ドイツ・ハルツ地方で絵本の世界の住人になる! 可愛らしい町を訪れる旅

ハルツ地方は、ドイツの真ん中辺りに位置する山地です。山々は美しいながらも神秘的で魔女が住んでいたと古くから伝えられています。山麓には古い木組みの家々が残る町が多く、まるで絵本の世界に迷い込んだかのような素敵な風景に出会えます。ハルツ地方は素晴らしい町ばかりなのですが、今回は3つの町に絞ってご紹介いたします。

これぞ絵本の世界! ヴェルニゲローデ

これぞ絵本の世界! ヴェルニゲローデ

image by iStockphoto

ハルツ地方の中でも上位を争うほど色鮮やかな木組みの家々や、古い町並みを残すヴェルニゲローデ。
絵本に出てきそうな可愛らしい町並みはもちろんのこと、山の上へと続くSLの出発駅でもあることから、ハイキング目当ての観光客が多く集まる場所でもあります。
また、こんな可愛らしい町に?と思われるかもしれませんが、ヴェルニゲローデは魔女にゆかりのある地でもあるんです! そのため、町の中には魔女グッズを扱うショップが並んでいたりもします。

とんがり屋根が可愛らしい市庁舎

とんがり屋根が可愛らしい市庁舎

image by iStockphoto

夢の国のアトラクションか何かと思ってしまうこの建物。
これは、町のシンボルでもある市庁舎兼インフォメーションとして機能しています。
この町に関するパンフレットがたくさん置いてあるので、最初に立ち寄って置きたいスポットです。
市庁舎の前に広がるマルクト広場には、いかにもヨーロッパといった感じの鮮やかなマーケットが並んでいます。
夏にはカフェのテーブルやパラソルが屋外に増席され、さらに賑やかさを増しています。

個性的な木組みの家々を訪ねましょ!

個性的な木組みの家々を訪ねましょ!

image by iStockphoto

市庁舎からヴェルニゲローデ城に向かう道のりの途中にあるコッホシュトラーセ(通り)。
木組みの家好きな人にとっては堪らない、可愛らしいお家が軒を連ねる通りとなっています。
写真真ん中のパステルグリーンのドアの家は「クラインステ・ハウス」と呼ばれ、18世紀に建てられたこの町で一番小さな家で、間口はわずか3mと驚きの小ささです。
他にも14世紀頃に建てられた最も古い家や、傾いた家などあるので、ゆっくり散策してみるのも良いでしょう。

19世紀の生活様式を垣間見るヴェルニゲローデ城

19世紀の生活様式を垣間見るヴェルニゲローデ城

image by iStockphoto

外観だけなら一時間位、お城の内部に入る場合更に1時間から2時間でしょうか。
半日を考えれば充分であると思います。
この古城、旧市街の東側の山に位置しています。
街を見渡せる絶好の場所でもありますが、城の内部もまた魅力です。
当時からの館の内部の造形や、調度品、家具など様々に見学できます。
旧市街から観光列車や馬車に乗って城まで行けるので安心です。
晴れた日は撮影がてら出かけてください。
 4travelより

Schloss Wernigerodeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Schloss Wernigerode
住所 Am Schloss 1, 38855 Wernigerode
営業時間・開場時間 現地時間10:00-18:00
利用料金や入場料 大人6.00ポンド  学生5.00ポンド  6-14歳2.50ポンド  6歳未満無料
参考サイト http://www.schloss-wernigerode.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神秘的な体験はブロッケン山で

神秘的な体験はブロッケン山で

image by iStockphoto

時間があったら、SLに乗ってブロッケン山まで行ってみましょう。
古くから神秘の山と呼ばれていて、ゲーテの「ファウスト」でもヴァルプルギスの夜に魔女が集まる地として登場しています。
行ってみれば、岩がゴツゴツとしているだけとも言えますが、面白い自然現象が起こる場所としても知られています。
年間の2/3は霧に覆われているこの山では、山頂に光が水平に差し込んだとき、光を背にして立つ人の影が霧の壁に映り、影の周りに虹のような光が現れます。
これが「ブロッケン現象」です。
運やタイミングも重要ですが、こんな神秘体験をしてみたいと思いませんか。

世界遺産にもなったクヴェトリンブルクの町並み

世界遺産にもなったクヴェトリンブルクの町並み

image by iStockphoto

戦争の被害をほとんど受けることなく、中世以来の姿を保つクヴェトリンブルクの美しい町並みは、1994年にユネスコ世界遺産にも登録されています。
駅から10分ほど町の中心まで進むと、広々としたマルクト広場が現れます。
ここに着いたら、木組みの家だらけ! 四方を可愛らしい建物に囲まれているので、どこでも良い撮影スポットになってしまいます。
この広場から離れて路地に入っていっても木組みの家はどんどん続いていますよ!

