法で作られており、口どけがよくお茶の老舗ならではの濃厚な抹茶の香りと風味、そしてチョコと生クリームのコクとまろやかさが口に広がる上品な一品です。
どの年齢の方のお口にも合いますが、抹茶の豊かな風味がちょうどよい味わいで、甘いものが苦手な男性にも喜ばれるお品です。

賞味期限(日持ち):冷蔵で14日間

中村藤吉本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 中村藤吉本店
住所 京都府宇治市宇治壱番10
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00, カフェ11:00 – 18:30 (L.O.17:30)
利用料金や入場料 生ちゃこれーと(20個入り) 1,080円, 生ちゃこれーと詰合せ/2箱入2,265円
参考サイト http://www.tokichi.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

28位 【男性におすすめ】SIZUYAPANの「あんぱん」

93556:28位 【男性におすすめ】SIZUYAPANの「あんぱん」

撮影/編集部

SIZUYAPANは、1948年創業の老舗パン屋「志津屋」がプロデュースするあんぱんに特化した専門店。
多くの行事や習慣の中で生まれた京都ならではの食文化と様々な食材をパンを通じて表現し、京都のおみやげになるあんぱんを販売しています。実は京都の地元民はパンが大好きで、「志津屋」は京都市内だけで10店舗以上も点在する大人気ローカルチェーン。
定番商品「カルネ」は私も大好きです。
93557:

撮影/編集部

そんな「志津屋」のSIZUYAPANは、スタンダードな白パンからよもぎパンや抹茶パンなどの生地に、こしあん、つぶあん、白あん、柚子あんなどが入った様々なラインナップのあんぱんが楽しめます。
おしゃれなパッケージと確かな味で京都みやげとして人気を集めています。
お土産店が京都八条口の新幹線改札から見える至近距離にあり、緊急の手土産調達でもお世話になりました。

賞味期限(日持ち):3日間程度

SIZUYAPAN 京都駅店の住所・アクセスや営業時間など

名称 SIZUYAPAN 京都駅店
住所 京都府京都市下京区東塩小路町8-3JR京都駅八条口
営業時間・開場時間 9:00 – 21:00
利用料金や入場料 あんぱん1個210円〜
参考サイト http://www.sizuyapan.kyoto.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

27位 【会社におすすめ】聖護院八ツ橋の「八つ橋」

93554:27位 【会社におすすめ】聖護院八ツ橋の「八つ橋」

撮影/編集部

「八つ橋」はいくつかありますが、本格派かつ定番のお土産を持っていきたいときに重宝しますね。聖護院八つ橋の成り立ちは意外なところから。
筝の名手で作曲家でもある、近世筝曲の開祖ともいわれている八橋検校(やつはし けんぎょう)氏が金戒光明寺の常光院に埋葬され、墓参りに訪れる人が絶えない事から、没後の四年後にあたる元禄二年に黒谷参道にて干菓子の販売を始めたのが、聖護院八つ橋のはじまりなんだとか。
八橋検校をしのんで筝(琴)の形に似せて「八つ橋」となずけられています。
93555:

撮影/編集部

黒谷参道のお店は聖護院の森の茶店として「八つ橋」を販売を始め、現在は本店となっています。
うるち米を使用した米粉と三温糖、にっきで仕上げられています。
にっきの風味が特徴的な干菓子です。

賞味期限(日持ち):10日間

聖護院八ッ橋総本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖護院八ッ橋総本店
住所 京都府京都市左京区聖護院山王町16
営業時間・開場時間 8:00 – 18:00, 木8:00 – 1:00, 金曜休
利用料金や入場料 聖護院八ッ橋(24枚入) 540円〜
参考サイト http://www.shogoin.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

26位 【京都駅】総本家よし廣の「手焼きどらやき」

93552:26位 【京都駅】総本家よし廣の「手焼きどらやき」

撮影/編集部

京都・二条にある創業50余年の和菓子屋「総本家よし廣」。
完成まで約2年かかったというひとつひとつ銅板で手焼きされたこだわりのどら焼は絶品!定番の栗どら焼き、生八つ橋入りの他に季節に合わせた限定のどら焼きなどバリエーションも豊富です。飽き限定のモンブランどら焼きは、紅葉シーズンなら一層必須のお土産。
93553:

撮影/編集部

限界まで柔らかさに挑戦したというふわふでモチっとした皮にタップリと入れられた粒餡、絶妙なタイミングで焼かれた職人技が光る一品です。
二条駅付近に本店が位置していますので、二条城の観光ついでに立ち寄ってみては。
または、京都駅にある「The CUBE 京都駅ビル専門店街」の地下1階でも販売していますので、京都駅で買いたいかたはこちらでも。

賞味期限(日持ち):7日間

総本家 よし廣の住所・アクセスや営業時間など

名称 総本家 よし廣
住所 京都市中京区西ノ京東月光町22
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00
利用料金や入場料 栗どら焼き 5個入 1,210円, 10個入 2,310円, 15個入 3,390円
参考サイト http://www.yoshihiroseika.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

