歴史を感じる旅をするなら…中国・洛陽で見るべき観光スポット5選

世界的にも有名な中国の古都、洛陽。名前は聞いたことあるけど、どんな都市なのか詳しいことはわからない、という方も多いのではないでしょうか。意外と見どころはたくさんあるのですよ。そこで、選りすぐりのおすすめスポットを5つご紹介します。

中国3大石窟の1つである龍門石窟

龍門石窟(りゅうもんせっくつ)は、5世紀末から7世紀にかけて造られた大規模な石窟寺院で、ユネスコ世界文化遺産にも登録されています。
敦煌の莫高窟、大同の雲岡石窟に並ぶ中国3大石窟のひとつです。
当時の北魏の皇帝が仏教に対する深い信仰もあったことから、当時の都である洛陽に、このような大規模石窟が建設されることになりました。

洛陽の仏教建築では、龍門石窟が一番有名な建造物となります。
北魏から唐代にかけて、約400年もかけて造り続けられたというから驚きです。

中国3大石窟の1つである龍門石窟の住所・アクセスや営業時間など

名称 中国3大石窟の1つである龍門石窟
住所 河南省洛?市洛?区???
営業時間・開場時間 現地時間 07:30-18:30
利用料金や入場料 120元
参考サイト http://baike.baidu.com/subview/1759/19044727.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍門石窟最大の石窟、奉先寺洞にある廬舎那大仏

奉先寺洞の本尊となるのが、廬舎那大仏(るしゃなだいぶつ)です。
高さは約17mで、建設当初は全身に金箔が貼られていたともいわれています。
廬舎那大仏は、当時実権を握っていた中国史上唯一の女帝である、則天武后をモデルにしたという説もありますが、真相はなぞのままです。

中国の3大石窟の中でも特に硬い材質の石であるにもかかわらず、これだけの大きさと、なめらかな曲線からなる見事な細工は、思わず見とれてしまいますね。

廬舎那大仏の住所・アクセスや営業時間など

名称 廬舎那大仏
住所 河南省洛?市洛?区??石窟景区西山石窟内
営業時間・開場時間 現地時間 07:30-18:30
利用料金や入場料 120元
参考サイト http://www.baike.com/wiki/%E5%8D%A2%E8%88%8D%E9%82%A3%E5%A4%A7%E4%BD%9B
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

洛陽人に愛される美しい牡丹

中国では古くから、洛陽の土地に咲く花は美しく、特に牡丹が一番良いといわれてきました。
そのため洛陽の人々は牡丹を愛でるという伝統的な文化があり、多くの人に親しまれています。
この牡丹を存分に楽しめるのが洛陽の「牡丹祭り」です。

毎年4月15日から5月10日までの期間、洛陽市の各牡丹園で開催されています。
中でも洛陽国際牡丹園は、中国中原地区最大規模で、国内の牡丹だけでなく日本やフランス・アメリカなど海外の品種も数多く取り揃えているので、行ってみる価値はありあそうですね。

壮大なスケールで圧巻の音楽噴水

水辺全体の規模が約12万平方メートルという、高大な洛陽の総合音楽噴水。
アジア最大級といわれるのもうなずけます。
噴水そのものに色がついたように照らされる光のほか、サーチライトで噴水に模様が描かれたりと、観る人を次々と楽しませてくれます。

流れる音楽は、交響曲からダンスミュージックとさまざま。
音楽のリズムに合わせて水が噴射される演出は、目だけでなく耳も楽しませてくれるのがうれしいですね。
地元の人はもちろん、観光客にも大変人気のエンターテインメントショーです。

音楽噴水の住所・アクセスや営業時間など

名称 音楽噴水
住所 河南省洛?市?元大道南?
営業時間・開場時間 現地時間 20:00-20:20
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://baike.baidu.com/item/%E6%B4%9B%E9%98%B3%E9%9F%B3%E4%B9%90%E5%96%B7%E6%B3%89/3393658?fr=aladdin
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

洛陽の夜の街並みは、美しく賑わう

暗闇の中、中国らしいデザインの建築物が光に照らされる姿は、思わず見とれてしまうほど美しい光景で、世界中から訪れる観光客を魅了しています。
洛陽ではかつて多くの古代建築物がありましたが、残念ながら現在ではその多くが姿を消してしまいました。
しかし現在では、伝統的な中国の古代建築物と新しい現代建築物が融された建物も、徐々に建設されています。

ライトアップされた華やかな中国建築物に囲まれて、ぜひ、“今”の洛陽を満喫してください。

Luoyangの住所・アクセスや営業時間など

名称 Luoyang
住所 People’s Republic of China Henan, Luoyang,
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ly.gov.cn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

親しみがある中にも、独特の中国文化が験できる洛陽

いかがでしたか?日本人にも親しみのある仏教建築物から、美しい牡丹の花々で古き良き中国の歴史を感じるも良し。
音楽噴水やライトアップされた夜の建物を愛でて、現代の洛陽を感じるも良し。
あなたもぜひ、隣国の古都に触れてみてください。
photo by iStock