日本から最も近いヨーロッパ、ロシア・ウラジオストックで見るべき観光スポット10選

軍港としても漁港としても深い歴史の残るウラジオストクには、地元の文化が色濃く伝わってくるスポットがたくさんあります。地元の方々と同じように街並みを歩く事で、日本では感じられなかった何かに気付く事が出来るかもしれません。今回はそんなウラジオストクの魅力的なスポットをご紹介します。

シベリア鉄道の発着点・ウラジオストク駅

シベリア鉄道の発着駅である「ウラジオストク駅」。
電車でウラジオストクを観光するなら避けて通れないスポットですね。
駅構内にはお洒落なハンバーガー屋さんなどの飲食店も入っているので、観光スポットとしても非常に人気です。
また、駅の裏手にあるウラジオストク港とは橋で結ばれており、客船へのアクセスも良いのが魅力の一つといえます。

ウラジオストク駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 ウラジオストク駅
住所 Railroad Square, Vladivostok, Russia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 電車による
参考サイト http://vladivostok.dzvr.ru/#_=_
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウラジオストックのメインストリート・スヴェトランスカヤ通り

金角湾に向かって伸びる「スヴェトランスカヤ通り」はウラジオストックのメインストリートです。
周囲にはウラジオストク中央駅や百貨店、路面電車など近代的な建物が並び、その様子から「ロシアのサンフランシスコ」とも呼ばれています。
また、通りにはさまざまな国の料理店が多い事でも有名で、ロシアだけでなく各国の料理を楽しむ事が出来ます。

スヴェトランスカヤ通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 スヴェトランスカヤ通り
住所 Vladivostok,Svetlanskaya Street
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.vlc.ru/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウラジオストク市民にとっても憩いの場ナーベレジナヤ通り

市中心部西側にある海岸沿いの「ナーベレジナヤ通り」には、食品や雑貨を扱う露天商が建ち並び、特に晴れた日には散策する人で賑わっています。
遊園地や魚市場、水族館、要塞博物館からも近く、黄金橋も間近に見る事が出来ます。

また、通りには公園が設置されており、歩き疲れたら海を見ながらゆっくり休めます。
休日には催し物が開催されるなど、ウラジオストク市民にとっても憩いの場になっています。

ナーベレジヤナ通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 ナーベレジヤナ通り
住所 Vladivostok,Naberezhnaya
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://wikimapia.org/street/662532/ja/%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%A4%E9%80%9A%E3%82%8A
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウラジオストクの街全体を眺められる金角湾

ウラジオストクを象徴する観光スポットである「金角湾」は、かつて中国領土であったことからこの名前が付けられました。
金角湾をまたぐ全長約800mを誇る「黄金橋」は、歩いて渡る事ができ、ウラジオストクの街全体を眺められます。

特に霧がかかっている時期に橋を渡ると、まるで空を飛んでいるかのような視界を楽しむ事ができ、写真スポットとしてもおすすめです!

金角湾の住所・アクセスや営業時間など

名称 金角湾
住所 Vladivostok, Russia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/金角湾_(ウラジオストク)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

華やかで美しいアンドレイ教会

ウラジオストクのお土産中心の露天が並ぶアンドレイ坂の上にある「アンドレイ教会」は、ロシア正教会の建物で、まるで絵に描いたように華やかで美しい教会です。
内部は金と白を基調としたエレガントな造りで、壁にはたくさんのイコン(聖像)が置かれており、厳かな空気が流れています。

また、アンドレイ教会からの眺めも美しく、金角湾を見下ろす事が出来ます。

Andrew Churchの住所・アクセスや営業時間など

名称 Andrew Church
住所 Koraberinaya st 9 Vladivostok
営業時間・開場時間 09:00-12:00」「14:00-18:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Church_of_Saint_Andrew_(Vladivostok)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

絶好の写真スポット・ニコライ二世凱旋門

アンドレイ教会の隣にある「ニコライ凱旋門」はシベリア鉄道定礎式に、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝・ニコライ2世がウラジオストクを訪問したのを記念して造られたものです。
金・赤・青といった鮮やかな色使いの、可愛らしいお城のような外観で、絶好の写真スポットといえます。