25位 【日持ち◎】【個包装】小倉山荘のおかき「をぐら山春秋」

93550:25位 【日持ち◎】【個包装】小倉山荘のおかき「をぐら山春秋」

撮影/編集部

創業以来、小倉百人一首を題材におかきを作ってきた小倉山荘。
小倉山荘のおかきは農薬・肥料に頼らない自然農法で作られる自社農園のもち米が使用されていて、種類が豊富で土産・お祝い・仏事・愛食用などに買われています。
商品によって様々な味付けがあり、一度に色々な味を楽しむことが出来ます。都内にも新宿京王・池袋西武など店舗があること、インターネット通販では楽天の総合ランキングでも常連であることを考えると、京都でわざわざお土産にしなくても良いかもしれない…と、一時期は思っていました。
93551:

撮影/編集部

しかしシーズンごとに提案される新商品の世界観、おかきの常識を覆すクリスマス・バレンタインデーやホワイトデーなどイベントごとの商品提案力が大好きで、京都河原町の高島屋をはじめついお店に立ち寄ってしまいます。

裏技(というほどでもないですが)としては、大阪エリアにも梅田阪神、大阪高島屋、近鉄あべのハルカス店などにもお店を構えているので、「京都を発ってしまったが京都土産がほしい」というときに活躍します。

賞味期限(日持ち):3ヶ月 ※代表的なおかき商品の場合

通販で購入できます(Amazon.co.jp)

小倉山荘 竹生の郷(本店)の住所・アクセスや営業時間など

名称 小倉山荘 竹生の郷(本店)
住所 京都府長岡京市今里蓮ケ糸45
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00
利用料金や入場料 おかき詰め合わせ だんらん三室山 化粧箱・小(25袋入) 1,620円〜
参考サイト http://www.ogurasansou.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

24位 和久傳の「れんこん菓子 西湖」

93548:24位 和久傳の「れんこん菓子 西湖」

撮影/編集部

和久傳の「蓮根菓子 西湖」はその名の通り蓮根の根から採れるでんぷんと、砂糖の中でも希少価値が高い和三盆で作られた品のいい甘みのある和菓子。1つ1つ丁寧に笹に包まれ香りもまた上品さを際だたせています。
93549:

撮影/編集部

1つ1つ丁寧に扱えばこそ手作業ならではのこだわりで、お土産を受け取った人も京都らしさに触れることができますね。

北大路エリアのお寺巡りをする際には本店に立ち寄る候補のひとつになります。

賞味期限(日持ち):4日間

和久傳大徳寺店の住所・アクセスや営業時間など

名称 和久傳大徳寺店
住所 京都市北区紫野雲林院町28
営業時間・開場時間 10:00 – 17:00
利用料金や入場料 れんこん菓子 西湖 3本入810円 5本入 1,350円 10本入 2,700円
参考サイト http://www.wakuden.jp/tenpo-daitokuji/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

23位 【日持ち◎】【個包装】緑寿庵清水の「金平糖」

93546:23位 【日持ち◎】【個包装】緑寿庵清水の「金平糖」

撮影/編集部

緑寿庵清水は創業から100年以上もの歴史を持つ、日本で唯一の金平糖専門店。
代々受け継がれてきた金平糖作りの技は、いまや約50種類もの金平糖を作り出せるほど!夏には期間限定でスイカ風の金平糖が登場したり、リピーターを飽きさせません。
93547:

撮影/編集部

金平糖作りには明確なレシピが存在しないそうで、金平糖そのものの状態を見極めて身体で覚えるしかないそう。
一子相伝の技が作り出す金平糖は、色とりどりの甘くとろける小さな星粒のようです。

出町柳駅から近くにお土産屋さんを構えており、御所や賀茂御祖神社へ訪れた際に出向いてみては。

賞味期限(日持ち):1年間

通販で購入できます(Amazon.co.jp)

緑寿庵清水の住所・アクセスや営業時間など

名称 緑寿庵清水
住所 京都府京都市左京区吉田泉殿町38番地2
営業時間・開場時間 10:00 – 17:00 水曜・第4火曜定休
利用料金や入場料 特選金平糖 一缶1,260円〜
参考サイト http://www.konpeito.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

22位 【京都駅】本家西尾八ッ橋の「生八ツ橋」

93544:22位 【京都駅】本家西尾八ッ橋の「生八ツ橋」

撮影/編集部

今では沢山ある八ッ橋ですが、日本で一番古い八ッ橋がこの「本家西尾」の八ッ橋。
私も干菓子の八つ橋よりも、この「生八ツ橋」のほうが好きですが、女性へのプレゼント・お土産ならやはりこちらが無難でしょうか。
創業はなんと1689年、江戸の元禄時代にあたります。
93545:

撮影/編集部

常に新しいおいしさを求め続け、創意工夫をこらし、今では、あんこの入った「あんなま」や、生八ッ橋でつぶあんをくるんだ、一口サイズの「おまん」などが誕生しています。

東山や京都駅のあちこちのお土産店でも購入できますので、最後の最後に数合わせでお土産を揃えるときにも活躍するでしょう。

賞味期限(日持ち):7日間

本家西尾八ッ橋 本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 本家西尾八ッ橋 本店
住所 京都府京都市左京区 聖護院西町7
営業時間・開場時間 8:99 – 17:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 生八ッ橋 250円(185g) 440円(300g) 790円(555g)
参考サイト https://www.8284.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

