神はここにいたか…韓国で見れる幻想的な絶景10選

2007年に、世界的な規模の溶岩洞窟や、多様な貴重生物や絶滅危惧種の生息地として済州島の豊かな自然がユネスコの世界遺産に選ばれました。また、古都、慶州には、歴史ある遺跡が数多く残っています。数々ある韓国の見どころを紹介します。

世界一の長さを誇る溶岩洞窟 萬丈窟(マンジャングル)

全長13.4kmの世界最長級の溶岩洞窟。
内部は1km地点まで見学できます。
溶岩が流れた跡を残す壁や巨大な石柱などがあり、神秘的な雰囲気が漂います。

萬丈窟の住所・アクセスや営業時間など

名称 萬丈窟
住所 182 Manjanggul-gil, Gujwa-eup, Jeju-si, Jeju-do, South Korea
営業時間・開場時間 現地時間 夏季:9:00‐18:00 冬季:9:00‐17:30
利用料金や入場料 大人2000ウォン 小人1000ウォン 高齢者、障害者は無料
参考サイト http://jejuwnh.jeju.go.kr/contents/index.php?mid=
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

萬丈窟のスポットページ

今にも動きそうな奇岩 龍頭岩(ヨンドゥアン)

海中から天に昇る竜の姿を思わせる岩。
200万年前に噴出した溶岩でできており、龍頭の高さは約10mあります。
神の珠を盗んだ竜に神が射た矢が命中し、固まったという伝説があります。

龍頭岩の住所・アクセスや営業時間など

名称 龍頭岩
住所 15 Yongduam-gil, Jeju-si, Jeju-do, South Korea
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://korean.visitkorea.or.kr/kor/bz15/where/where_main_search.jsp?cid=228853
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍頭岩のスポットページ

迫力ある滝 天帝淵瀑布(チョンジェヨンボッポ)

渓谷に流れ落ちる済州島最大の滝。
天帝とは天国という意味で、夜になると7人の天女がここに舞い降り、水浴びをするという伝説があります。

天帝淵瀑布(チョンジェヨンボッポ)の住所・アクセスや営業時間など

名称 天帝淵瀑布(チョンジェヨンボッポ)
住所 ??? ???? ???3381-1
営業時間・開場時間 8~18時30分(11~2月は8時30分~17時30分)
利用料金や入場料 大人:2,500ウォン、 子供:1,350ウォン、 65歳以上:無料
参考サイト http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TMC/TE_JA_7_1_1.jsp?cid=281797
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

天帝淵瀑布(チョンジェヨンボッポ)のスポットページ

海に直接落ちる滝 正房瀑布(チョンバンボッポ)

高さ23m、幅8mの、海に直接落ちる東洋随一の滝。
雷のような音を響かせながら力強く海へと流れ込むさまは感動的。
海岸に沿って近くまで行くことができます。

正房瀑布の住所・アクセスや営業時間など

名称 正房瀑布
住所 36 Chilsimni-ro214beon-gil, Seogwipo-si, Jeju-do, South Korea
営業時間・開場時間 現地時間 夏季 8:00~18:30、冬季 8:30~17:30
利用料金や入場料 大人2,000ウォン 小人1,000ウォン
参考サイト ejutour.go.kr/contents/?mid=TU&act=view&seq=394
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

正房瀑布のスポットページ

大浦海岸(テボヘアン)

人工的に造形されたかのような六角形の岩石が密集する海岸。
これは、マグマが地上に露出した際に結晶化したもので、およそ50万年前にできたといわれています。

大浦海岸の住所・アクセスや営業時間など

名称 大浦海岸
住所 2663 Jungmun-dong, Seogwipo, Jeju-do, South Korea
営業時間・開場時間 現地時間 8:00‐18:00
利用料金や入場料 大人2,000ウォン 小人1,000ウォン 6歳以下、65歳以上、障害者は無料
参考サイト https://www.google.com/maps/place/Jusangjeollidae/@33.2377594,126.4228784,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x350c5aae28a7d773:0x500958317da3a1c6!8m2!3d33.2377549!4d126.4250671
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大浦海岸のスポットページ

