若者に支持されるシアトル発のデザインホテル「エースホテル」まとめ

ホテル業界にイノベーションを持ち込み、今もなお勢いのあるホテルグループと言えば「エースホテル(Ace Hotel)」。1999年、シアトルに第一弾をオープンして以来、ロックテイストなデザインと若い旅行者を考慮した価格帯で、世界の旅好き、デザイン好きから絶賛されている今、最も注目されているホテル。今回は、そんな世界に広がるエースホテルから7施設をご紹介します。

#1 Ace Hotel Portland

ポートランドのオレゴン州の歴史的ダウンタウンに立地した小さなホテル。
自由、クラシック、アートなど、今のエースホテルのスタイルを築いたホテルとも言えます。

Ace ホテル・ポートランドのデザインはオーガニックであり、オーセンティックかつ独創的なものとなっています。
環境に優しい街のホテルらしく、通常ブティックホテルといわれて思い浮かぶイメージとは全く異なります。
内装は元のホテルで使われていた設備、廃品家具、軍の余剰品や地元アーティストの作品をリサイクル・リメイクした品であふれている様はちょっとしたアートスペースです。
また、アメリカで最もコーヒーの美味しい街ともいわれるポートランドでも代表的な Stumptown Coffee のフレンチプレスを朝食とともにゆったりと味わえるのは、エースホテルに宿泊する旅人の密かな喜びのひとつです。

築100年を経た建物の外観をはじめ家具や内装などホテルのそこかしこにただようヴィンテージ感。
特にリノベーションの基礎となったホテルからそのまま引き継いでいる濃いウォルナットの床と白い壁は、アートギャラリーのような空間を作り出しています。
アメニティや設備は最小限ですが、日常と離れて時代を旅している気分も味わえるホテルです。
また、ホテルはベルタウンの中心部にあるためシアトルの主要な観光スポットが徒歩圏内で行ける最高のロケーション。
球場もほど近く、周辺にレストランやバーなどが多くあるため交通に気を使わずに楽しめそうです。

#3 Ace Hotel & Swim Club

アメリカのカリフォルニア州パームスプリングにある近代モーテルを改修したホテルだそうです。

リゾート地にあるホテルにふさわしく Swim Club ではどの部屋もゆったりとした作り。
太陽の光を受けて輝くミッドセンチュリーモダンテイストの建物はいつまでも滞在していたい魅力な都会のオアシスです。
ガーデンパティオや暖炉のついた部屋やはもちろん、レコードプレーヤーと古いヴィニール盤レコードがレンタルできるなど長期滞在しないともったいない!と思わせるさまざまな設備・サービスが充実。
プールやジムにマッサージ、ナチュラルトリートメントにスパと癒しの時間はいくらあっても足りません。

徒歩数分でいくつもの観光スポットに行ける距離にもかかわらず、気軽に予約できるロケーションと予算を兼ね備えたホテルです。
建物が元々持っていた味を残しつつリノベーションされた空間には、サルベージされたヴィンテージ家具や地元ニューヨークのアーティスト達の作品がさりげなく置かれ目を引きます。
部屋は二段ベッドのシンプルなタイプから、ヴィンテージ家具に囲まれた部屋でブロードウェイを眺めながらレコードプレーヤーと Martin のアコースティックギターで大人の時間を過ごす…なんてことができる部屋まで様々です。

#5 Ace Hotel London Shoreditch

画廊、劇場、ファッションの歴史的中心地でもあるイーストエンド地区、ショーディッチにあるホテル。
ロンドンらしい人の為のホテルという感じですね!

ホテルのロビーには60年スタイルの家具が置かれ、レトロモダンな雰囲気があります。
部屋のタイプはスタンダードからスイートまで、全てにおいてとにかくおしゃれ!スタンダードタイプの部屋にもダブルベッドとヴィンテージ家具が備え付けてあり、品揃え豊富なミニバーも完備。
壁に飾られたアーティストの作品がそれぞれの部屋を印象づけています。
客室内での写真撮影もよくあるそうです(ウェブサイトからフォームで申し込み可能です)。
ビジネス滞在に向いた部屋もあり、カフェに置いてある海外の新聞は揃えがよいと評判。
一方でホテル内のクラブやバーではイベントも盛りだくさんですので、遊びにビジネスに貪欲なエネルギーに溢れたロンドンらしいホテルです。

#6 American Trade Hotel

中南米パナマにあるのはエースホテルの新レーベルでもある「American Trade Hotel」。

世界遺産地区の古建築を改装した造りになっています。

パナマの青い空をバックに白く輝くコロニアルな外観のこのホテルは、エースホテルグループとパナマを拠点として地域活性化に取り組む開発会社とのコラボレーションによってオープンしました。
特に訪れる人の目を奪う美しいタイルは歴史的建造物の復元におけるパナマ有数の建築事務所の協力があって完成した逸品。
光がたっぷり差し込む大きな窓のある部屋のベッドは全室クイーンサイズ以上でマットレス、シーツなどはこだわりのセレクトで快眠が得られそう。
館内には宿泊客用のレストランの他にロビーカフェ・バーや屋上プールデッキもあり、パナマ人グラミー賞ジャズミュージシャンがオーガナイズするジャズバーでは世界的レベルのライブも楽しめます。
ホテルの外に出ずしてパナマを満喫できてしまうかもしれません。

2014年にオープンしたこのホテルは再開発後のL.A.ダウンタウンの中心に位置し、新しさと古さの入り混じる街の中でも他に類を見ない独特の存在感で旅人を魅了し続けています。
ところどころに建物の歴史を感じさせる内装に地元で製造されたヴィンテージ家具を配置した部屋では全室にRevo 社製のカスタムラジオが置かれ、レトロ感を演出しています。
アメニティには特にこだわりがあり石鹸にヘア&ボディ用品、バスローブなどはどれも選び抜いたブランドのものです。
また、併設するゴシック・デコの劇場はそれだけでも一見の価値あり。
毎日のようにコンサートやダンスパフォーマンス、映画などのイベントが催されています。
ホテルの立地から夜は最高の夜景が望めるのは言うまでもありません。
特に評判なのは屋上プールとバーです。
お酒を手にぐるりと見下ろすL.A.の夜景は間違いなくこのホテルの魅力の一つでしょう。

こだわりのホテルに泊まろう

ホテルは、旅のテーマを左右します。
リッチなホテルでのステイを楽しむ旅行も憧れますし、予算押さえ目にしてローカルの旅を楽しむ、というテーマもいいでしょう。
本日ご紹介したエースホテルでその両方を満喫する、というのも賢い選択です。
ぜひ各都市に訪れる際にはエースホテルを探してみてください。