日本の小京都・出石で巡りたい!観光スポット6選

「但馬の小京都」出石は、年間100万人もの観光客が訪れる、レトロな雰囲気が漂う城下町です。ぶらり散策にもぴったりな歴史を感じる観光名所も多く、美味しいグルメも堪能できる出石で、ぜひ訪れたいスポットを6選紹介します!

5万8000石の夢の跡・出石城跡

出石城は出石川沿いに立つ山城で、山頂にある有子城と平山城が合わさってできました。
室町時代以降に山名氏によって城が築かれましたが、1580年に落城。
その後小出吉英によって現在の場所に築城されました。
今は城跡となっていますが、本丸跡には隅櫓が復元され、当時の面影を感じさせてくれます。
春にはソメイヨシノが咲き誇り、城跡との美しいコントラストが見られますよ。

出石城跡の住所・アクセスや営業時間など

名称 出石城跡
住所 兵庫県豊岡市出石町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E7%9F%B3%E5%9F%8E
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

出石の時を静かに刻む・辰鼓楼

出石城の周りに栄えた城下町は、かつて5万8000石の繁栄を誇りました。
そんな出石城下町のシンボルとして親しまれているのが、大手前通りにある辰鼓楼。
江戸時代後期の形式で造られた火の見櫓形の時計台で、現在は3代目の時計が出石の時を刻んでいます。
出石に来たらぜひ写真を撮りたい名物スポットです。

辰鼓楼の住所・アクセスや営業時間など

名称 辰鼓楼
住所 兵庫県豊岡市出石町内町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.izushi.co.jp/spmap/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

但馬の文化の中心だった・出石永楽館

明治34年に開館した、近畿でも最古の芝居小屋です。
歌舞伎や劇、寄席や活動写真などが披露されてきた由緒ある場所で、一旦閉館していた時期もありましたが、大改修を経て蘇りました。
貴重な文化の中心で、県の重要有形文化財にも指定されています。
現在でもさまざまな公演やイベントに使われており、公演の無い日には廻り舞台や奈落などの見学が可能。
但馬の大衆文化を脈々と伝えてきた舞台裏を覗いてみては。

出石永楽館の住所・アクセスや営業時間など

名称 出石永楽館
住所 兵庫県豊岡市出石町柳17-2
営業時間・開場時間 9:30-17:00
利用料金や入場料 300円 ※大人個人
参考サイト http://www.izushi-tmo.com/eirakukan/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

豪商の繁栄が垣間見える・出石史料館

かつて生糸を商っていた豪商の旧邸を使った資料館です。
出石藩ゆかりの史料がさまざま収められています。
この建物は京都から凄腕の職人を招き、お金に糸目をかけずに造られたもので、土台の石だけでも家が建つと言われるほどの価値があるのだとか。
明治時代を代表する数奇屋風の建造物となっています。
県の住宅百選にも選ばれるなど歴史的価値が高く、重要史料だけでなく建物も一見の価値ありですよ。

出石史料館の住所・アクセスや営業時間など

名称 出石史料館
住所 豊岡市出石町宵田78
営業時間・開場時間 9:30~17:00(最終入館16:30)
利用料金や入場料 大人300円 高・大学生180円 小・中学生無料
参考サイト http://www.izushi.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

武士になった気分で・出石家老屋敷

真っ白な土塀と長屋門が印象的なこの建物は、かつて高級武士の邸宅として使われていたもの。
出石城の内堀近くにある内町通りに面しています。
江戸時代の三大お家騒動のひとつ「仙石騒動」に関わった、仙石左京の屋敷跡に建っているため、「左京屋敷」とも呼ばれています。
外から見ると平屋に見えますが、その内部は隠し階段がある二階建て。
刀が使いずらい低い天井や屋根裏への通路など、襲撃に備えた造りになっており、さすが武士の屋敷だったことが伺い知れます。

豊岡市立出石家老屋敷の住所・アクセスや営業時間など

名称 豊岡市立出石家老屋敷
住所 兵庫県豊岡市出石町内町98
営業時間・開場時間 午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで) 休館日:12/31,1/1
利用料金や入場料 一般100円、大学・高校生80円、中学生以下は無料
参考サイト http://www.izushi.co.jp/2015/11/karouyashiki/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

出石そばの本場で・そば打ち体験

観光の楽しみのひとつと言えば、ご当地グルメは外せないポイントです。
出石を訪れる多くの人々のお目当ては、城下町と白磁の出石焼小皿に盛り付けられた出石皿そばでしょう。
お店で美味しいそばをいただくのも良いですが、出石にはそば打ち体験のできる「そば道場」がさまざまあります。
自分で作るとその味わいは格別。
手づくりならでは味を楽しんでみましょう!

出石皿そば 一鶴(イッカク)の住所・アクセスや営業時間など

名称 出石皿そば 一鶴(イッカク)
住所 兵庫県豊岡市出石町福住字上清水191-1
営業時間・開場時間 10:30~19:00 (夕方は売切れご免 18:00以降はご予約をお願い致します)
利用料金や入場料 お1人様 3,000 (グループ(2~5人)お1人様 1,500)
参考サイト http://www.ikkaku-soba.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いにしえの繁栄を感じる、のんびりした休日を

いかがでしたでしょうか。
「古事記」や「日本書紀」にも記されているほど歴史深い出石は、老若男女がゆったり楽しめるスポットがさまざまあります。
近畿各地からのアクセスもスムーズなので、日帰りでプチ旅行気分を味わうにもぴったりですね。
photo by iStock