21位 【日持ち◎】【京都駅】【抹茶】伊藤久右衛門の「宇治抹茶生チョコレート」

93542:21位 【日持ち◎】【京都駅】【抹茶】伊藤久右衛門の「宇治抹茶生チョコレート」

撮影/編集部

伊藤久右衛門は、江戸時代からの伝統を大切にしながら、新しいスイーツをインターネットで販売するなど、新しい宇治茶の在り方を探し続けているブランド。
その中でも、「宇治抹茶生チョコレート」は抹茶のほろ苦さとホワイトチョコレートの甘さが見事に調和した一品で、ぜひお土産としても、自分用にも食べてみて欲しいものです。
甘さを抑えたホワイトチョコレートに上質な宇治抹茶の相性は抜群で、まさに大人の生チョコレート!宇治エリアに立ち寄ったらぜひお土産にセレクトしてください。

父の日・母の日などでは、インターネット通販で毎年オリジナル商品が出ているのでおすすめ。

賞味期限(日持ち):30日間

通販で購入できます(Amazon.co.jp)

伊藤久右衛門 宇治本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 伊藤久右衛門 宇治本店
住所 京都府宇治市莵道荒槇19-3
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00
利用料金や入場料 宇治抹茶生チョコレート 16粒入 1,080円
参考サイト http://www.itohkyuemon.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

20位 豆政の「すはまだんご」

93540:20位 豆政の「すはまだんご」

撮影/編集部

豆政の「すはまだんご」は、明治17年創業の豆政が販売している京都の茶だんごと並ぶ、名物の三色だんご。
美しい京の春、秋を風情を感じさせる、日本らしい色合いですね。
丹波産の大豆100%、特製の香ばしい国産大豆きなこを、水あめで練り上げています。すはまだんごの香ばしさときなこのうまみが、抹茶や煎茶のお茶菓子としてぴったりです。
93541:

撮影/編集部

本店が夷川通・柳馬場という昔ながらの母屋が連なるエリアにあり、タクシーで乗り付けてそこから細い道を散策するのもおすすめ。
木屋町や寺町含めて、意外と住宅街っぽい街並みに、ポツンと昔ながらの建物が点在する様子を含めて、このあたりが京都市民のリアルな暮らしだと実感できるエリアのひとつであります。

賞味期限(日持ち):14日間

豆政の住所・アクセスや営業時間など

名称 豆政
住所 京都府京都市中京区夷川通柳馬場西入六丁目264
営業時間・開場時間 8:00 – 18:00 日曜定休
利用料金や入場料 すはまだんご 12本袋入400円 14本箱入500円 20本箱入700円
参考サイト http://www.mamemasa.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

19位 【日持ち◎】【女性におすすめ】俵屋吉富の「京まいこちゃんボンボン」

93538:19位 【日持ち◎】【女性におすすめ】俵屋吉富の「京まいこちゃんボンボン」

撮影/編集部

京都で250年以上続く老舗「俵屋吉富」。
地元の人からはもちろん、京都旅行のお土産でも人気の和菓子屋さんです。
「京まいこボンボン」は、京舞妓の着物や草履などをモチーフにした可愛らしいスイーツです。淡いピンクや赤など華やかな砂糖菓子の中には、日本酒や洋酒が包まれています。
93539:

撮影/編集部

祗園店の限定商品もありますが、ネットショップでも購入可能です。
美しさと可憐さの中に大人の味わいを秘めた、女子ウケ狙いで買いたい京土産。
祇園への入り口となる四条大橋近くの店舗は、鴨川を超えて行き止まりに八坂神社がうっすら見える情景も含め、いよいよ期待通りの京都感が増すエリアのひとつです。
このあたりを拠点に京都観光を計画してみては。

賞味期限(日持ち):30日間

俵屋吉富 祇園店の住所・アクセスや営業時間など

名称 俵屋吉富 祇園店
住所 京都府京都市東山区四条通大和大路西入中之町216 祇園OKIビル
営業時間・開場時間 10:00 – 19:00
利用料金や入場料 京まいこちゃんボンボン 1箱972円
参考サイト http://www.kyogashi.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

18位 中村軒の「麦代餅」

93536:18位 中村軒の「麦代餅」

撮影/編集部

中村軒の「麦代餠」は、つきたてのお餅に粒餡が入っているスイーツ。
北海道あずきなど、厳選された素材を使用し、昔ながらのおくどさんで、職人が手間を惜しまず作っています。
93537:

撮影/編集部

麦代餠は、昔から田植えの時の間食として供せられ、農家では、重宝がられていたんだとか。
1回分の間食が麦代餠2個で、各田畑まで直接届け、農繁期が終わった頃、代金として麦を頂戴しにあがった歴史があり、このように昔は麦と物々交換交換したので、「麦代餠」という名がつきました。歴史と伝統のあるスイーツをしっかりセレクトしたいときに選択肢になります。
桂離宮のすぐ近くにあるため、桂離宮へ訪れて茶屋で休憩するコースは定番です。

賞味期限(日持ち):3日間

中村軒の住所・アクセスや営業時間など

名称 中村軒
住所 京都府京都市西京区桂浅原町61
営業時間・開場時間 7:30- 17:00 水曜定休
利用料金や入場料 1個 294円〜
参考サイト http://www.nakamuraken.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

