日本の小京都・倉吉で巡りたい!観光スポット6選

打吹山の麓に広がる白壁の土蔵や新緑の小路。その風情あふれる鳥取県倉吉の風景は、「山陰の小京都」と呼ばれる味わいある雰囲気です。今回はそんな昭和の香り漂う商人の町倉吉で、ぜひ巡りたいスポットを6選紹介します。

しっとりした歴史ある街並み・白壁土蔵群

倉吉をしっとりと流れる玉川沿いには、江戸時代や明治時代に建てられた白壁土蔵群が建ち並んでいます。
赤瓦に白い漆喰壁の街並みは、日常生活ではなかなか出会えない風景。
玉川に架けられている石橋を渡れば、当時の雰囲気を肌で感じることができそうですね。
こじんまりしたエリアなので気軽に散策しながら、ゆったり流れる時間に浸ってみましょう。

白壁土蔵群の住所・アクセスや営業時間など

名称 白壁土蔵群
住所 鳥取県倉吉市魚町、東仲町、西仲町、西町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.apionet.or.jp/kankou/html/midokoro1.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

巨大な九曜星占盤が目印・満正寺

パワースポットとしても有名な寺で、1699年建立。
古来から星占術を用いた九曜星占盤が有名で、占いが好きな人には外せない注目のスポットです。
九曜星占盤は直径8mと日本一の巨大なもの。
満正寺に古来から伝わってきた秘伝の星占術が現代風にアレンジされています。
自分のことを見つめ直したり、気になる人との相性を占ったり。
女子旅でも盛り上がりそうなスポットですね!

曹洞宗 透關山 満正寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 曹洞宗 透關山 満正寺
住所 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2948
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.manshouji.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

梨が結んだ中国との絆・燕趙園

鳥取名産と言えば梨。
鳥取県はそんな梨つながりで中国河北省と友好をを結んでおり、そのシンボルとして造られた中国庭園が燕趙園です。
日本最大級の中国庭園で、建物は全て本場中国で設計から資材の調達、加工まで行った上で、日本に持ち込んで建設したのだとか。
ドラマの撮影舞台になったこともあり、春と秋に「中華コスプレ大会」が行われています。

image by iStockphoto

中国庭園「燕趙園」の住所・アクセスや営業時間など

名称 中国庭園「燕趙園」
住所 鳥取県東伯郡湯梨浜町引地565-1
営業時間・開場時間 9:00~17:00営業(イベントによる)
利用料金や入場料 大人(個人)500円 団体割引、小中学生設定料金あり (施設、イベントによる)
参考サイト http://www.encho-en.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

風光明媚な鶴の池・東郷湖

東郷池とも呼ばれている東郷湖は、鶴が翼を広げたように見えるため鶴の池としても知られ、「山陰八景」にも数えられている風光明媚なスポットです。
東郷湖の湖底からは温泉が湧き出ているため、西岸にはわい温泉、東岸に東郷温泉が位置しています。
出雲山にある展望台からは、東郷湖や日本海が一望。
素敵なビュースポットとしてカップルにも人気ですよ。

東郷池の住所・アクセスや営業時間など

名称 東郷池
住所 鳥取県東伯郡湯梨浜町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tottori-guide.jp/sp/tourism/tour/view/136
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本唯一の湖上温泉・はわい温泉望湖楼

はわい温泉にある露天風呂は、東郷湖上にあるという変わり種。
温泉が豊富な日本でも、湖の上で温泉が楽しめるのは東郷湖だけです。
湖の向こうから輝く朝日が昇り、また夕陽が沈んでゆく。
時間によって移り行く東郷湖の風情ある景色を、ゆったりと温泉に浸かりながら眺められます。
日帰り入浴もOKなので、倉吉散策の途中でリラックスしに行くのも良いでしょう。

はわい温泉望湖楼の住所・アクセスや営業時間など

名称 はわい温泉望湖楼
住所 鳥取県東伯郡湯梨浜町はわい温泉4-25
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 1泊10,500円~
参考サイト http://www.bokoro.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

一年中楽しめる・倉吉市営温水プール

倉吉市が運営する倉吉市営温水プールは、市営だからと言って侮ってはいけません。
遊泳プールや子どもプール、流れる水プールや6種類もあるリラクゼーションプール、全長61m、高さ7mの迫力あるウォータースライダーなど、充実の施設となっています。
浮き輪や遊泳グッズは無料貸し出しがありますし、真冬でも一年中プールが楽しめるので、アクティブな遊びが好きな方には特におすすめですよ。

倉吉市営温水プールの住所・アクセスや営業時間など

名称 倉吉市営温水プール
住所 鳥取県倉吉市駄経寺町198-2
営業時間・開場時間 午前10:00~午後9:00(4月~9月)午前10:00~午後8:00(10月~3月)
利用料金や入場料 通 常 10時~18時 一 般 520円 60歳以上 360円 小中高生 210円 幼 児 (3歳以上) 無料 夕 刻 18時~閉館 一 般 310円 60歳以上 210円 小中高生 110円 幼 児 (3歳以上) 無料 回 数 券 12回分 一 般 5,200円 60歳以上 3,600円 小中高生 2,100円
参考サイト http://www.kurayoshi-pool.info/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コンパクトな街並みに魅力が詰まった倉吉

いかがでしたでしょうか。
赤瓦・白壁土蔵群の街並みは、国の重要文化財にも登録されている歴史深いスポットです。
小京都でゆっくり散歩しながら、古くからの文化に触れてみたり温泉でのんびりしたり。
日頃の疲れをリフレッシュしてみてくださいね。
photo by PIXTA and iStock