カリブ海に浮かぶ島国キューバで見たい世界遺産10選

カリブ海に浮かぶ島国、キューバ。その昔スペインの植民地であったことからその影響を強く受けた国とも言えます。今なお昔ながらの町並みが広がり、ヴィンテージ好きにはたまらないといった一面も。今回はそんなキューバの世界遺産をご紹介したいと思います。

#1 歴史を感じるトリニダの街並み

西洋風とはまた違った趣のある街、トリニダ。
かつては砂糖の取引で栄えた街なんだそうです。
ロス・インヘニオス渓谷とともに世界遺産に登録されています。

Trinidadの住所・アクセスや営業時間など

名称 Trinidad
住所 Trinidad, Cuba
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Trinidad,_Cuba
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 シエンフエーゴスの都市歴史地区

キューバの中央部南に位置するシエンフエーゴス。
2005年にその旧市街が世界遺産に認定されました。
南の真珠、というなでも知られており、その都市の名前は直訳すると「百の火」という意味なんだそう。

シエンフエゴスの都市歴史地区の住所・アクセスや営業時間など

名称 シエンフエゴスの都市歴史地区
住所 Cienfuegos, Cuba
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/1202/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 昔の面影を残しながらも今を生きる旧市街の建物

ほんの少し汚れた壁も、長い時間を生き延びてきた証なのでしょう。
サンティシマ広場と呼ばれる広場の一角に建てられた教会は、今尚その趣を保ったまま残されています。

トリニダの住所・アクセスや営業時間など

名称 トリニダ
住所 Trinidad, Cuba
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/460/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 時代を感じさせるハバナの旧市街と新市街

キューバの首都であるハバナの旧市街も世界遺産の一つ。
建物も魅力的ですが、なんといってもこの歴史を感じる旧市街をクラシックカーで走ることができるんだそう。
車が好きな方にとってはたまらない経験ができるかも。

ハバナ旧市街とその要塞群 Old Havana and its Fortification Systemの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハバナ旧市街とその要塞群 Old Havana and its Fortification System
住所 Avenida B?lgica, La Habana, キューバ
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/204
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 動植物にも恵まれたビニャーレス渓谷

1999年に世界遺産に登録されたビニャーレス渓谷。
昔ながらの伝統的な方法でタバコ等が栽培されています。
登山、ロッククライミングが出来るスポットとしても大変人気です。

ビニャーレス渓谷  Valle de Vinalesの住所・アクセスや営業時間など

名称 ビニャーレス渓谷  Valle de Vinales
住所 Vinales, キューバ
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.discover-vinales.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 砂糖の名産地であるロス・インヘニオス渓谷

別名、砂糖の谷とも呼ばれているロス・インヘニオス渓谷。
かつて、サトウキビ生産が盛んだったこの地では多くの労働者の力もあり砂糖が大量に生産され、キューバの経済を潤わせていたんだとか。

ロス・インヘニオス渓谷 Valle de los Ingeniosの住所・アクセスや営業時間など

名称 ロス・インヘニオス渓谷 Valle de los Ingenios
住所 Torre, Trinidad, Cuba
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.wmf.org/project/san-isidro-de-los-destiladeros
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 植民地時代に多大な影響を及ぼされたカマグエイ歴史地区

その昔、スペインの植民地であったカマグエイは、少々特殊な構造をしており、曲がりくねった道の複雑な構造が特徴的。
海賊から街を守るため、とも言われているそうです。

カマグエイ歴史地区 Historic Centre of Camag?eyの住所・アクセスや営業時間など

名称 カマグエイ歴史地区 Historic Centre of Camag?ey
住所 Camag?ey Cuba
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/1270
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 自然豊かなグランマ号上陸記念国立公園

青い海に面し、山岳地帯もすぐそばにあるグランマ号上陸記念国立公園。
世界遺産としてはその地形が評価されており、希少な動植物も数多く生息しています。
なんと、あのマナティーにも会えるそう。

グランマ号上陸記念国立公園 Desembarco del Granma National Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 グランマ号上陸記念国立公園 Desembarco del Granma National Park
住所 SW corner of Granma Province, Cuba
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/889
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 動植物の楽園、アレハンドロ・デ・フンボル国立公園

空の青と緑の輝きが眩しく、水面もきらめく太陽の光でキラキラと輝いて見える美しい公園。
こちらの川は、カリブ諸島最大の川と言われています。

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園
住所 グアンタナモとオルギン州
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/839/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 海賊から町を守ったサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城

対海賊用に建てられた要塞。
大砲も完備されており、当時の防衛戦の様子が垣間見えます。
無機質な石造りの壁が、いかにこの場所が実戦向きのスポットであったかを物語っています。

サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城
住所 Santiago de Cuba, キューバ
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Castillo_de_San_Pedro_de_la_Roca
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、旅に出かけよう

いかがでしたでしょうか。
豊かな自然に少し前の時代の風景、生活が今も生き続けるキューバ。
リゾート地としてもオススメの場所なので、世界遺産めぐりとともにバカンスはいかがでしょうか。
photo by iStock