17位 加茂みたらし茶屋の「みたらし団子」

93534:17位 加茂みたらし茶屋の「みたらし団子」

撮影/編集部

1922年に創業された京都の加茂みたらし茶屋は、「みたらし団子」の発祥の地と言われています。
みたらし団子は下鴨神社の御手洗池に湧き出る水の泡を形どって作られたそうな。
団子は注文されてから焼かれるため、店舗では出来立てのみたらし団子が楽しめます。
93535:

撮影/編集部

一串に刺さった五個の団子は人間の五体を表現しているそうです。店内で食べるほか、お土産として買うこともできます。
日持ちの面では弱点があるので、新幹線・飛行機での移動はやや不安。
ただ、最寄りの賀茂御祖神社を含めてこのエリアは、地元の人の生活圏(四条や京都駅)やデートスポットというよりかはタクシーで行くような観光エリアなので、地元民は意外と食べたことがないかもしれません。
(都民が東京タワーに行ったことがないのに近いかも。)関西の知り合いへの手土産にするには選択肢になるでしょう。

賞味期限(日持ち):当日中

加茂みたらし茶屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 加茂みたらし茶屋
住所 京都府京都市左京区下鴨松ノ木町53
営業時間・開場時間 平日9:30 – 19:00, 土日9:30 – 20:00, 水曜定休
利用料金や入場料 みたらし団子(お持ち帰り)5本590円〜
参考サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26001758/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

16位 【日持ち◎】【男性におすすめ】京菓子處 鼓月の「千寿せんべい」

93532:16位 【日持ち◎】【男性におすすめ】京菓子處 鼓月の「千寿せんべい」

撮影/編集部

京都子處鼓月は昭和二十年に中西菓舗として創業(後、昭和二十八年に株式会社鼓月に改称)。
「千寿せんべい」は、伝統的な京菓子としては使用されなかったミルクやバターを使い、新しいスイーツ作りを志してできた和菓子です。
戦後当時としては斬新な京菓子だったそうな。飛鶴の影が波間に映る情景をイメージして形作り、千代の寿ぎを願って「千寿」と名付けられています。
ワッフルの表面のような程よい甘みのあるサクサクした生地にあっさりとしたシュガークリームがサンドしてあります。
93533:

撮影/編集部

日持ちし、八ツ橋ほどメジャーというわけでもなく、サブレや干菓子のような口内の水分を取られる系じゃなくて甘くて食べやすく、かといって若すぎない(重要)。
しかもパッケージがかわいい!この要素を満たしている和菓子は思い返すとなかなか見当たらず、意外と使い勝手のよいお土産なので、ぜひ選択肢にしてみては。

賞味期限(日持ち):30日間

通販で購入できます(Amazon.co.jp)

京菓子處 鼓月 本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 京菓子處 鼓月 本店
住所 京都市中京区旧二条通七本松西入ル
営業時間・開場時間 9:00 – 19:00, 日祝9:00 – 18:00
利用料金や入場料 千寿せんべい 8枚入1,080円 12枚入1,620 円 16枚入2,268 円
参考サイト https://www.kogetsu.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

15位 朧八瑞雲堂の「生銅鑼焼」

93648:15位 朧八瑞雲堂の「生銅鑼焼」

撮影/編集部

朧八瑞雲堂は2009年創業の新店で、生銅鑼焼は暑い時期を除いた季節限定品の商品。
甘さ控えめのサッパリとしたクリームが溢れるほどにたっぷりと挟み込まれていてインパクトのある商品です。
インパクトな見た目ながら上品な味。
93649:

撮影/編集部

中身は抹茶・いちご・小倉など季節限定の様々な種類が用意されています。北大路駅から徒歩で少し離れたところにあり、アクセスは良いとはいえませんが、もしレンタカーで京都市内を巡る旅行を計画しているのであればぜひ立ち寄ってください。
パティスリーカランの「西賀茂チーズ」と同じく、レンタカーだからこそアクセスしやすい、GETしやすいお土産があるので、他人と被らないお土産を探しているなら選択肢になるでしょう。
ただし、特に土日は午前中に売り切れることも多く、入手が困難です。
編集部も、朧八瑞雲堂の「生銅鑼焼」を撮影用に入手するのにとても苦労しました…。

賞味期限(日持ち):2日間

朧八瑞雲堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 朧八瑞雲堂
住所 京都府京都市 北区紫竹上竹殿町43−1
営業時間・開場時間 9:00 – 19:00, 火曜定休
利用料金や入場料 生銅鑼焼(10月~5月下旬限定)1個340円
参考サイト https://sakyokita-kyoto.mypl.net/shop/00000335512/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

14位 【日持ち◎】みなとや幽霊子育飴本舗の「幽霊子育飴」

93530:14位 【日持ち◎】みなとや幽霊子育飴本舗の「幽霊子育飴」

撮影/編集部

六波羅密寺より徒歩2分の東区松原通りにあり、女の幽霊が子供のために飴を買いに来たという伝説が残されている、450年以上続く歴史深い飴屋です。
「幽霊子育飴」は麦芽糖とザラメ糖のみを材料としており、材料を溶かして容器で固めたものをトンカチで砕いて出来上がるシンプルな飴。
93531:

撮影/編集部

つややかな琥珀色がきれいで昔懐かしいすっきりとした味わいです。流行りのスイーツ生八ツ橋やSIZUYAPANといった若々しいお土産ではない何かを探しているなら、本格派のブランドと渋さを含めてよいのでは。
清水寺へ向かう拠点になる清水五条エリアから近いので、ここを目印にコースを決めても良いかもしれません。

