誰もが1度は憧れる世界一周クルーズ。費用は?コースは?

若いうちは、バックパックを背負っての貧乏旅行で世界一周するのもいいけれど…シニア世代を中心に、クルージングによる世界一周も根強い人気を誇ります。世界一周クルーズの代表的な費用やコースについてご案内します。

世界一周クルーズの魅力とは?

世界一周クルーズの魅力とは?

image by iStockphoto

定年を迎えた人や、シニア世代に人気の旅行と言えば豪華客船に乗って世界中を旅する「世界一周クルーズ」。
大手旅行代理店もクルーズ専門を取り扱う代理店と提携して世界一周クルーズ専門の実店舗を構えるほど、世界一周クルーズは定着しています。

世界一周クルーズの魅力といえばなんといってもタイタニック並みの(それ以上の)豪華客船で優雅に移動を楽しみながら、世界の国々を訪れて文化や芸術に触れることができることではないでしょうか。
陸路の旅もいいけれど、やはり海から見る風景というのは格別なもの!

船内では、カルチャースクールや、エンターテイメントショー、乗船客同士の交流イベントなど「遊び尽くす贅沢」もあれば、たまには海を見ながら「ぼーっとする贅沢」も味わうことができます。

世界一周クルーズの費用・相場はいくらくらい?

世界一周クルーズの費用・相場はいくらくらい?

image by iStockphoto

2名の平均的な利用なら150万円程度から

2名の平均的な利用なら150万円程度から

image by iStockphoto

1度は誰しもが憧れる世界一周クルーズ。
一体いくらくらいの費用で実現できるのでしょうか?

コース」「期間」「人数」「部屋のタイプ」によって値段は大きく変動しますが、価格帯はざっくり150万~1800万という感じ。

期間の平均は100日間くらいで廻るのが平均的で、値段が大きく変動する要因としては「人数」と「部屋のクラス」。
2名1室で、普通の部屋であれば150万くらいでクルージングができるので、現地の食事やショッピングも含めて200万~250万円で実現するのではないでしょうか。

部屋のグレードを上げたり、オプションを付けていくと、快適に過ごせる価格帯は400万円を超えてくる可能性もあります。
予算と理想を突き合わせて、各代理店とすりあわせてください。

贅沢なセレブコースは1800万円程度のプランも

ロイヤルスイートルーム(最高級)の部屋であれば1800万くらいと、桁違いの価格になります。
ロイヤルスイートルームクラスになると、専用バルコニーはもちろん、食事は専属のシェフによる特別メニュー、超高級家具に囲まれた部屋など、一般庶民ではなかなか体験することおができないセレブな扱いを受けることができます。

世界一周クルーズを取り扱っている旅行代理店とは

世界一周を取り扱っている代表的な旅行代理店は以下の3つ。

Cruise Planet

Cruise PlanetはHISと提携している豪華クルーズだけに特化した代理店。
世界一周クルーズだけではなく、さまざまなクルーズ旅行を取り扱っています。
新宿、銀座、横浜、名古屋、大阪、福岡に店舗もあるので、直接相談にのれるのも良いですね。

PRINCESS CRUISES

イギリスのダイアナ妃、オードリー・ヘプバーン、ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃、マーガレット・サッチャーなど世界を代表するセレブから愛されているいるのがPRINCESS CRUISES。
数々のベストクルーズ賞を何度も受賞している世界でもっとも有名なクルーズ専門会社です。
Cruise Planet同様に、世界一周以外のクルーズも取り扱っています。

代表的なクルージングの日数やコースは?