大地に出現した巨大な岩山 山房山(サンバンサン)

山の一部が抜け落ちてできたともいわれる岩山で、山の中腹には山房窟寺があり、天井からしたたり落ちる水(女神の涙)を3口飲むと若返るといわれています。

山房山の住所・アクセスや営業時間など

名称 山房山
住所 済州特別自治道 西帰浦市 安徳面 沙溪里山16番地一帯
営業時間・開場時間 冬期)8:30‐18:00(夏期)8:30‐19:00
利用料金や入場料 大人1,000ウォン 小人500ウォン
参考サイト http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TMC/TE_JA_7_1_1.jsp?cid=1068893
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山房山のスポットページ

自然の造形美 龍頭海岸(ヨンモリヘアン)

海岸を上から見下ろすと、寝そべる竜の姿に見えるのでこの名前が付いたといわれています。
このあたりの海岸には、おびただしい数の奇岩が連なっています。


龍頭海岸(ヨンモリヘアンの住所・アクセスや営業時間など

名称 龍頭海岸(ヨンモリヘアン
住所 ??? ???? ??? ??? 112-3
営業時間・開場時間 8:30~17:00 ※日没時間により変動有り
利用料金や入場料 *大人25歳以上/青少年13~24歳/子供7~12歳 *6歳以下、65歳以上:無料 *()は団体10名以上 山房山岩壁植物地帯-大人1,000ウォン(700ウォン)/青少年・子供500ウォン(400ウォン) 龍頭海岸-大人2,000(1,600ウォン)/青少年・子供1,000ウォン(600ウォン)統合観覧(山房山+龍頭海岸)-大人2,500ウォン(2,000ウォン)/青少年・子供1,500ウォン(1,000ウォン)
参考サイト http://www.seoulnavi.com/miru/1755/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍頭海岸(ヨンモリヘアンのスポットページ

新羅王朝の始祖が眠る 五陵(オルン)

新羅王朝建国の祖と伝わる赫居士と王妃をはじめ、2代王南解、3代王儒理、5代王袈裟など5人の陵墓が集まる歴史公園です。
このあたりには王朝ゆかりの石仏などが点在しています。

五陵の住所・アクセスや営業時間など

名称 五陵
住所 South Korea, Gyeonggi-do, Goyang-si, Deokyang-gu, 334-92
営業時間・開場時間 2月から10月6:00‐18:00 11月から1月6:00‐17:30
利用料金や入場料 1,000ウォン
参考サイト https://ko.wikipedia.org/wiki/%EC%84%9C%EC%98%A4%EB%A6%89
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

五陵のスポットページ

東洋最古といわれる天文台 瞻星台(チョンソンテ)

約1400年前、新羅王朝27代の時代に造られた古代の天文台。
窓から差し込む光の角度をもとに、気象や天体を観測したといわれています。
慶州市にあります。

Cheomseongdaeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cheomseongdae
住所 169-5 Cheomseong-ro, Gyeongju-si, Gyeongsangbuk-do
営業時間・開場時間 現地時間夏季/09:00-22:00、冬季/09:00-21:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Cheomseongdae
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Cheomseongdaeのスポットページ

新羅王朝を彷彿とさせる池 雁鴨池(アナッチ)

朝鮮半島を統一した新羅の30代文武王が建設した離宮跡。
ここで発見された遺物は国立慶州博物館に収蔵されています。
慶州歴史遺跡地区は世界遺産に登録されています。

Anapji Pondの住所・アクセスや営業時間など

名称 Anapji Pond
住所 102 Wonhwa-ro, Gyeongju-si, Gyeongsangbuk-do
営業時間・開場時間 現地時間09:00-22:00
利用料金や入場料 2,000ウォン
参考サイト http://guide.gyeongju.go.kr/deploy/enjoy/01/01_06/1191875_7543.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Anapji Pondのスポットページ

何度行っても楽しめる国 韓国

韓国は、ダイナミックな自然や歴史ある遺跡、焼き肉、冷麺、ピビンバなどのグルメ、免税店や市場、韓国コスメなどのショッピング、サウナなどの美容スポット等、色々な楽しみ方ができる国です。
photo by iStock