カナダ、プリンス・エドワード島で赤毛のアンを訪ねる旅

今なお、世界中で愛され続ける、児童文学の名作「赤毛のアン」。作者L.M.モンゴメリの故郷で、物語の舞台となったカナダ、プリンス・エドワード島は、なだらかな丘と透き通るような海と空のコントラストがまるで絵葉書のような、世界で最も美しい島として知られています。さあ、アンを訪ねる旅に出かけましょう!

アンの原点がここに L.M.モンゴメリの生家を訪ねる

孤児院からやってきた、そばかすのある赤毛の女の子、アン・シャーリー。
想像力豊かなアンは、プリンス・エドワード島の大自然に育まれながら、1つずつ困難を乗り越え、成長していきます。
アンが日頃、眺めた風景は、作者L.M.モンゴメリが幼少時代に眺めた風景そのものであり、彼女の生まれ育った生家が、当時のまま大切に保存されています。

Lucy Maud Montgomery’s Birthplaceの住所・アクセスや営業時間など

名称 Lucy Maud Montgomery’s Birthplace
住所 6461 Rt. 20, New London, Prince Edward Island,Canada
営業時間・開場時間 5月中旬-10月中旬 現地時間9:00-17:00
利用料金や入場料 大人4ドル
参考サイト http://www.lmmontgomerybirthplace.ca/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

赤毛のアンの聖地!グリーン・ゲイブルズ・ハウス

グリーン・ゲイブルズ・ハウスは、モンゴメリの親戚が暮らしていた家で、物語でアンが住む緑の切妻屋根の家のモデルとなった家。
年間35万人もの人がこの家を訪れる、赤毛のアンの聖地ともいえる場所です。
物語にもしばしば登場する「恋人の小径」「お化けの森」といった小道もグリーン・ゲイブルズから続いていて、気軽に散策することができますよ。
毎年5月下旬から10月中旬に開催されるシャーロットタウン・フェスティバルでは、赤毛のアンミュージカルが上映されており、多くの人々で賑わいます。

グリーン・ゲイブルズ・ハウスの住所・アクセスや営業時間など

名称 グリーン・ゲイブルズ・ハウス
住所 Rt. 6, Cavendish, Prince Edward Island C0A 1M0
営業時間・開場時間 5~10月 9:00~17:00 11月は団体予約のみ
利用料金や入場料 7.8ドル (5-6月と9/7-10/31は6.3ドル、4/15-30と11月は3.9ドル)
参考サイト https://www.tourismpei.com/jp/green-gables-house
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

島全体がハイキングコース!

なだらかな丘と美しい浜辺の海岸線が永延と続くプリンス・エドワード島には、かつての鉄道の路線を利用して整備されたハイキングコースが島中に張り巡らされています。
サイクリングをするにも、ゆったり散策をするにも最高のロケーションです。

島の特産、ロブスターを堪能しよう

プリンス・エドワード島は、肥沃な赤土の大地と豊かな海に囲まれた、食材の宝庫としても知られています。
特に、島の名物でもあり、地元の人もこよなく愛する、近海で採れる最高級ロブスターは絶品の一言!島にはロブスターを扱うレストランが至る所にあり気軽に楽しむことができますよ!

季節の花々を楽しもう

セントローレンス湾のゆりかごとも呼ばれるこの島には、四季折々の美しい花々が咲き誇り、その光景は人々を穏やかな気持ちにさせてくれます。
アンの大好きな、メイフラワーの花や、ライラックやルピナスといった北国ならではの花も、この島の代表的な花として知られています。

アンの面影を探して

「赤毛のアン」は単なる児童文学ではありません。
私たちが生きていく過程で何がほんとうに大切なことなのかということを教えてくれる一種のバイブルなのです。
決して恵まれているとは言い難い1人の少女が、様々な壁に直面しながらも、前向きに人生を歩む姿は、多くの人々に感銘を与えてきました。
プリンス・エドワード島の景色の中には。
今でもアンの息吹が聞こえています。

 

photo by iStock