世界一周クルージングでどこをどう回るのかによっても大幅に価格帯や日数が変わりますが、先ほど紹介した代理店が提供しているものをいくつかピックアップしてみましょう。

クイーン・エリザベス 世界一周33日間の場合

クイーン・エリザベス 世界一周33日間の場合

image by iStockphoto

下記のようなコースになっています。
神戸発、ケープタウンからは飛行機で日本に戻ってきます。
世界一周というより、「東南アジア~インド洋周回」のようなイメージがありますが、世界一周クルージングです。

神戸 (日本)
→上海 (中国)
→香港 (中国)
→ニャチャン (ベトナム)
→プーミー/ホーチミン (ベトナム)
→ポートクラン/クアラルンプール (マレーシア) 
→ペナン (マレーシア)
→コロンボ (スリランカ)
→ビクトリア (セイシェル)
→ポート・ルイス (モーリシャス)
→ル・ポール (レユニオン)
→ポート・エリザベス (南アフリカ共和国)
→ケープタウン (南アフリカ共和国)

クイーン・エリザベス 2018年世界一周127日間の場合

クイーン・エリザベス 2018年世界一周127日間の場合

image by iStockphoto

ロンドン発の世界一周クルージング。
もっとも著名な世界一周クルージングコースと考えていいのではないでしょうか。

空路、直行便にてロンドンへ
→ロンドン
→ハミルトン (英領バミューダ)
→ニューヨーク (ニューヨーク州/アメリカ)
→フォートローダデール (フロリダ州/アメリカ) 
→オーチョリオス(ジャマイカ)
→オランジェスタッド(アルバ島)
→パナマ運河 通航 [06:00~18:00]
→プエルト・ケツァル(グアテマラ)
→カボ・サン・ルーカス (メキシコ) 
→サンフランシスコ (カリフォルニア州/アメリカ)
→ホノルル(オアフ島) (ハワイ州/アメリカ)
→ボラボラ島 (仏領ポリネシア)
→パペーテ (仏領ポリネシア)
→モーレア島 (仏領ポリネシア)
→日付変更線通過 (日付が一日進みます)
→オークランド (ニュージーランド)
→ベイ・オブ・アイランズ (ニュージーランド)
→シドニー (オーストラリア)
→ニューキャスル(オーストラリア
→ブリスベン(オーストラリア)
→ラバウル(パプアニューギニア)
→那覇 (日本)
→大阪(日本)
→大阪(日本)
→瀬戸内海クルーズ (08:00-20:00)
→広島(日本)
→関門海峡クルーズ
→釜山 (韓国)
→高知(日本)
→大阪(日本)
→鹿児島(日本)
→上海 (中国)
→基隆 (台湾)
→香港 (中国)
→シンガポール
→マラッカ(マレーシア)
→ペナン島(マレーシア)
→コロンボ (スリランカ)
→ビクトリア (セイシェル) 
→ポート・ルイス (モーリシャス)
→レユニオン(レユニオン)
→ポート・エリザベス (南アフリカ共和国)
→ケープタウン (南アフリカ共和国)
→ウォルビスベイ (ナミビア共和国)
→テネリフェ島 (スペイン領カナリア諸島)
→マデイラ島 (ポルトガル領マデイラ諸島) 
→サウサンプトン (イギリス)
→陸路でロンドンへ移動
→ロンドン発、直行便にて帰国の途へ

ただし、日本に寄りますので、異国気分の雰囲気が壊れないか不安。
家に帰りたくなったりするかもしれませんが、逆に和食をチャージできる機会とポジティブに捉えてもいいでしょう。

日本から出航し帰ってくる世界一周クルージングも当然探せばたくさんありますので、こだわりがある方は代理店にも問い合わせてみてください。
ただし、日本発着だと今度は日本人ばかりのクルージングになるはず。
それが安心という人もいると思いますし、外国人との異国コミュニケーションも求めている人には物足りないでしょう。

自分にあったプランを探して

自分にあったプランを探して

image by iStockphoto

この記事では、世界一周クルージングの概要やざっくり相場・費用、代表例をご紹介しました。
おおまかに世界一周クルージングのことがわかったら、ぜひ「何がしたいか」「どこに行きたいか」など希望をリストアップして、自分にあった世界一周クルージングを探してください!

世界一周の旅のカタチはいろいろ

世界一周のスタイルもひとそれぞれいろいろなカタチがあります。
10万円で超節約しながら(途中バイトもしながら)旅する世界一周もあれば、今回ご紹介したような1800万級の超セレブな世界一周まで。

どんなスタイルでどんな旅をするかによって、旅で感じることや旅で見る景色も違って見えてくるはず。
あなたにあった旅のスタイルでぜひ、世界一周の旅へ。

photo by iStock