ゴールドラッシュの香り残る街「アメリカ・サクラメント」で見ておきたい観光スポット4選

アメリカ西部・カリフォルニア州の北部サクラメント郡に属する街・サクラメント。アメリカに移住したスイス人ジョン・サッターの手によって発展を遂げ、1849年のゴールドラッシュ(カリフォルニア金鉱発見から始まったアメリカ人口の大移動)以降アメリカを代表する大都市へと成長しました。今回はそんなゴールドラッシュで栄えた街・サクラメントの観光スポット4選の紹介です。

#1 国の登録財にも指定「カリフォルニア州会議事堂」

1973年に国家歴史登録財指定を受けたカリフォルニア州議会の議事堂で、ダウンタウンなどに囲まれた「キャピトル・パーク」の西側にあります。
新古典主義の建築様式はワシントンD.C.の連邦議会議事堂をモデルにしたとされ、15年をかけて完成したもの(1860~1874)。
1階は歴史を振り返る博物館になっており、当時の知事や州会議員のオフィス、地元カリフォルニアの芸術品や彫像、家具の展示があります。
また内部の詳細を知りたい方は、毎日開催される無料見学ツアーに参加してみるとより深く楽しめることでしょう。


カリフォルニアがはぐくんできた豊かな政治史について知見を深めるには、ここの博物館に足を運ぶのが一番です。この博物館で最も重要なセクションは、1 階と地下にあります。州知事や州財務官の昔の執務室を再現した部屋を見学し、膨大な数のカリフォルニアの芸術品をご覧ください。西棟と東の別館には、カリフォルニア州を描いた 50 枚以上の絵画をはじめ、壁画、家具、彫像が展示されています。特に注目すべきは、コンテンポラリー アートのコレクションです。現職上院議員がそれぞれ自身の地区からコンテンポラリー アーティストを選び、その作品を上院会議場の奥にある執務室に展示しています。
Expediaより

California State Capitolの住所・アクセスや営業時間など

名称(英語) California State Capitol
住所 CA Sacramento 1315 10th St
営業時間・開場時間 09:00-16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 鉄道ファンはチェック「カリフォルニア州鉄道博物館」

サクラメント川が流れるジボーン・ストリートから近い場所にある鉄道博物館。
アメリカを代表する鉄道博物館とされており、内部では「1862 年製ガバナー・スタンフォード号」、「サザン・パシフィック鉄道(かつて存在したアメリカ南部の鉄道会社)のキャブフォワード型蒸気機関車 No. 4294」など、アメリカの地を走った名車を自由に見学できます。
その他豪華なプルマン(かつてアメリカに存在した寝台車専門の会社)式寝台車や食堂車など、細かいところまで再現された昔の列車がずらり。
鉄道ファン必見の内容と言えるでしょう。



米国でもトップの鉄道博物館のひとつとして常に名前が挙がるのが、このカリフォルニア州立鉄道博物館。広大な施設に、精巧に修復された機関車が21台展示されているほか、往時の姿をそのままに伝える車両もあり、その多くが自由に乗車して内部を見学できます。本格的な食器を配した食堂車や、ベルベットなど贅沢な調度をあしらったプルマン寝台車、木製のチャーミングな車掌車など、あらゆる細部へのこだわりが感じられ、自動車が旅のメインストリームになる前の時代、列車の旅がどんなだったかに思いを馳せることができます。列車の郵便局もあります。この博物館で最も重要なセクションは、1 階と地下にあります。州知事や州財務官の昔の執務室を再現した部屋を見学し、膨大な数のカリフォルニアの芸術品をご覧ください。西棟と東の別館には、カリフォルニア州を描いた 50 枚以上の絵画をはじめ、壁画、家具、彫像が展示されています。特に注目すべきは、コンテンポラリー アートのコレクションです。現職上院議員がそれぞれ自身の地区からコンテンポラリー アーティストを選び、その作品を上院会議場の奥にある執務室に展示しています。

California State Railroad Museumの住所・アクセスや営業時間など

名称(英語) California State Railroad Museum
住所 125 I Street Sacramento, CA 95814 U.S.A
営業時間・開場時間 daily from 10 a.m. to 5 p.m.
利用料金や入場料 Adults $10, Youths $5 (ages 6-17), Children Free (ages 5 and under)
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 金色の巨大橋「サクラメント・タワーブリッジ」

金色に輝く大きな橋は、サクラメントの旧市街「オールドタウン」にあるタワーブリッジ。
1935年に建設された歴史ある橋で、オールドタウンの象徴とされる名物橋です。
真ん中の橋が上下に動く昇開橋(Vertical Lift Bridge)で、大きな船が通る際に動く仕組みとなっています。
建設当初は全面銀色でしたが、住民に不評でコンクリート部分のみ空色に塗り替えられています。
その後塗り替えは2度行われ、アメリカ建国二百周年を迎えた1976年はオークイエローと金、2001年には住民投票の結果を受け現在の全面金色になりました。


サクラメント・タワーブリッジ Tower Bridgeの住所・アクセスや営業時間など

名称 サクラメント・タワーブリッジ Tower Bridge
住所 342 L Street, Sacramento, CA 95814
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 ゴールドラッシュ時代を再現「オールドサクラメント」

古き良きサクラメントの街並みを現代に再現したのが、サクラメント川沿いに並ぶ「オールドサクラメント」。
この通りではゴールドラッシュ時代を忠実に再現しており、当時の衣装によるストリート・パフォーマンスや馬車、昔ながらのレストランがあります。
当時にタイムスリップした気分になって、全身で「ゴールドラッシュ」を体感してみては。
また「タワーブリッジ」や鉄道博物館「カリフォルニア州鉄道博物館」はこの通りの近くにあり、見学したあとに立ち寄っても良いでしょう。


サクラメント観光ならここは外せない定番スポットがオールド・サクラメント・ヒストリック・パークです。サクラメント川沿いに古き良き時代の街並みを保存、公開しているエリアで、昔ながらの建物にショップやレストランが並んでいます。また季節限定ですが、列車に乗れるサクラメント・サウザン・レイルロード(Sacramento Southern Railroad )は家族連れに大人気のアトラクション。隣接する鉄道博物館から線路が続いており、周囲を散策するだけでも、展示されている古い車両を楽しめます。アムトラックのサクラメント駅からも歩ける距離なのでサンフランシスコからの日帰り観光でもOK!

オールドサクラメント Old Sacramentoの住所・アクセスや営業時間など

名称 オールドサクラメント Old Sacramento
住所 2nd St btwn 1st & Capitol Mall, Sacramento, CA 95814
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「アメリカ最古の博物館」なども要チェック

ゴールドラッシュ時代の街並みや鉄道博物館が並ぶサクラメントには、これ以外にも「カリフォルニア自動車博物館」やアメリカ最古の「クロッカー美術館」などの見所があります。
これらはいずれもサクラメント川沿いにあるため、今回紹介したスポットを巡った際にぜひ立ち寄ってみては。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