また、周辺には自然が多いので、高台で景色を見ながら一休みも良いですね。

ニコライ2世凱旋門の住所・アクセスや営業時間など

名称 ニコライ2世凱旋門
住所 Petra Velikogo St., 6, Vladivostok, Russia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.vlc.ru/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウラジオストクを一望できる鷹の巣展望台

金角湾に面した高台にあり、ウラジオストクの街を一望できる「鷹の巣展望台」は、その景観もさることながら、恋人たちが展望台の柵に南京錠を取り付け、永遠の愛を誓う事から「恋人たちの聖地」としても有名のスポットです。

展望台から美しいウラジオストクの街並みを眺めながら永遠の愛を誓うなんてロマンチックですよね。
展望台の近くにはおみやげ屋さんもあるので、ショッピングにも最適です。

鷹の巣展望台の住所・アクセスや営業時間など

名称 鷹の巣展望台
住所 Vladivostok 28-13,Russia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://urajio.com/item/0511
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本では珍しい展示物の数々・海洋水族館

ウラジオストク沖のルースキー島にある「海洋水族館」は、プーチン大統領が訪問し、アシカたちと触れ合った事でも有名の水族館です。
中にはチョウザメやワニ、タラバガニなどが展示されてあるほか、日本の水族館には珍しい剥製などの展示物も多く、博物館のようでもあります。

また、お土産でもホルマリン漬けの動物などが手に入るため熱心なマニアにとっては魅力的なスポットといえます!

Oceanarium Akvamirの住所・アクセスや営業時間など

名称 Oceanarium Akvamir
住所 Batareynaya st., 4, Vladivostok 690091, Russia
営業時間・開場時間 月曜日11.00?18.00、火曜日日曜日10.00?18.00
利用料金や入場料 350 ルーブル
参考サイト http://www.akvamir.org/#
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

実際の兵器に触れられるウラジオストク要塞博物館

海岸沿いの高台にある「ウラジオストク要塞博物館」では、展示された旧式武器を見るだけでなく、触ったり操作したりする事も出来る日本では珍しい博物館です。

他にも軍事関係の資料や勲章、無線機等の展示があります。
また、屋外には実際に使われていた砲台やミサイルなども展示されており、要塞として発展しているウラジトストクの文化を感じる事が出来ます。

Vladivostok Fortress Museumの住所・アクセスや営業時間など

名称 Vladivostok Fortress Museum
住所 Batareinaya St., 4a, Vladivostok, Russia
営業時間・開場時間 10:00-17:00
利用料金や入場料 150ルーブル
参考サイト https://4travel.jp/overseas/area/europe/russia/vladivostok/kankospot/10461338/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソ連軍を称えた資料館・S-56潜水艦博物館

第二次世界大戦中にソ連軍が実際に使用していた潜水艦が展示されている事でも有名な「S-56潜水艦博物館」。
現在、内部は博物館として改装され、国のために戦ったソ連軍の戦士を英雄として語り継ぐための展示物など、戦争の記録を知る事が出来ます。

また、艦内の階下には当時の船員が実際に使用していた寝床などが、そのまま保存されており、戦時中の空気を肌で感じられます。

S-56 Submarine Museumの住所・アクセスや営業時間など

名称 S-56 Submarine Museum
住所 Korabelnaya Naberezhnaya, Vladivostok, Russia
営業時間・開場時間 10:00-18:00
利用料金や入場料 入館料100ロシアルーブル 館内写真撮影料50ロシアルーブル
参考サイト http://museumtof.ru/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

軍と港の街・ウラジオストク

 

ウラジオストクは日本から90分で行ける事でも有名な場所です。
日本から一番近い外国といっても過言ではないかもしれませんね。
ウラジオストク市民には親日家も多く、ところどころでは日本語を通じる店もあるため、海外旅行デビューをしやすい場所かもしれませんね。
気軽に行けて異文化に触れられる、ウラジオストクに行ってみませんか?
photo by iStock