賞味期限(日持ち):半年間

みなとや幽霊子育飴本舗の住所・アクセスや営業時間など

名称 みなとや幽霊子育飴本舗
住所 京都府京都市東山区松原通大和大路東入二丁目轆轤町80−1
営業時間・開場時間 10:00 – 16:00 月曜定休
利用料金や入場料 幽霊子育飴 小(90g)300円 大(170g)500円
参考サイト http://kosodateame.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

13位 出町ふたばの「豆餅」

13位 出町ふたばの「豆餅」

撮影/編集部

出町ふたばは、下鴨神社のほど近くにある出町柳の商店街にお店を構える創業明治32年の老舗和菓子店。
和生菓子・赤飯などの専門店として昔ながらの味と手法で作り続け、京都の行列の絶えない和菓子店として有名です。
93529:

撮影/編集部

看板商品の「豆餅」は、ほどよい甘さのなめらかなこしあんを塩味のきいた大粒の赤えんどう豆がたっぷりと練り込まれたもっちりとしたお餅で包んだ和菓子です。
その日のうちに作ったものをその日のうちに食べる昔ながらのスタイルと素朴な味わいで人気を集めています。

日持ちはしないからこそ、お土産で持って帰る人は少ないかもしれません。
だからこそ、「下鴨エリアを発って今日帰る」なんてタイミングではぜひ最後に立ち寄ってください。

賞味期限(日持ち):当日中

出町ふたばの住所・アクセスや営業時間など

名称 出町ふたば
住所 京都府京都市上京区 河原町通今出川上る青龍町236
営業時間・開場時間 8:30 – 17:30 火曜・第4水曜定休
利用料金や入場料 名代豆餅 1個175円〜
参考サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26001520/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

12位 【個包装】【会社におすすめ】永楽屋の「琥珀柚子」

93526:12位 【個包装】【会社におすすめ】永楽屋の「琥珀柚子」

撮影/編集部

永楽屋は京都市内の繁華街の中心、四条河原町交差点北東角に位置する老舗店。
からいもの(佃煮)とあまいもの(和菓子)を販売していますが、永楽屋の甘いものの代表とするお菓子が「琥珀」(こはく)です。
個人的に、こういう半透明でクリアな和菓子に、とても京都っぽさを感じます。
93527:

撮影/編集部

琥珀は寒天と砂糖から作られた、表面の歯ざわりと内側のやわらかな妙味が楽しいシンプルな和菓子。
季節に合わせた味があり、そのなかでも「冬」を表す琥珀が「琥珀 柚子」です。
季節感を大切にする京都ならではのお土産になりますね。

他にも秋から早春にかけては林檎の紅玉を使った琥珀、春のえんどう豆を使った琥珀豆、夏のグレープフルーツ「琥珀橙」、秋の栗「琥珀栗」など四季折々の琥珀をお土産にしてください。

賞味期限(日持ち):21日間

永楽屋 本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 永楽屋 本店
住所 京都市中京区河原町通四条上る東側
営業時間・開場時間 10:00 – 20:00
利用料金や入場料 琥珀 柚子(6袋) 843円
参考サイト http://www.eirakuya.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11位 【個包装】【会社におすすめ】京都 北山 マールブランシュ「京サブレ」

93524:11位 【個包装】【会社におすすめ】京都 北山 マールブランシュ「京サブレ」

撮影/編集部

京都 北山 マールブランシュは京都の美意識を活かした洋菓子作りをコンセプトにしたブランドで、本店は京都市北区北山通植物園北門前にあります。
このランキングでも複数商品をセレクトしていますが、お土産としての買いやすさ・センス・日持ち・無難だけどしっかり可愛い感じなどお土産レベルの高い商品を提供しています。「京サブレ」は京都の「京」の文字を模ったサブレで、さくっとした軽やかな食感となめらかな口どけを売りにされています。
商品のバリエーションは、チーズ×エダムチーズ、抹茶×ミルクチョコレート、プレーン×和三盆糖、ココア×ビターチョコレート、苺×ホワイトチョコレートなど。
京都の「かさね」という文化を意識した多彩な味わいが楽しめます。

マールブランシュは京都市内にも13店舗あり買いやすい他、関東には進出していないこともお土産レア度に貢献しています。

賞味期限(日持ち):15日間

マールブランシュ 北山本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 マールブランシュ 北山本店
住所 京都府京都市北区北山通植物園北門前
営業時間・開場時間 ショップ 9:00 – 20:00 サロン 10:00 – 20:00(L.O. 19:30)
利用料金や入場料 京サブレ 10枚入 1,134円 20枚入2,268円 30枚入3,402円
参考サイト http://www.malebranche.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10位 【アクセス◎】林万昌堂の「甘栗」

93522:10位 【アクセス◎】林万昌堂の「甘栗」

撮影/編集部

四条寺町にあり、アクセス抜群なのでぜひ訪れてほしい老舗の甘栗屋。林万昌堂の甘栗は中国の河北省の栗のみを使用しています。
この栗は栄養が豊富に含まれていて果肉の甘みがしっかりとあり、さらに剥きやすいので甘栗に適しているのです。
93523:

