やっぱり週末弾丸でいくなら香港かな~と思える絶景&観光スポット10選

1984年に中国の特別行政区としてイギリスから返還された香港。日本からも約5時間と近いこの都市は、東洋の真珠とも呼ばれ世界中から多くの方が訪れる一大観光地になっています。そんな香港の人気スポットからちょっとマイナーなお薦め観光地までご紹介いたします。

ゴンドラに乗って空中散歩へ

香港の海と山の景色を楽しむならゴンピン360(Ngong Ping360)で空中散歩に出かけましょう。
全長5.7km、所要時間25分のロングフライトでは香港の海と空、そしてランタオ島の自然など360度味わえますよ。
人気スポットですので午前中がお薦めです。

森に鎮座する巨大な大仏

ランタオ島上部には屋外にある大仏としては世界で最も大きな天壇大仏が鎮座しています。
長い270段の階段を登りきれば更にその大きさを感じることができるでしょう。
大仏内部には展示館も併設されており仏舎利(釈迦の遺骨の一部)を見物することもできます。

植民地時代を感じさせる香港有数の観光地

香港島や九龍を見渡せるヴィクトリアピーク。
この地は植民地時代、西洋人が蒸し暑い香港の中で少しでも涼しい場所を求め出来上がった高級住宅街でもあります。
夜景も素晴らしいですが、昼間の涼しさを体感しに行くのも面白いでしょう。

あなたも香港映画の主役に

アベニュー・オブ・スターはアジアのハリウッドと称される香港映画のスターやロケ風景の像が立ち並ぶウォーターフロントプロムナードです。
大スター、ブルース・リー像の前は常に人で溢れかえっていますので、早朝のお散歩ついでに是非同じポーズで写真撮影してくださいね。

文武両道を叶えてくれる最古の寺院

文武廟は香港最古の道教寺院と言われています。
三国志で有名な武の神、関羽と学問の神である文昌帝君が祀られています。
絶やさずたかれるお線香の香りと赤や金を基調にした装飾などによりそのご利益を感じることが出来るでしょう。

地上393mからの超絶景

香港で一番(世界で4番目!)の高層ビルICCの100階にある展望デッキ、スカイ100は地上からなんと393mの高さに位置しています。
香港を見下ろすその景色は昼夜問わず見るものの目を楽しませています。
景色はもちろん、100Fまでわずか60秒で上がることが出来るダブルデッキエレベーターも是非体験してもらいたいものです。

大都会香港でトレッキング体験

都会の喧騒から離れて大自然を堪能できるのも香港の醍醐味です。
ランタオトレイルはランタオ島を回る自然を満喫出来るコースとなっており、セクションで分かれていますので体力・体感したい自然を選んで歩くことができます。
都会とは真逆の静けさと自然の美しさをその足で踏みしめてください。

美しい砂浜と静かな海

ヨーロッパのリゾート地を思わせるレパルズベイは香港で最も美しいビーチと呼ばれています。
三日月状のビーチには白い砂浜が続き、海の透明度も高いことから近隣諸国を始め欧米からの観光客も多いスポットになっています。
シャワーや更衣室などの設備も整っているので安心して楽しめますね。

頭上ギリギリのスリルと開放感

九龍のメインストリート、ネイザンロード(彌敦道)は是非ともオープントップバスで楽しんでみてください。
色とりどりの看板をギリギリの高さでくぐり抜ける爽快感はクセになりますよ。

家族でのんびり自然研究

香港湿地公園は香港中心地から電車で約1時間のところにあり、東京ドーム約14個分という広大な敷地面積を誇る自然を堪能できるテーマパークです。
ビジターセンターでお勉強したあとはのんびりと湿地をお散歩してみてください。

さあ旅へ出かけよう

蒸し暑い香港ですが、その暑さを吹き飛ばすくらい素晴らしい絶景が待っています。
空気を肌で吸い取り、足で香港のパワーを感じ、未だ見ぬあなたしかしらない香港の絶景を探しに出かけましょう!
photo by iStock