日本だけじゃない!世界各国の温泉地10選

和服を着るということが日常的なことでは無くなってきているように、日本の文化は時代と共に変化し続けてきています。しかし、その中でも温泉は昔から親しまれている日本の文化であり、どんな時代でも私達を暖かい気持ちにしてくれました。さて今回は、温泉大国ともいえる日本から飛び出し、温泉も海外旅行も好きな方のために世界各地に広がる温泉スポット10選を紹介します。

#1 悲鳴を上げる温泉にチャレンジ「北投温泉」

ドイツ人によって発見された台湾の北投温泉は、まさに温泉街といえるほど硫黄の匂いと観光客の活気で溢れています。
写真のような巨大温泉もいいですが、初めて入る人の多くが悲鳴を上げる熱さで有名な瀧乃湯という温泉もおすすめです。

北投温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 北投温泉
住所 台北市北投区
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%8A%95%E6%B8%A9%E6%B3%89
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 温泉だけではなく、先住民族についても学ぶ「ロトルア」

南半球に位置するニュージーランドには多くの温泉が湧き出ており、特にロトルアは一大温泉地として人気です。
また、ここでは先住民族であるマオリ族のダンスを見るといった彼らの歴史や文化にも触れられるアクティビティもあります。

ロトルアの住所・アクセスや営業時間など

名称 ロトルア
住所 1167 Fenton St, Rotorua 3007 New Zealand
営業時間・開場時間 夏季 7:30~19:00 冬季 7:30~18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.rotoruanz.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 波乱に満ちたオアシス「ハマト・ガデル」

ハマト・ガデルは古代ローマ時代から、保養地として発展してきた歴史ある温泉です。
しかし、近代から現代における中東での戦争で何度も領土が変わるという波乱に巻き込まれており、現在ではイスラエル領として安定しています。

ハマト・ガデルの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハマト・ガデル
住所 Tiberias 15171, Israel
営業時間・開場時間 Tuesday & Wednesday: 9am-5:30pm, Thursday & Friday: 8:30am-10:30pm, Saturday: 8:30am-5:30pm
利用料金や入場料 NIS 78
参考サイト http://hamat-gader.com/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 熱い戦いで頭を活性化「セーチェーニ温泉」

ヨーロッパの中部に位置するハンガリーには、温泉大国という隠れた一面もあります。
多くの温泉の中でも、セーチェーニ温泉はヨーロッパ最大の敷地面積としても知られていますが、至る所で見かける温泉に浸かりながらチェスをするという光景には驚かされることでしょう。

セーチェーニ温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 セーチェーニ温泉
住所 ?llatkerti k?r?t 9-11., Budapest 1146, Hungary
営業時間・開場時間 6:00-22:00
利用料金や入場料 4100~ フォリント
参考サイト http://www.szechenyibath.hu/#_=_
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 100年以上も続く温泉の宮殿「フリードリヒ浴場」

ドイツ南西部に位置するバーデン・バーデンには、まるで宮殿を訪れたような風貌のフリードリヒ浴場があります。
1877年から営業されており、サウナやスパといった多くの施設も兼ね備えています。
ちなみにバーデンは、ドイツ語で「風呂に入る」という意味であり、地名からも由緒ある温泉と理解できますね。

Friedrichsbadの住所・アクセスや営業時間など

名称 Friedrichsbad
住所 Roemerplatz 1, 76530 Baden Baden
営業時間・開場時間 09:00-22:00
利用料金や入場料 大人「23ユーロ」 14歳未満入場不可
参考サイト http://www.carasana.de/en/friedrichsbad/home/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 緑に囲まれた青い棚田「サトゥルニア温泉」

古代ローマから受け継がれてきたイタリアの温泉の中で、穴場的スポットがサトゥルニア温泉です。
棚田を思わせる不思議な形の温泉は、あたり一面自然に囲まれており、イタリアの田舎を味わうこともできます。

サトゥルニア温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 サトゥルニア温泉
住所 グロッセト イマーニャ・ディ・サトゥルニア, イタリア
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.termedisaturnia.it/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 世界遺産の温泉街「バース」

イギリス西部に位置するバースは、古代ローマ人による温泉街として世界遺産に登録された歴史ある街でもあります。
写真の広々としたローマ風呂には入れませんが、「サーメ・バース・スパ」という施設では、当時の温泉も組み入れたハイブリッドな温泉となっています。

ローマン・バス博物館(The Roman Baths)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ローマン・バス博物館(The Roman Baths)
住所 The Roman Baths, Stall Street, Bath BA1 1LZ
営業時間・開場時間 【1月・2月・11月・12月】 9:30~17:30 【3月~6月/9月~10月】 9:00~18:00 【7月・8月】 9:00~22:00
利用料金や入場料 【大人】£14.00  【大人(7月・8月)】£14.50  【子ども (6~16才)】£9.00
参考サイト http://www.romanbaths.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 スパの語源はこの街から「テルム・ド・スパ」

温泉を用いて治療する施設のことを指すスパの語源は、ベルギーの小さな都市スパから転じたと言われています。
テルム・ド・スパは屋内外に別れた温泉施設となっており、「レ・ミゼラブル」で有名な作家ユーゴーも訪れた温泉としても有名です。

テルム・ド・スパの住所・アクセスや営業時間など

名称 テルム・ド・スパ
住所 Colline d’Annette et Lubin,B-4900 SPA
営業時間・開場時間 内容による
利用料金や入場料 内容による
参考サイト http://www.thermesdespa.com/accueil/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 映画好きなら知っている温泉「カルロヴィ・ヴァリ」

チェコ西部に位置するカルロヴィ・ヴァリは、様々な効能がある温泉街として知られています。
また、毎年映画祭が開催されており、世界各国から映画関係者や映画ファンがこぞって訪れます。

カルロヴィ・ヴァリの住所・アクセスや営業時間など

名称 カルロヴィ・ヴァリ
住所 Karlovy Vary, Czech Republic
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://www.karlovyvary.cz/cs
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 アイスランドが誇る巨大温泉「ブルーラグーン」

海外の温泉地として日本でも有名なアイスランド。
特に一面水色の世界が広がるブルーラグーンは、一度はテレビで見たことはあるのではないでしょうか。
温度は日本の温泉と比べると低いですが、そのおかげでついつい時間を忘れてしまう方が続出しています。

ブルーラグーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブルーラグーン
住所 240, Grindavik 420-8800, Iceland
営業時間・開場時間 午前 8:00 – 午後 10:00
利用料金や入場料 EUR70.00
参考サイト http://www.bluelagoon.com//
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

温泉入る際に忘れてはならないこと

いかがでしたでしょうか。
海外にはまだまだ多くの温泉スポットがありますが、そのほとんどが水着が必要ですので、必ず入る際には予め準備をしておきましょう。
ちなみに今回紹介した温泉の中では、台湾の瀧乃湯とドイツのフリードリヒ浴場は水着が必要なく、さらにフリードリヒ浴場に関しては日本でも珍しい混浴です。
photo by iStock