人間ってすごい!キューバ共和国で見れる歴史的な建築物5選

ちょっと前に革命家チェ・ゲバラが話題だったキューバ共和国(キューバきょうわこく)。今回はラテンの国キューバの歴史的な建築物についてご紹介していきたいと思います。キューバはコロンブスに発見された、カリブ海に受けぶ島国。アメリカ合衆国の裏庭とも呼ばれています。世界遺産にも登録された旧市街地を楽しみながら、美しいカリブ海を臨むことができるキューバ。その中でも首都ハバナでの世界遺産・歴史的建築物の魅力を写真とともにお伝えしたいと思います。

バロック建築が美しい!ハバナ旧市街

オールド・ハバナと呼ばれるハバナの旧市街地。
かつて財宝の貿易地として潤ったハバナは1519年、スペイン人によってバロック建築と新古典主義建築の荘厳な街並みへと変貌していきました。

17世紀には造船の中心地としても栄え、大変景気が良かったと言います。
その街並みが色濃く残っているのがオールド・ハバナ。
ハバナ大聖堂やハバナ大劇場・国会議事堂など主要な建物はもちろん、市街地全体がバロック建築で彩られた美しい街並みは必見!

縦横無尽に走るアメリカのクラシックカーとあいまって、過去にタイムスリップしたかのような景色を楽しむことができますよ。

革命博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 革命博物館
住所 Refugio No. 1 entre Avenida de las Misiones y Zulueta, La Habana Vieja, Ciudad de la Habana, Cuba
営業時間・開場時間 営業時間:10:00-17:00
利用料金や入場料 4ドル
参考サイト http://www.cnpc.cult.cu/cnpc/museos/musRevul/pcpal.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハバナのランドマーク!ハバナ大劇場(ガルシア・ロルカ劇場)

ハバナの旧市街に建っている、ランドマーク・ハバナ大劇場。
別名をガルシア・ロルカ劇場とも言います。
旧国会議事堂の隣にあり、旧市街地と新市街地の境に位置するプラド通りに面しています。

1837年に建設された見事なバロック建築は見ごたえたっぷり。
スペイン植民地時代には、ハバナに住むスペイン人たち社交の場だったようですが、現在はキューバ国立バレエ団の活動拠点とされています。

周辺にも素晴らしい建築が多い地帯ですが、群を抜いて素晴らしいハバナ大劇場。
内部は数年にわたり改修中のようなので、タイミングをうかがって訪れてみてはどうでしょうか。

ガルシア・ロルカ劇場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ガルシア・ロルカ劇場
住所 Calle Paseo del Prado esq. San Rafael, Havana Cuba
営業時間・開場時間 8:30 – 22:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.balletcuba.cult.cu
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キューバの歴史舞台・カピトリオ国会議事堂

カピトリオは、1929年にアメリカ合衆国連邦議会議事堂を模して作られた、かつてのキューバ国会議事堂です。
キューバ革命まで、国会議事堂と大統領の邸宅として利用されていましたが、現在は革命博物館となっています。

白い石灰石で作られた美しいこの建物とクラシックカーは、ザッツ・キューバという感じで異国に来たことを感じさせてくれますね。
また、夜はライトアップされていませんが、白い建物自体がほのかに発光しているかのようでとても綺麗に見えます。

Capitolio Nacionalの住所・アクセスや営業時間など

名称 Capitolio Nacional
住所 Calle Industria y San Jose, Havana Cuba
営業時間・開場時間 9:30-17:00
利用料金や入場料 入場料3クック 館内写真撮影料2クック
参考サイト https://es.wikipedia.org/wiki/Capitolio_de_La_Habana
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

500年にわたりハバナを見守る・フエルサ要塞

1982年に世界遺産に登録された・フエルサ要塞。
港町であるハバナは海賊からの侵略を防ぐために4つの要塞が作られました。
このフエルサ要塞はその中で一番歴史のある要塞です。

ハバナは、「カリブ海の真珠」と呼ばれ、西半球で最も古く美しい街であり、カリブ海域最大の都市でもありますので狙われる機会も多かったんですね。
今は要塞としてではなく、古く歴史的な遺産として大切に守られています。

フエルサ要塞 Castillo de la Real Fuerzaの住所・アクセスや営業時間など

名称 フエルサ要塞 Castillo de la Real Fuerza
住所 O’Reilly, La Habana, Cuba
営業時間・開場時間 9:00 – 18:30
利用料金や入場料 1CUC
参考サイト http://www.visitarcuba.org/castillo-de-la-real-fuerza
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バロック様式の美しい、大聖堂カテドラルと広場

1704年に建てられた大聖堂カテドラル。
こちらもバロック形式で贅沢に作られた建築物です。

大聖堂の前には石畳の美しい広場が広がっており、スペイン統治時代の建物に囲まれています。
レストランやお土産屋さんなどが多く常に観光客で賑わっていますし、何百年も前の世界にとけこんだような雰囲気で過ごせます。

昼間ももちろん美しい建物と広場ですが、夜はライトアップされ更に美しく鑑賞することができますので昼と夜、時間帯によって表情を変えるカテドラルを見に出かけるのも良いですね。

ハバナ大聖堂 Catedral de San Crist?bal de la Habanaの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハバナ大聖堂 Catedral de San Crist?bal de la Habana
住所 156 Empedrado, La Habana, キューバ
営業時間・開場時間 9am-4pm
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitarcuba.org/catedral-de-san-cristobal-de-la-habana
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

60年代のアンティークな景色とクラシックカーが象徴的

いかがでしたでしょうか?日本人にはあまりなじみのないラテンの国の歴史を垣間見える建物をご紹介してみました。
ではなぜこんな景色になったのでしょう?実はつい最近の2011年まで車の売買が禁止されていたんですね。
それに加え車に限らず、キューバの人々は、物が壊れたら可能な限り修理して使用するという考えが根付いているため古いものもきれいな遺産としてで残っているのだとか。

16世紀にはスペインとアメリカの植民地として翻弄されたキューバ。
独立して政治、経済、文化の中心地はハバナとなりましたが、現在も植民地時代の名残である歴史地区が観光名所となっています。
ただ美しいだけでないキューバの歴史をたっぷりと堪能してみてはいかがでしょうか?

photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地

到着地

行き:
帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