散歩するだけでアメリカが学べる公園「ナショナル・モール」

アメリカにはニューヨークやサンフランシスコ、シアトルといった大都市が多くありますが、その中でも政治の面でアメリカを代表する都市はやはり首都であるワシントンD.C.です。観光スポットも数多く存在しますが、訪れた際に必ず押さえておくべきスポット「ナショナル・モール」について紹介します。

中心部にある細長い国立公園

ナショナル・モールとは都市のちょうど真ん中にある細長い国立公園です。
近くにはポトマック川という大きな川が流れており、すぐ近くには駅もあるため、アクセスが非常に便利です。

周囲を取り囲む有名スポット

おそらく見覚えある建物を見つけられた方もいるかもしれませんが、アメリカの重要なスポットや建物が公園を取り囲んでいるかのように、並んで建てられています。
そのため、公園周辺を歩くだけでも、アメリカの歴史や文化が学べるという魅力を兼ね備えています。

首都を一望できる記念塔

ここからは先ほど述べた公園周辺のスポットについて紹介します。
まずは上記の写真でも目立っていたワシントン記念塔です。
この塔は公園の中心部に建てられており、登ることでワシントンD.C.全体の風景を見ることができます。

戦争の悲惨さを物語る記念碑

ワシントン記念塔の目の前には、第二次世界大戦で亡くなったアメリカ兵を追悼する記念碑があります。
当時、敵国であった我々にとっては少し行きづらいかもしれませんが戦争への悲しみは双方同じ気持ちです。

アメリカの中枢はお化けの館?

誰もが知る名言を残した人物

記念碑からポトマック川のほうへ歩くと、日本でもおなじみのリンカーン大統領の像があります。
今なお国民が尊敬する大統領でもあり、「人民の、人民による、人民のため政治」という名言は世界中に知れ渡っています。

予約必須の国会議事堂

リンカーン像とは反対側に位置する国会議事堂は、1866年に完成した趣ある外観となっています。
ほとんどの場合、見学ツアーに参加しなければ中へ入ることはできません。

1週間でも足りない巨大な博物館

巨大な博物館や美術館を説明する際に、「1日だけでは足りない」といった表現を見かけることはよくあります。
しかし、いくつもの建物に分けられたスミソニアン博物館は、世界一の規模と呼ばれるだけあって、1日どころか1週間あっても回ることはできないでしょう。

摩訶不思議なモダン芸術たち

スミソニアン博物館の中でも、特に異彩を放つ場所がハーシュホーン博物館と彫刻の庭です。
主にモダン芸術を展示しており、どれも見る人それぞれで捉え方が異なる不思議なオブジェばかりです。
ちなみにこの写真のオブジェでは、観光客がこぞって同じポーズをして撮影しています。

世界一を管理するオシャレな本部

ヨーロッパ風のオシャレな建物の正体は、先ほど紹介した世界一のスミソニアン博物館を管理・運営するスミソニアン協会の本部です。
目の前には桜の木が植えられており、まさに和洋折衷の風景です。

異国の地でお花見

公園内には沢山の桜が植えられており、毎年春には桜祭りが開催されます。
もちろん日本の花見のような文化は存在しませんが、アメリカ国内だけではなく海外からも桜を見ようと多くの観光客が訪れています。

アメリカを知りたいならナショナル・モールへ

ナショナル・モールは一見すると広い公園に見えてしまいますが、周辺には文化や歴史、科学や政治といったアメリカの全てを学べる施設が肩を並べています。
是非、ナショナル・モールに訪れて、アメリカを学びながら楽しんでみましょう。
photo by iStock