撮影/編集部

この栗を店頭で職人さんがその日の気候や栗の硬さなどを考慮したうえで熟練の技で焼き上げます。
明治7年に創業してから味へのこだわりを追求し続け、売る甘栗はその日焼き上げたものだけなんだとか。

京都土産は本当に様々なブランドが、新旧問わず魅力を放っていますが、「渋いチョイスだけど甘い何か」というあいまいなニーズがあれば、ぜひ林万昌堂の甘栗を。

賞味期限(日持ち):3日間

林万昌堂 四条本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 林万昌堂 四条本店
住所 京都府京都市下京区四条通寺町東入御旅宮本町1
営業時間・開場時間 10;00 – 20:00
利用料金や入場料 袋入り甘栗(150g) 600円〜
参考サイト http://www.hayashi-mansyodo.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9位 【日持ち◎】【京都駅】菓匠 鶴屋吉信の「京観世」

93520:9位 【日持ち◎】【京都駅】菓匠 鶴屋吉信の「京観世」

撮影/編集部

京観世は、本ランキングでもすでに何度かランクインしている和菓子の老舗「鶴屋吉信」(つるやよしのぶ)を代表する銘菓。
京観世は大正9年の創業以来愛され続けている和菓子の一品で、伝統的かつ購入しやすく、誰からも愛される味、それでいてメジャーすぎないチョイスは、会社へのお土産にぴったりでは。
93521:

撮影/編集部

吟味を重ねた小豆を用いた小倉羹と村雨を一つ一つ手作業で丁寧に巻きあげた上品な棹菓子で、ほろりとやわらかくて繊細な村雨の風味と、しっとり甘味のある小倉の相性が絶妙。
季節商品ではありませんので、1年中購入することができるのも魅力的ですね。

京都本店にも訪れてほしいですが、京都駅の新幹線改札側である八条口に「鶴屋吉信 IRODORI」を構えており、お土産の買いやすさも上位ランクインの一要素です。

賞味期限(日持ち):25日間

通販で購入できます(Amazon.co.jp)

京菓匠 鶴屋吉信 京都本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 京菓匠 鶴屋吉信 京都本店
住所 京都市上京区今出川通堀川西入る
営業時間・開場時間 9:00 – 18:00
利用料金や入場料 京観世 個包装1個 260円 1本1,512円
参考サイト http://www.turuya.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

8位 【日持ち◎】Crochet クロッシェの「京あめ」

93518:8位 【日持ち◎】Crochet クロッシェの「京あめ」

撮影/編集部

クロッシェは創業130年を数える老舗「今西製菓株式会社」の四代目の今西政博氏と、洋菓子「アンリ・シャルパンティエ」を長く務めた池村武彦氏による新ブランドの京あめ専門店。
綾小路・富小路(あやのこうじ・とみのこうじ)に本店があり、「京の地に合わせること」をコンセプトにより日本の職人技とヨーロッパの美を融合し、手作りされる味・形ともにこだわりが感じられる美しい京あめです。こうした新しい和を果敢に創造しようとし、それを生み出す京都が、私は大好きです。
パッケージもとても上品な一品ですので、どの年齢層にもお土産として喜ばれる一品でしょう。
93519:

撮影/編集部

また、綾小路にお店を構えるセンスも、ニヤリとしてしまうところ。
創作和食やイタリアン・フレンチ、ワインが楽しめるお店など、京都地元民のデートスポットとして使い勝手の良いお店が並ぶ通りであり、クロッシェが表現したい方向性とマッチしている気がして、一層気になるブランドとなりました。

賞味期限(日持ち):1年間

Crochet クロッシェ 京都店の住所・アクセスや営業時間など

名称 Crochet クロッシェ 京都店
住所 京都府京都市 下京区綾小路富小路東入塩屋町69
営業時間・開場時間 10:30 – 19:00
利用料金や入場料 京あめ540円〜
参考サイト http://crcht.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7位 【日持ち◎】【チョコ】京都 北山 マールブランシュ「ほろほろ佇古礼糖」

93516:7位 【日持ち◎】【チョコ】京都 北山 マールブランシュ「ほろほろ佇古礼糖」

撮影/編集部

京都北山マールブランシュはラングドシャやサブレなど、味はもちろん見た目のかわいらしさにもこだわった京都らしいスイーツで人気のお店。
複数商品がランクインしています。
93517:

撮影/編集部

本店は京都北山にあり、大丸京都や京都伊勢丹といった有名デパートにも売り場があり、おみやげの買いやすさでも高ポイントです。「ほろほろ佇古礼糖」はほろほろ溶ける食感が特徴のマールブランシュオリジナルのチョコレート。
風味も見た目も京らしさにこだわっています。
味は黒糖黒七味、黒豆きなこ、お濃茶、白胡麻、柚子の5種類があり、チョコレート系でお土産を探しているなら選択肢に入るのでは。

賞味期限(日持ち):45日間

マールブランシュ 北山本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 マールブランシュ 北山本店
住所 京都府京都市北区北山通植物園北門前
営業時間・開場時間 ショップ 9:00 – 20:00 サロン 10:00 – 20:00(L.O. 19:30)
利用料金や入場料 ほろほろ佇古礼糖 756円〜
参考サイト http://www.malebranche.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6位 【日持ち◎】【京都駅】豆富本舗の「小町五色豆」