マルクト広場に面した市庁舎

マルクト広場に面した市庁舎

image by iStockphoto

マルクト広場の北側に建つ町のシンボルともなる市庁舎。
歴史ある建物で、まわりの古い建物との調和も取れています。
春から初夏の時期には、市庁舎の壁面に絡まるツタの緑が美しく映えます。
クリスマスの時期には、このマルクト広場でも毎年クリスマスマーケットが盛大に開かれます。
ドイツには中世の雰囲気残る町が多くありますが、アクセスが少々不便なこともあり観光地にしてはそこまで人で溢れ返っているわけではないので、穴場の観光スポットかもしれませんよ。

ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像 (Town Hall and Roland on the Marketplace of Bremen)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像 (Town Hall and Roland on the Marketplace of Bremen)
住所 Am Markt 21, 28195 Bremen
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 5.50ユーロ
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/germany/bremen/kankospot/10263784/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロマネスク様式が素晴らしい 聖セルヴァティウス教会

ロマネスク様式が素晴らしい 聖セルヴァティウス教会

image by iStockphoto

マルクトから木組みの家の連なる通りを散策しながら坂道を上っていくと、聖セヴァルティウス教会にたどり着きます。
ロマネスク様式の美しい教会で、歴史を感じさせる天井や柱の彫刻等と現代アートのアルミ製のモダンな十字架との組み合わせが新鮮でした。
近くのミュンツェンベルクを中心に若手のアーティストたちが移り住んで製作活動をしているというのが頷けました。
祭壇の左右の聖具室の宝物も素晴らしいので見逃さないで! TripAdvisorより

Stiftskirche St. Servatiusの住所・アクセスや営業時間など

名称 Stiftskirche St. Servatius
住所 Stiftskirche St. Servatii und Domschatz Schlossberg 1, 06484 Quedlinburg
営業時間・開場時間 5月-10月火曜日 – 土曜日: 10:00 -17:30 日曜日/祝日: 12:00 – 17:30 11月-3月火曜日 – 土曜日: 10:00 -15:30 日曜日/祝日: 12:00 – 15:30 4月火曜日 – 土曜日: 10:00 -16:30 日曜日/祝日: 12:00 – 16:30
利用料金や入場料 不明
参考サイト https://de.wikipedia.org/wiki/Stiftskirche_St._Servatius_(Quedlinburg)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鉱山で栄えた町ゴスラー

鉱山で栄えた町ゴスラー

image by iStockphoto

ハルツ地方の小さな町ゴスラーは、968年から開始されたハルツ山麓の銀鉱採掘に伴い発展を遂げました。
1050年に城が築かれた後、11~13世紀の間には数々の帝国会議が開かれ、一時ゴスラーはヨーロッパの中心地だったこともあります。
13世紀にはハンザ同盟への加入、15世紀に入ると鉱山はさらに繁栄をもたらし町の家々は豪華な装飾がされるようになりました。
ゴスラーにも木組みの家が残る町で、ジーメンス・ハウスに近いバーク通りやピーター通り周辺に特に古い家が残っています。
路地裏探検が楽しい町なので、ゆっくり歩いての散策をおすすめします。

Goslarの住所・アクセスや営業時間など

名称 Goslar
住所 Goslar, Lower Saxony, Germany
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.goslar.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鉱山内の水車にも注目を ランメルスベルク鉱山博物館

鉱山内の水車にも注目を ランメルスベルク鉱山博物館

image by iStockphoto

ハノーバーから車で1時間のところにある旧鉱山で、麓のゴスラーの街並みとともに世界遺産登録されているとことです。
地上の施設(博物館)のみを自由見学する方法と、それに加えて鉱山内部のガイドツアーをする方法の2つの見学方法がありますが、絶対に鉱山内部の見学付きがお勧めです。
1000年以上にわたり鉱山として栄えたことから、電気のない時代に採掘した鉱物を地上に上げる手段として、水車が使用されており、地下鉱山の内部に巨大な水車な3つも設置され、水力により運搬されていた様子が伺えます。

いかがでしたでしょうか。
木組みの素晴らしい家々は絵本のモデルになっていそうでどれも素敵ですよね! ハルツ地方へのアクセスは少し不便と感じることもありますが、可愛らしい町並みが大好きな人には特におすすめです。

クヴェトリンブルク:ベルリンよりIC(特急列車)で1時間半。
マクデブルクで私鉄HEXに乗り換え約75分でクヴェトリンブルクへ。

ヴェルニゲローデ:クヴェトリンブルクからHEXで約15分。
ハルバーシュタットで乗り換えさらに15分でヴェルニゲローデへ。

ゴスラー:ヴェルニゲローデよりRE(快速列車)で約45分。

photo by iStock