冬の京都はここに行くべき!絶景&観光スポット5選

季節を問わず多くの観光客が訪れる京都ですが、冬の京都はとても寒いため人出も少し減る時期。そんな冬の京都は、ゆったり各地をまわることができるおすすめの季節ですよ。今回は冬にぜひ巡りたい京都の絶景&観光スポットを5選紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

真っ白な雪と金のコントラストが美しい・金閣寺

相国寺の塔頭寺院である金閣寺は、正式名称を「鹿苑寺金閣」といいます。
昔から京都観光の定番スポットとして人気があり、世界遺産になったことでさらによく知られるようになりました。
写真や映像で目にする鏡湖池に映る金閣が特に有名ですね。
新緑の季節ももちろん美しいですが、雪景色の中に佇む金閣寺は格別。
特に雪が降った日には、真っ白な雪と金のコントラストを一目見ようと、行列ができることしばしばです。

金閣寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 金閣寺
住所 京都府京都市北区金閣寺町1
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 参拝料金 大人400円 小・中学生 300円
参考サイト http://www.shokoku-ji.jp/k_about.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

京都らしい「絶景かな」・南禅寺

禅宗の寺の中でも格の高い南禅寺は、国宝に指定されている三門や方丈、狩野探幽作の「水呑の虎」など、貴重な文化財が数多く残る見どころの多いスポットです。
石川五右衛門の「絶景かな」という台詞でも知られています。
南禅寺の中にあり、多くのドラマや映画のロケ地となっているのが、琵琶湖疏水の水路が流れる水道橋。
境内はどこを切り取っても京都らしい風景が広がり、京都に来たなという実感が湧く場所のひとつですね。
南禅寺の近くには地元グルメである湯豆腐の老舗も多いので、散策で冷えた身体を温めるのもおすすめですよ。

南禅寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 南禅寺
住所 京都府京都市左京区南禅寺福地町
営業時間・開場時間 8:40-17:00(3月1日~11月30日)、8:40-16:30(12月1日~2月28日)
利用料金や入場料 方丈庭園:一般500円、 高校生400円、小中学生300円/三門:一般500円、 高校生400円、小中学生300円/南禅院:一般300円、 高校生250円、小中学生150円 ※団体料金あり
参考サイト http://www.nanzen.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「東洋の宝石箱」と謳われる美しい苔庭・大原三千院

京都の中心部から少し北に上がったところにあるのが、大原三千院。
歌にも歌われたことのある有名観光地です。
中でも見どころは、苔の庭園がひときわ美しい聚碧園です。
「東洋の宝石箱」と賞賛された苔庭は、江戸時代の茶人が造った庭で、心地よいせせらぎが響き渡ります。
秋の紅葉もおすすめですが、冬は苔の上にしんしんと雪が降り積もり時間を忘れるほど。
のどかな風景が広がります。
大原三千院は洛北エリアのパワースポットと言われているので、凛とした空気の中リフレッシュしてみてくださいね。

大原三千院の住所・アクセスや営業時間など

名称 大原三千院
住所 京都市左京区大原来迎院町540
営業時間・開場時間 【3月~12月7日】8:30~17:00 【12月8日~2月】9:00~16:30
利用料金や入場料 一般700円 中高生400円 小学生150円
参考サイト http://www.sanzenin.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

不思議なパワーと天狗が住む・鞍馬寺

鞍馬寺は京都の北部、天狗が住むと言われる鞍馬山に位置しています。
若かりし頃の源義経が修行をした寺としても有名ですね。
本堂の前には六芒星が描かれた金剛床があり、天のエネルギーが集まるのだとか。
そのためパワースポットとしても人気となっています。
豊かな自然に囲まれた鞍馬寺は、四季折々の景色が楽しめるのが魅力ですが、特に外せないのがお正月の時期。
最初の寅の日である「初寅大祭」に訪れると、いつも以上福がある魔除けやお宝札をいただけますよ。

鞍馬寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 鞍馬寺
住所 京都府京都市左京区鞍馬本町1074
営業時間・開場時間 9:00~16:30
利用料金や入場料 高校生以上300円 中学生以下無料
参考サイト https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000050
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

床に映り込む絶景・実相院

実相院は京都北部岩倉に位置する門跡寺院です。
狩野派の襖絵や障壁画、歴代天皇ゆかりの品など、貴重な品々が数多く所蔵されています。
滝ノ間の磨き上げられた床に映る美しい景色が有名で、新緑の春には爽やかな「床みどり」、秋には燃えるような紅葉の「床もみじ」、そして冬には真っ白な「雪化床」が楽しめます。
、庭の奥にはモリアオガエルが住んでいるため、お守りもこのカエルがモチーフになっています。
愛らしいフォルムでお土産にも喜ばれること間違いなしです。

実相院の住所・アクセスや営業時間など

名称 実相院
住所 京都府京都市左京区岩倉上蔵町121
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 大人500円、小中学生250円
参考サイト http://www.jissoin.com/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

冬にしか見られない絶景が待っています

いかがでしたでしょうか。
冬の京都はその寒さから敬遠されることもありますが、冬にしか見られない絶景がさまざま待っています。
冬ならではの美味しいグルメも数々あるので、冷えた身体を京都グルメで温めつつ、散策を楽しんでみてくださいね。
photo by iStock