93514:6位 【日持ち◎】【京都駅】豆富本舗の「小町五色豆」

撮影/編集部

明治41年創業で100年以上にわたり豆菓子一筋で歩んできた豆富本舗の代表商品の一つである小町五色豆。
京都の代表銘菓の一つです。
この五色は京の町を表しており、東西南北を表す蒼龍 (青)、白虎 (白)、朱雀 (紅)、玄武 (黒)に御所を表す紫宸殿 (紫)を加えた五色の豆となっています。
93515:

撮影/編集部

丁寧に煎った青えんどうに数日かけ何回も砂糖をまぶし、最後にニッキや青のり等で色づけをするという、非常に手間暇をかけたものです。個人的にはこのカラーリングにとても京都感を感じるので、お土産としてもらって嬉しい一品。
五色豆自体は、豆政・本家船はしやなど、いろいろな老舗ブランドから出ているので、比較的入手しやすいと思いますが、もし時間があればやっぱり豆富本舗の五色豆を入手してください。

といっても、実はJR京都駅正面口の地下1階、「ザ・キューブ おみやげ小路 京小町」にて取扱があります。
(2017/1現在)どこで買えるのかわからない本格派なのに、京都駅で買えるというギャップは、お土産センスのポイントアップ要素になりそうです。

賞味期限(日持ち):150日間

通販で購入できます(Amazon.co.jp)

豆富本舗の住所・アクセスや営業時間など

名称 豆富本舗
住所 京都府京都市下京区 東中筋通七条上る文覚町388
営業時間・開場時間 8:45 – 17:00 日曜定休
利用料金や入場料 小町五色豆 セロ袋入(80g)250円 袋入(120g) 350円 5本入(135g)500円
参考サイト http://www.mametomi.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5位 【日持ち◎】あめんぼ堂の「かりんとう」

93512:5位 【日持ち◎】あめんぼ堂の「かりんとう」

撮影/編集部

無類のかりんとう好きって、いませんか。
何を隠そう私もそうなのですが、京都のかりんとうで唯一ランクインとさせていただいたのがこちら「あめんぼ堂」のかりんとう。
かりんとう好きな人が頭に思い浮かんだら、これを入手してください。
93513:

撮影/編集部

あめんぼ堂本店は京都市中区の円町近くに本店を構え、歴史ある建物の外観はそのままに内装を現在のカフェ調にリノベーションされた、昔と今が交差する情緒とオシャレを特徴にした店構え。
甘いのから辛いのまで味のバリエーションはその数30種類あります。

本店は、決してメジャーな場所とはいえず、金閣寺や嵐山へレンタカーで行くなら往復の間に寄れる、という印象の立地。
二条城からなら徒歩もありですね。
本店の他には、四条河原町にある「イノブン 四条本店」での購入が便利です。

賞味期限(日持ち):90日間

あめんぼ堂 京都本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 あめんぼ堂 京都本店
住所 京都府京都市中京区西ノ京冷泉町9
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00
利用料金や入場料 かりんとう(40g〜65g)各種370円〜
参考サイト http://amenbodo.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4位 【個包装】【京都駅】阿闍梨餅本舗 京菓子司 -満月- の「阿闍梨餅」

93510:4位 【個包装】【京都駅】阿闍梨餅本舗 京菓子司 -満月- の「阿闍梨餅」

撮影/編集部

オフィスで会社の皆さんにお土産を配るとなると、日持ち、分けやすさ食べやすさ、好みや無難さ、京都っぽさなど色々考えてしまいます。
上司に若々しいスイーツを配るのは引けるけど、買い分けるのも面倒くさい…それらをクリアして、しかも「伝統と京都らしさ」まで兼ね備えたお土産なら「阿闍梨餅(あじゃりもち)」が強力な選択肢になるでしょう。
93511:

撮影/編集部

(私の個人的な好みで、定番すぎる「八ツ橋」より高ランクとなっています。)米粉をベースにしっとりと焼き上げられた皮で、甘過ぎず上品な丹波大納言小豆の粒餡を包んだ半生菓子。
江戸末期から「一種類の餡で一種類の菓子しかつくらない」という基本方針で商品づくりをしているとのこと。
そのこだわりが150年以上も愛されている理由でしょう。

1個百円ほどで10個入り15個入りなどがあり、京都駅の駅ビル内でも買えるので大変便利です。

賞味期限(日持ち):5日間

阿闍梨餅本舗 京菓子司 満月 本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 阿闍梨餅本舗 京菓子司 満月 本店
住所 京都府京都市左京区田中大堰町139
営業時間・開場時間 9:00 – 18:00
利用料金や入場料 阿闍梨餅 1個108円 10個箱入り1,188円〜 竹籠入18個2,808円
参考サイト http://www.ajyarimochi.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3位 【抹茶のバームクーヘン】京ばあむ

93508:3位 【抹茶のバームクーヘン】京ばあむ

撮影/編集部

本格派すぎず、かわいくてモダンで新しめのスイーツを探しているなら、ストライクゾーンぴったりのお土産があります。
京都銘菓おたべからでた京都の新定番スイーツ「京ばあむ」です。京都産豆乳と宇治抹茶を使用し、幾度も重ねたしっとりふわふわのスポンジで作ったバームクーヘンです。
93509:

