激動の世界史を創りあげたポルトガルの古き良き港町、ポルト

ローマ帝国時代から港町として栄えていたポルトガル、ポルト。昔の趣を残した街並みに、青く広がる海は壮観です。今回はポルトの見どころスポットについてお話ししていきたいと思います。

天高くそびえるような港町

こちらはドウロ川越しに見たポルトの都市の全景。
空に伸びていくように立ち並ぶ赤い屋根に白い壁、橙色に照らし出された街並みに、水鏡に反射する光が幻想的です。
当時の色をそのまま残したような雰囲気が素敵ですよね。

カラフルに彩られたポルト市街の路地

目に鮮やかなエメラルドグリーン、オレンジの壁はとてもメルヘンチック。
歩いているだけで童話の世界に迷い込んだ気分にさせてくれます。
ポルトは特に歴史的建造物がそのまま残されていることでも有名なのです。

ロープウェイで空中散歩

上空に青い空、下には広がるドウロ川、見渡す限りの赤い屋根の都市の上を空中散歩!ロープウェイというと山にあるイメージなので、これには驚きです。
お天気の良い日にポルトの都市上空で空のお散歩はいかがでしょうか。

厳かな雰囲気のポルト市庁舎

こちらはポルトの市庁舎。
1920年からなんと50年という長い年月をかけて完成されたとのこと。
昔の宮殿のようなその佇まいは一見の価値ありです。

ポルト市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 ポルト市庁舎
住所 Praca da Liberdade, Porto.
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.geocities.jp/spacesis_porto/html/cidade_do_porto/aliados.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

芸術的な装飾の数々が美しいカルモ教会

こちらはカルモ教会。
ポルトではアズレージョと呼ばれる、涼しげで、かつ趣のあるブルーの壁画が有名で、この教会の壁にも描かれています。
ですが、それだけではなく、この美しい正面玄関も見どころ。
透明感に溢れた佇まいに思わず足を止めてしまうことでしょう。

カルモ修道院の住所・アクセスや営業時間など

名称 カルモ修道院
住所 Largo do Carmo, 1200-092 Lisboa
営業時間・開場時間 現地時間10:00-18:00
利用料金や入場料 3.5ユーロ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%A2%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワイン好きにはたまらない、ポートワイン

ポルトはワインが特産品。
18世紀頃にこのポルトの港からたくさんのワインが出荷されるようになったのだとか。
今でもワインが特産品として多くの人々に愛されています。
ワイン好きの方はz日ポルトのワイナリーにも足を運んでみてはいかがでしょう。

異世界への扉のように佇むクレゴリス教会

その昔、イタリア人の芸術家の手によって作られたとされるクレゴリス教会。
見る人の心を奪うこの教会の美しさは外観だけには止まりません。
また、教会にそびえ立つ塔の上からはポルトの街並みがよく見渡せ、観光スポットとしても人気があります。

Church of Sao Pedro dos Clerigosの住所・アクセスや営業時間など

名称 Church of Sao Pedro dos Clerigos
住所 Rua S. Filipe de Nery 10, Porto
営業時間・開場時間 9:00-18:45
利用料金や入場料 大人:教会は無料、塔は3ユーロ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%82%B4%E3%82%B9%E6%95%99%E4%BC%9A
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

青と白、二色の色が織り成す芸術

先述したアズレージョが施されたこちらの教会、サント・イルデフォンソ教会と呼ばれています。
前面に施された青と白の色合いが実に美しいアズレージョは教会の神秘的な雰囲気をより引き立てています。

光り輝く黄金の橋、ドン・ルイス1世橋

夜景が美しいこちらの写真、ドウロ川にかかったドン・ルイス1世橋。
エッフェル塔を手がけたギュスターヴ・エッフェル氏のお弟子さんの一人、テオフィロ・セイリグが設計。
夜景も夕焼けもとても綺麗でオススメ。

ドン・ルイス1世橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 ドン・ルイス1世橋
住所 Ponte D. Luis I, Porto.
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B91%E4%B8%96%E6%A9%8B
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

光り輝く太陽と、煌めく川

太陽の光に爽やかに照らし出されたドウロ川と周辺の家々。
川のギリギリにまで建物が敷き詰められた光景を我が国日本で目にする機会はあまりないように思います。
ですので、より非現実的な、お話の中の世界の光景のように私たちは感じるのかもしれません。

さあ、旅に出かけよう

美しい港町、ポルトのご紹介でした。
外国の港町というとファンタジーのイメージがとても強いのですよね。
画面の中だけでなく、リアルの場でも目にすることができるのはとてつもない幸運なのではないかと感じます。
夜のポルトの街に繰り出して、お酒を楽しむのもまた一興。
ぜひ訪れてみてくださいね。
photo by iStock