撮影/編集部

くちどけのよい国産100%の小麦粉に京都産の豆乳混ぜて作ったスポンジに、宇治抹茶に煎茶をブレンドした抹茶生地を何層にも重ねて作られています。
宇治抹茶の風味豊かな香りと色鮮やかな濃い緑色、大豆の風味豊かな豆乳のまろやかな旨みが味わえます。

京都観光のひとつに、お土産屋巡りは大きな楽しみのひとつなのですが、絶景や神社巡りに時間を費やしたいときには少し負担に感じることもあるのでは。
もし両親や友人など、大人数ではなく少人数にお土産としてもっていくなら、コストパフォーマンスと手軽さ、どこでも買える入手のしやすさでオススメします。

賞味期限(日持ち):8日間

洋菓子ぎをんさかいの住所・アクセスや営業時間など

名称 洋菓子ぎをんさかい
住所 京都府京都市 東山区祇園町南側570番地122
営業時間・開場時間 11:00 – 19:00
利用料金や入場料 京ばあむ 3.5cm厚 1個1,166円
参考サイト http://www.bijuu.co.jp/kyobaum/baum/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2位 【個包装】【京都駅】【抹茶】京都 北山 マールブランシュのラングドシャ「茶の菓」

93506:2位 【個包装】【京都駅】【抹茶】京都 北山 マールブランシュのラングドシャ「茶の菓」

撮影/編集部

マールブランシュは京都・北山に本店を構える人気のお菓子のお店。
このお店の看板商品が「お濃茶ラングドシャ茶の菓」で、京都の宇治の抹茶をふんだんに使った香り豊かなクッキーとホワイトチョコレートのラングドシャは本当に絶品!北海道に「白い恋人」があるように、京都に「お濃茶ラングドシャ茶の菓」があります。このラングドシャは、「お茶作りの名人」「お茶の鑑定士」「パティシエ」3人の京都の匠により、京都らしい和のテイストとフランス菓子がバランスよく融合されたお菓子。
京都に暮らす人や国内の観光客に選ばれるだけでなく京都を訪れる海外の訪日客のお土産としても選ばれているんだとか。
93507:

撮影/編集部

北山はおしゃれなエリアなので、ぜひ本店にも行って欲しいのですが、なんと新幹線改札内の構内で買うことができる利便性の高さは高ポイントです。
ギリギリまで京都に滞在してしまい、お土産に納得していない…そんなときにも強力な選択肢になります。
何度か私もこのスイーツに助けられています。

賞味期限(日持ち):15日間

マールブランシュ 北山本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 マールブランシュ 北山本店
住所 京都府京都市北区北山通植物園北門前
営業時間・開場時間 ショップ 9:00 – 20:00 サロン 10:00 – 20:00(L.O. 19:30)
利用料金や入場料 茶の菓 10枚入1,360円 20枚入2,721円 30枚入4,082円
参考サイト http://www.malebranche.co.jp/products/yakigashi/chanoka/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1位 【日持ち○】【京都駅】【女性におすすめ】京菓匠 鶴屋吉信の「柚餅」

93504:1位 【日持ち○】【京都駅】【女性におすすめ】京菓匠 鶴屋吉信の「柚餅」

撮影/編集部

度々ランクインの「鶴屋吉信」(つるやよしのぶ)から、最後この一品をご紹介させてください。柚餅(ゆうもち)は、柚子をやわらかい求肥に入れ和三盆糖をまぶした爽やかで上品な甘さと食感の風味豊かなお菓子。
食べきりサイズの個包装からおみやげに喜ばれる柚子の形のパッケージ入りのもの、お祝いごと用にも使える桐箱入りなど様々な状況に応じて選べるのは、さすがといった印象。
現在では「京観世」と並ぶ京菓匠 鶴屋吉信の代表銘菓として人気を集めています。

男性目線のご紹介になってしまいますが、男性が思っている以上に柚子に対する女性の評価がとても高いのではと常々思うことがあり、柚子系のスイーツをさらりとお土産にセレクトできる男子でありたいと思うもの。
そして個人的に、入手しにくそうな質素なパッケージも高ポイントなのです。
それが京都駅の新幹線改札側である八条口「鶴屋吉信 IRODORI」で買えるので、お土産ハックと言うほかありません。

賞味期限(日持ち):20日間

通販で購入できます(Amazon.co.jp)

鶴屋吉信 IRODORI 京都駅八条口の住所・アクセスや営業時間など

名称 鶴屋吉信 IRODORI 京都駅八条口
住所 京都市下京区東塩小路町8-3
JR京都駅八条口1F アスティロード内
営業時間・開場時間 9:00~21:00
利用料金や入場料 柚餅 個包装1個540円 箱入1,188円 桐箱入3,240円
参考サイト http://www.turuya.co.jp/tenpo/irodori_top.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

贈る相手にあわせて京都のお土産を選ぼう!

歴史ある和菓子から、新しい時代を志して登場する最新スイーツまで。
京都のお土産はたくさんのスイーツ・和菓子が選り取りみどりです。
ランキングで優劣を付けてはいますが、大切なのは相手の気持ちを考えたお土産チョイス。
ぜひ贈る相手にあったお土産を選んでください。

京都の観光記事についてお探しでしたら、こちらの記事もおすすめです。
京都リピーターが伝授する京都1泊2日のモデルコース3パターン